スポットライト

お客様とのコミュニケーションの最適化

お客様とのやりとりの履歴、オファーの詳細、チャネルの好み、時間枠に基づいて、お客様に最適なコミュニケーションを提供します。データを使用してお客様に最適なコミュニケーションを見つけ、無駄で非生産的なコミュニケーションを減らします。お客様の飽きが原因のオプトアウトを減少させます。

ビジネス制約の定義

マーケティングの予算の規模、利用可能なさまざまなタイプのオファー数、期間ごとの発信が可能な勧誘電話の回数など、接触戦略に影響を与える制限を特定できます。キャンペーンを作成し、各キャンペーンに組み込む接触計画を定義します。お客様が受け取る個々のオファーとメッセージに関して、情報に基づく意思決定を行います。

顧客の洞察の活用

お客様の好みを特定できます。例えば、お客様が好むコミュニケーション受信チャネル、各月の最大接触回数、製品やサービスに関する主な関心事などが含まれます。ビジネスの目標や制約を、お客様の好みや履歴に合わせて、個々のお客様とのコミュニケーションを最適化する手動プロセスを自動化します。

ルール・ベースの目標とスコアリングの作成

ビジネス上の考慮事項に基づいてルールを定義できます。例えば、販売担当員が処理できるオファー数の制限を特定して、最適なお客様の価値や反応の確率に基づいてマーケティング目標を指定します。顧客レベルとオファー・レベルのスコア・データを利用して、ビジネス目標を定義し、スコアリング・マトリックスを使用して、区分ごとのオファーの組み合わせを手動でランク付けします。

技術的詳細

ソフトウェア要件

IBM Contact Optimizationバージョン10.0で推奨されるソフトウェア環境については、下記を参照してください。

ハードウェア要件

IBM Contact Optimizationバージョン10.0で推奨される最小システム要件については、下記を参照してください。