Watson Content Hubによって簡単になるコンテンツ

モバイル・アプリケーションから単一ページ・アプリケーション、ビルボード、組み込みデバイスまで、あらゆるアプリケーションをコンテンツに対応させます。豊富なAPIにより、開発者は必要な場所にコンテンツを配置できます。また、構成不要の組み込みCDNにより、高性能とグローバルな展開範囲を確保できます。直観的なUIにより、マーケティング担当者は簡単にコンテンツを処理でき、迅速に手間をかけずに更新できます。また、コグニティブによるタグ付けなどのWatsonサービスでは、規則性のない資産を簡単に検索可能なライブラリーへと変換し、真に必要なものを常に検出できます。

簡単に構築

強力なコンテンツ・モデルを構築して、イメージやテキストを簡単かつ迅速に更新できます。自動イメージ・プロファイルは、あらゆる用途に合わせてイメージを適合させます。

コグニティブによる管理

Watsonがコンテンツ・メタデータを補強することで、かつてないほど簡単に、必要とするものが見つけられます。

確実に配信

統合された構成不要のCDNによって柔軟に拡張でき、豊富なREST APIにより、必要な場所でコンテンツとコンテンツ管理機能を簡単に統合できます。

チームでの作業

コンテンツ管理はチーム・スポーツです!Watson Content Hubの料金設定はユーザー単位ではないため、追加料金なしに全員が貢献できます。

主要な機能

  • 使いやすい直観的なUI
  • 豊富なREST API
  • コグニティブによるタグ付け
  • オムニチャネルの展開
  • 継続的な機能更新
  • Webアプリケーション・ホスティング

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

  • IBMは、企業がIBMクラウド・オファリングを使用するにあたり、セキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に適応できるよう努めます。

    IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

製品イメージ

コグニティブによるタグ付け
コグニティブによるタグ付け
柔軟で簡単な編集
柔軟で簡単な編集
自動レンディションの作成
自動レンディションの作成
カード・ベースの資産ライブラリー
カード・ベースの資産ライブラリー