スポットライト

コストの削減

zSecure Alert、zSecure Verifier、zSecure Auditの堅牢な機能を組み合わせ、zSecure Compliance and Auditingは、監査やコンプライアンス準拠における失敗や、複数の製品からのイベント収集に伴うコストを削減します。

監査分析の簡素化

監査と準拠のレポート作成および監査分析を自動化してカスタマイズすることで、反復可能で持続性のあるレポート作成が可能です。Command Audit Trail機能は、IBM Resource Access Control Facility(RACF)データベースのプロファイルへの変更を保管します。

セキュリティーのぜい弱性を積極的に特定

セキュリティーのぜい弱性を特定することで、費用のかかる違反のリスクを最小限に抑えます。ほぼリアルタイムのセキュリティー・アラートにより、障害を削減します。メインフレームでのほぼリアルタイムの準拠性の監視を自動化することで、リスクとコストを削減します。準拠性の違反や内部関係者の不正使用を検出するために、特権ユーザーを監視します。

カスタマイズ可能なレポートで柔軟性を提供

ビジネス・ニーズに合わせて、監査と準拠のレポート作成をカスタマイズすることができます。非準拠のRACFコマンドが実行しないようにすることで、エラーや違反を減らします。

ビッグデータ・システムの拡張性

V2.2.1では、より多くのデータを処理可能にするために、2GB境界(バー)を超えるストレージを利用できます。より多くの仮想メモリーを使用できる能力は、ページングや、実ストレージの必要量に影響する可能性があることに注意してください。これはまた、2GB境界より下のストレージを他のプログラムに解放します。z196以上のモデルでは、自動的に64ビット・アドレッシングが有効になりますが、31ビット・アドレッシングへ戻すこともオプションで選択可能です。実行するプログラムは、SE.0(SETUP RUN)オプションの2番目のパネル上で選択できます。

購入・お問い合わせ

詳細を表示