コンテナとKubernetesを利用する理由

クラウドネイティブ開発により、開発者がスムーズに作業を進められます。IBM LinuxONE III上でLinux®コンテナとKubernetesを使用することで、あらゆる開発者が自由にアプリケーションを構築およびモダナイズし、拡張性が高く自動化された最新の導入アプローチを活用できるようになりました。


LinuxONE上のRed Hat OpenShiftおよびIBM Cloud Paks

LinuxONE サーバー上でRed Hat® OpenShift®およびIBM Cloud Paksを使用することで、最高レベルのセキュリティーと信頼性が実現し、クラウドネイティブ・アプリケーションをより迅速かつ効率的に開発および導入できます。

一度構築すればどこにでも導入可能

一貫性のある管理とオーケストレーションで構築、導入できます。

アプリケーションの作成を迅速化

組み込みの開発者向けツールとプロセスにより、クラウドネイティブ開発を加速します。

デジタルに変革

アプリケーション、データ、クラウド・サービスを統合して、デジタル変革を迅速化します。

マルチクラウド管理

ハイブリッドクラウド管理を一元化して、可視性、一貫性、自動化を実現します。

データ統合

データの収集、編成、分析を統合して簡素化します。

コンテナなどに関する専門家の見解

ハイブリッドクラウドの最適化のための自動化

企業各社がハイブリッドクラウドを使用してどのようにより戦略的になっているのか、また、LinuxONEがどのように適しているのかをご覧ください。

クラウドネイティブ・アプリケーションの保護

暗号化を使用してデータを保護し、ハイブリッドクラウド・エコシステム全体にわたるポリシーによってデータ・プライバシーを管理します。

おすすめ関連製品

IBM Hyper Protect Virtual Servers

ハイブリッド・マルチクラウド環境で基幹業務アプリケーションを保護します。

IBM Cloud Hyper Protect Virtual Services

クラウド・データ、デジタル資産、ワークロードを保護します。

IBM Hyper Protect Digital Assets Platform

デジタル変革のためにビジネスを保護します。

次のステップ

コンテナ・オーケストレーション・ソリューション

迅速なスケーリングを実現するため、コンテナ対応で容量のあるハードウェアとソフトウェアを検出します。

Zでのクラウドネイティブ開発

IBM Zメインフレーム上のクラウドネイティブ開発により、大規模かつ安全な変革を実現します。特殊なスキルは必要ありません。

IBMとクラウドネイティブ

アジャイルとDevOpsのプロセスを使用してイノベーションを促進するためのさらなる方法を見つけましょう。