概要

IBM Guardium Data Encryption for Db2 and IMS Databasesは、Db2 for IBM z/OSとIMSデータ・システムにデータ暗号化機能を提供します。IBM Zの暗号化されたハードウェアを使用して、Db2の行レベルとIMSの区分レベルで機密データを保護します。Guardium Data Encryptionは、高度なデータの暗号化と復号化機能を提供し、データ・セキュリティー、プライバシー、低いオーバーヘッドを実現します。Interactive System Productivity Facility(ISPF)のフロントエンド・ドライバーと出口ドライバーで、効率化、暗号化、圧縮の機能を最適化します。

先進的なデータ暗号化と復号

z/OS統合暗号化サービス機能を使用するDb2編集ルーチンとIMS出口ルーチンを提供し、ストレージ・メディア上の機密データを保護します。

ISPFフロントエンドの提供

暗号化、外部圧縮、出口ドライバーの作成とカスタマイズが可能です。既存の圧縮機能に影響を与えずに圧縮と暗号化を同じ出口点で実行できるようにします。

コストの削減

データベースの再ロード時に使用されるDb2とIMSの標準の出口ルーチンを使用して、素早く実装できます。

ストレージ・エリア・ネットワークの安全な使用

国際的なプライバシーとセキュリティーの規則に準拠しながら、ストレージ・エリア・ネットワークを安全に使用できます。

透過的な暗号化ルーチン

データベースにアクセスするアプリケーションに、透過的でアプリケーションの変更を必要としない暗号化ルーチンを提供します。暗号鍵を指定する機能を提供します。