スポットライト

患者とのエンゲージメント(ePRO)

IBMは、従来のレポート作成手法に代わるePROテクノロジーを提供します。これにより、患者はいつでも医療担当者と重要な情報を共有できます。この即時に情報にアクセスできる機能により、多くの場合において、通常の付帯的な要件が排除されます。これまではアクセスできなかった患者の母集団が、タイムリーな研究に容易に参加できるようになりました。ePROはモバイル端末とWebから使用できます。

データ統合

IBMのデータ統合ソリューションが、さまざまなソースのデータを迅速かつ自動的に統合し、データ入力を最小限に抑え、研究チームの効率を最大限に高めます。定評のある社内向け研修プログラムを提供することで、ユーザーに研究の作成方法とデータ統合の制御方法を伝えることができます。データは直接マルチテナントのSaaSソリューションに統合され、簡単にアクセスできる安定した安全なデータを実現するため、臨床試験のデータの信頼性が向上します。

レポート作成と分析

IBM Clinical Developmentを活用すると、データの中に隠れた新たな洞察、パターン、リレーションシップを発見できます。特定の研究や複数の研究に関するレポートを作成して、データ・セットと臨床試験に基づき視覚的および論理的な優れた結論を導き出すことができます。レポート作成のオプションには、業界標準のレポートや最新の分析手法に基づくレポートが含まれます。

品質とコンプライアンス

IBM Clinical Developmentは、セーフ・ハーバーとISOの認定を受けており、すべてのGCPおよび関連規制(米国連邦規則第21条第11章、EU GMP付属書11を含む)をサポートします。さらに、このプラットフォームは、関連するソフトウェア検証とコンピューター化システムのFDAガイドラインをすべて満たします(業界標準の暗号化、企業レベルのファイアウォール、バックアップと障害復旧、自動アーカイブ、高セキュリティー環境でのホスティングを含む)。

医療コーディング

すべてのユーザーはIBM Clinical DevelopmentのEDCと直接連携し、同じシステムにアクセスできます。医療コーディングを実施するユーザーは、電子データ収集にアクセスすることで、データの検証、クエリー、その他の研究作業を実施できます。IBM Clinical Developmentは、スタンドアロンのサービス以外の医療コーディング機能を提供します。臨床試験データと管理ワークフローを活用することで、ユーザーはさらに高度な処理を実施できます。標準の辞書の更新機能により、すべてのコーディング手順で完全で明確なプロセスが実現します。

エンドポイントの検証

各サイトのコーディネーターと検証担当者は、必要なコンテンツにすぐにオンラインでアクセスできます。ポイント・アンド・クリックで処理できるため、追加の開発とプログラミングは不要で、システムの導入時点でユーザーが完全に独力で作業できます。ワンクリックするだけで、すべてのエンドポイントの詳細情報と原資料から関連資料を編集できます。検証プロセス全体を通じて、自動的にエンドポイントの症例が進行します。システムがあらゆる規模の研究を処理し、基本的にあらゆる数のサイトとイベントを処理します。

無作為化と治験薬供給管理(RTSM)

プログラマーが関与することなく、研究の要件に基づいて迅速にランダム化と調剤の機能を設計、構成、更新できます。単一のダッシュボードがランダム化とデータ収集のニーズに対応するため、ユーザーは高価なカスタマイズされた接続サービスを購入する必要がありません。データ・ポイント、サイト、研究、その他の基準でデータを階層化できます。本システムは、一連の研究のリアルタイムの状態を示し、全体的なトラッキングと調剤プロセスを調整できます。

お客様導入事例

ケース・スタディーイメージ

IBM Watson HealthとThe Aurum Institute:先進的なデータ・ツールによる疾病の大流行の防止

Learn how one organization is unlocking valuable insights that had previously been hidden in the research metadata.
導入事例を読む