ANAS S.p.A.
重要な情報への迅速なアクセスを可能にしてイタリアの道路の安全性を維持
春の高架と交通の航空写真

ANASは、IBM Filenet Content ManagerとIBM Content Navigatorソリューションに基づく電子コンテンツ管理システムを採用しました。

ビジネス上の課題

ANAS社は、膨大な情報を必要とする大規模な建設プロジェクトに取り組んでいます。重要なファイルに迅速にアクセスできるように、同社は紙ベースのプロセスに代わるよりスマートな代替手段を求めていました。

概要と経緯

ANASは、エンジニアリング、買収、IT に特化したシステムを含む、IBM Filenet Content ManagerIBM Content Navigatorソリューションに基づく電子コンテンツ管理システムを採用しました。

成果 スピードアップ
関連ファイルへのアクセスを高速化によるプロジェクトと承認
ブースト
部門間の情報共有化による従業員の生産性向上
適応
各部門のニーズに応え、ビジネスプロセスを再設計するコストを回避
ビジネス上の課題の詳細
複雑な書類の山

ANASは、イタリアの動力である道路や高速道路の広範なネットワークの構築・維持・改善を担当しています。イタリアの地形は難しく、何千もの町や都市の接続を維持するには、継続的なメンテナンス作業が必要です。同時に、ANASはイタリアの遠隔地間に新しい交通リンクを構築するプロジェクトも推進しています。

ANASの管理とドキュメント・システム部門の責任者であるマウリツィオ・ビッチェラーリ氏は次のように説明します。河川や渓谷、山岳地帯が非常に多いため、道路の建設や修復のプロジェクトには、エンジニアや建築家、測量士のチームに加え、さまざまな種類の専門サプライヤーが必要になります。

ANASの建設およびメンテナンス・プロジェクトは、エンジニアの計画や調達契約から管理記録プロセスに至るまで、膨大な量のデータに依存しています。同社は以前、エンジニアリング・プロセスとサプライヤーの巨大なネットワークを管理するために、紙の書類による手作業のプロセスに頼っていました。ただし、このやり方では特に複数の関係者やワークストリームが存在するプロジェクトで、フォームやファイルの追跡が困難でした。

ビッチェラーリ氏はさらに次のように続けます。「業務の遂行には、当社のスタッフとサプライヤーが、エンジニアリング図面や計画、取得文書、品質手順、操作指示、スタッフとの通信などにアクセスする必要があります。現在、当社のシステムには1,200万近くの文書がアーカイブされていますが、これらの閲覧がユーザーにとっていつでも必要になる可能性があります。当社の担当者が必要な情報にタイムリーにアクセスできない場合、プロジェクト遅延のリスクが高まり、コストが大幅に増加するおそれがあります。」

IBMチームの助けを借りて、彼らの専門知識により、ソリューションを迅速に導入してカスタマイズすることができました。 マウリツィオ・ビッチェラーリ 管理およびドキュメントシステム責任者 ANAS S.p.A.
概要と経緯の詳細
専門的なコンテンツ管理への道を開く

コンテンツ管理へのアプローチに高レベルの効率を導入するために、ANASはIBM Filenet Content ManagerとIBM Business Automation Workflowを選択しました。

ビッチェラーリ氏は次のように述べています。「私たちはすでに1,200万件の文書を保存するためにIBMソリューションに依存していました。IBMと仕事をしたポジティブな経験から、私たちが望んでいた高品質で迅速なサポートが受けられるという自信が得られました。

導入プロセス全体を通じて、IBMチームは最高のパフォーマンスを発揮しました。
チームの助けを借りて、彼らの専門知識によってソリューションを迅速に展開してカスタマイズすることができました。」

IBMと提携して、事業の運用面をサポートするエンジニアリング文書管理システムを開発した後、ANASはこのソリューションを組織の他の部分にも拡張することを決定しました。IBM Content Navigatorを導入したことで、ANASは直感的で使いやすいインターフェースでソリューションを強化しました。これにより、技術者以外のユーザーでも必要な情報をすばやく見つけられるようになります。

現在、同社はIBM Content Managerを使用して、記録システムの多くを強化しています。これらには、公式記録管理システムであるP-ANASが含まれます。このソリューションは、エンジニアリング、建設、ITチーム向けのプロジェクト文書管理(PDM)システムおよび調達契約管理(PCM)プラットフォームとも統合されています。

「Content Navigatorのインターフェースは設定が非常に簡単なので、各部門のさまざまなニーズに適合させることができます」とビッチェラーリ氏は説明します。「たとえば、私たちは調達部門向けにユーザー・エクスペリエンスを大幅にカスタマイズし、チームが業務プロセスを変更することなくソリューションを継続的に導入できるようにしました。」

IBMとの仕事でのポジティブな経験から、私たちが望んでいた高品質で応答性の高いサポートが受けられるという自信が得られました。 マウリツィオ・ビッチェラーリ 管理およびドキュメントシステム責任者 ANAS S.p.A.
成果の詳細
成功への道のり

IBMソリューションを活用したコンテンツ管理システムにより、ANASはプロセスの合理化や、時間の節約、運用コストの抑制という目標を達成しました。

「IBM Content Managerのおかげで、ボタンを押すだけでエンジニアリング計画を適切な承認機関と交換できるため、書類を何度もやり取りするコストと複雑さがなくなりました」とビッチェラーリ氏は説明します。

同氏はさらに、「IBMソリューションは、社内調達プロセスの加速にも役立っています。IT部門では、承認プロセスを大幅に短縮し、革新的なサービスをビジネスにタイムリーに導入できるようにしました。当社の従業員は新しいソリューションの使いやすさを気に入っており、私たちは肯定的なフィードバックしか得ていません。」

ANASは、きめ細かいアクセス管理機能のおかげで、複数の部門で働く人々が必要なときに確実にドキュメントにアクセスできるようにします。たとえば、技術文書は技術文書管理システムに保存されますが、入札プロセス中に調達文書管理システムを介してこれにアクセスできます。

「当社のコンテンツ管理リポジトリ間の緊密な統合により、当社の厳格な情報セキュリティ・ポリシーを損なうことなく、迅速かつ効果的な意思決定をサポートできるようになります。」
とビッチェラーリ氏は言います。

このソリューションの成功に基づいて、ANASはIBM Business Automation Workflow内のケース管理機能を使用して、売掛金および買掛金のプロセスを合理化する予定です。

ビッチェラーリ氏は次のように結論づけています。「イタリアの継続的な進歩のためには、建設プロジェクトを効果的に推進することが不可欠です。IBMコンテンツ管理ソリューションのおかげで、当社は業務にさらに高いレベルの効率を導入できる有利な立場にあります。」

Content Navigatorのインターフェイスは設定が非常に簡単なので、各部門のさまざまなニーズに適応させることができます。 マウリツィオ・ビッチェラーリ 管理およびドキュメントシステム責任者 ANAS S.p.A.
ビジネス・ロゴ
ANAS S.p.A.

ANAS(ibm.com外部へのリンク)イタリアの全国道路網を設計、建設、運営し、30,000km以上の一般道と高速道路を管理。エンジニア、建築家、測量士を含む従業員6,000人を雇用。ローマに本社を置き、イタリア全土に38のオフィスを構えています。

詳細情報はこちら

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ
法務

© Copyright IBM Corporation 2019.IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

米国製、2019年2月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Content NavigatorおよびFileNetは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

IBMが事業を展開している国または地域であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。