IBM Cloud Tape Connector for z/OSの特長

運用に対応

データの自動選択で、運用を根底から変更することなく、データをクラウドに移動できます。いつ、どのようにデータを転送するかを柔軟に決定し、優先するクラウド・ソリューションにデータを移動できます。オブジェクトやファイル・ストレージに自動データ変換と暗号化を利用できます。IBM® Cloud Tape Connectorは、ローカル・ディスク・キャッシングを処理し、データ伝送を管理し、クラウドのセキュリティーを使用して認証します

データの可視性

レポート機能は、クラウドに格納されているデータの場所と状態を可視化し、クラウドにコピーされるデータ量の調整を可能にします。管理者は、非アクティブ・データおよびバックアップとリカバリーのシナリオで、クラウド・ストレージを費用効果の高いアーカイブとして効果的に使用できるようになりました。IBM Cloud Tape Connectorは、テープに書き出すことができるz/OS®データならすべてに使用でき、DFSMS管理データに限定されることはありません。

柔軟なクラウド・ストレージ

z/OS®メインフレーム環境でのクラウド・ストレージの柔軟性と経済性をご活用ください。IBM Cloud Tape Connectorは、サポート対象の一般的なクラウド・ストレージ環境(IBM Cloud Object Storage、IBM SoftLayer®、Amazon S3、Hitachi HCP)にテープ・データを簡単にコピーできます。これらの環境では、データの再呼び出しも簡単かつ迅速で、データ状況を監視できます。

サポート対象の環境

IBM Cloud Object Storage(旧称Cleversafe®)の使用で、プライベート・ストレージまたはパブリック・ストレージを選択できます。IBM Softlayerを使用して、世界中のパブリック・クラウドとロケーションを選択できます。Amazon Web Services S3オブジェクト・ストレージもサポートされています。このソリューションでは、複雑なゲートウェイ・ハードウェア装置の購入、構成、保守は必要ありません。パブリックまたはプライベートのクラウド・ストレージ環境に直接接続します。