スポットライト

対話式のデータ・リスク・コントロール・センター

統合された単一画面でデータを視覚化して管理し、価値や意味を経営幹部に伝達できるようにします。ポイント・セキュリティー・ソリューションからのセキュリティー指標を相互に関連付けし、企業のセキュリティー体制の包括的見解を提供することで、相互理解できる表現を使用して、経営幹部とリスク部門にリスクを伝達できるようにします。

データの検出と分類

IBM Guardium、Symantec DLP、IBM Information Governance Catalogからの出力を統合することで、企業全体の機密データや関連リスクをプログラムによって検出、分類、報告します。リアルタイムの情報を活用して、機密情報資産や未確認のデータ・ストアを効率的に検出します。

自動分析

特定されたリスク、それらのタイプ、影響を受ける情報資産、その他の要素を分析して、リスクの可能性やビジネスへの影響に関する包括的な見解を提供します。これらの分析に基づいて、情報損失の回避に役立つ緩和措置を選択します。

ビジネス・リスクの評価とモデリング

脅威、ぜい弱性、制御、ビジネス属性を、情報資産の価値と相互に関連付けします。リスクにさらされているビジネスの部分を浮き彫りにするリスク・スコアを計算します。

技術的詳細

ソフトウェア要件

Data Risk Managerのソフトウェア要件はありません。

    ハードウェア要件

    Data Risk Managerは、ハイパーバイザーにすぐにインストール可能な仮想アプライアンスとして提供されます。

    • 最小プロセッサー数: 4
    • 必須メモリー(RAM): 16GB
    • ネットワーク要件: デュアル1ギガビット/秒(Gbps)
    • 最小ストレージ: 200GB

    おすすめ関連製品

    IBM Guardium for Tokenization

    トークン化によりデータベースやファイルの機密フィールドを保護します。

    詳細を表示

    IBM Guardium Vulnerability Assessment

    データをスキャンしてぜい弱性を検出し、是正措置を提案します。

    詳細を表示

    IBM Guardium for Teradata Encryption

    Teradataおよびビッグデータ環境のデータを誤用から保護します。

    詳細を表示

    IBM Guardium for Application Encryption

    アプリケーション・レベルの暗号化を新規アプリケーションと既存アプリケーションの両方に適用できます。

    詳細を表示

    IBM Guardium Data Protection for Big Data

    継続的な監視とリアルタイムのセキュリティー・ポリシーを提供します。

    詳細を表示

    IBM Guardium Data Protection for Databases

    データ監視機能とコグニティブ分析機能を提供

    詳細を表示

    IBM Guardium Data Encryption for Db2 and IMS Databases

    Db2システムとIMSシステムの機密データや個人データを保護します。

    詳細を表示

    IBM Guardium Data Protection for Files

    非構造化データへのアクセスを監視して、機密データを保護します。

    詳細を表示

    IBM Guardium for File and Database Encryption

    保有する機密データを把握し、それらをインテリジェントに保護します。

    詳細を表示

    仕組みを見る

    詳細を表示