スポットライト

幅広いコード・カバレッジ

Application Delivery Intelligenceでは、テスト段階からコード・カバレッジのデータを取り込むことができるため、潜在的なテストの重複を特定して、テスト計画を最適化することができます。コード・カバレッジ・データは、IBM Developer for z Systemsに統合されたデバッガー、もしくはIBMのデバッグ・ツールによって生成できます。

テストの最適化

Application Delivery Intelligenceは、テスト形態とDevOpsの採用の有効性を監視するためのツールを提供します。最適なカバレッジを実現するために実行する他のテストを推奨することにより、テストを最適化できます。ADIは、テストによってファイルと機能の傾向を分析し、変化に対応して、回帰を防止します。

早期の問題検出

情報へのリアルタイム・アクセスを実現する直感的なインターフェースにより、IBM OMEGAMON for CICSから応答時間、CPU時間、使用頻度のデータを視覚化できます。

保守のガバナンス

IBM Application Discoveryは、プロジェクト・レベルでコード・インベントリー、コードの複雑性、その他の品質に関する指標の傾向を明らかにします。コードと不要コードの保守容易性のインデックス、成果物、ソース行をプロジェクト間で比較して、プロジェクトの品質に関する洞察を提供できます。

リスクの最小化と予測

ADIにより、以前は隠されていた運用データを容易に利用して、開発ライフサイクルで生じる性能の問題を検出できます。機能テストでは、単体テストで回帰がないことを確認して、使用頻度に基づいて重要アプリケーションのクイック・ビューにアクセスすることにより、回帰テストのフォーカスを調整して、実働の中断を予測し、リスクを最小限に抑えることができます。早期の段階で問題を検出して、テスト環境のプロビジョニング/セットアップ/実働との調整を指定できます。

プロジェクトの正常性の向上

コード・カバレッジ、性能、複雑性、保守容易性を素早くスキャンして理解し、重要プログラムを特定します。ADIでは、プロジェクト全体の正常性のビューにアクセスすることで複雑性を軽減して保守容易性を向上させ、メトリックと傾向(行数や不要コードなど)に関する洞察を提供することで、プロジェクトを完了させることができます。ツールやレポートにより、適切な品質コードが開発されていることを確認でき、提携するベンダーの決定や、社内プロジェクトの優先順位付けを実施できます。

根本原因分析

グラフで特定のトランザクションの応答時間が最も遅いピークを見つけてから、それらをDB2やファイルの入出力待機時間のピークと視覚的に比較します。また、性能が低いトランザクションの構成マップを使用して、同じデータ・ソースを呼び出すことを確認したプログラム成果物に対して修正措置を実施し、最近変更されたコンポーネントがあるかどうかを確認できます。

コグニティブ・ユーザー・ガイダンス

トランザクションの応答時間の低下につながる最大の要因を容易に確認できます。OMEGAMON for CICSとApplication Discoveryのデータから得た洞察を相互に関連付けることで、性能が低いトランザクションと問題のある成果物を検出して、結果にランクを付け、問題のあるトランザクション内のリスクの高いプログラム成果物を評価して、関連コードの品質インデックスを検討し、コードが最近変更されたかどうかを確認して、問題を解決するための修正措置を実施できます。

新しいユーザー体験

開発者は、ADIにログインした後で役割を選択できます。さらに、フィードバック送信用ページでフィードバックを直接提供できます。Application Delivery Intelligenceは、英語、日本語、ドイツ語、フランス語、スペイン語の5つの言語で使用できます。

おすすめ関連製品

IBM Application Discovery and Delivery Intelligence

効率的にメインフレーム・アプリケーションを分析して刷新

詳細を表示

IBM Application Performance Analyzer for z/OS

システムとアプリケーションのパフォーマンスの測定、レポート、および最大化

詳細を表示

仕組みを見る