概要

IBM Cloud Databases for etcdとは?

IBM Cloud® Databases for etcdは、分散サーバー構成管理における「分散」を定義します。

etcdはRAFTコンセンサス・アルゴリズムを使用して、クラスター内のデータの整合性を確保し、 データ内で操作が正しい順序で実行されるようにします。 これにより、クラスター内のすべてのノードは同じ動作を行います。

主要な機能

IBM Cloud Databases for etcdの特長

完全管理型

日常的なタスクではなく、アプリケーションの構築に集中できます。 IBM® ID管理とアクセス管理、そしてIBM Cloud Activity Trackerと統合されています。

高度なセキュリティー

保存時のデータと移動中のデータを暗号化します。保存データ用に独自の暗号鍵を使用できます。 デプロイメントは、プライベート・ネットワークなどをサポートします。

弾力的なスケーリング

アプリケーション要件に合わせて、ディスクとRAMを個別に拡大縮小することができます。 小規模で開始し、API呼び出しを利用して、ビジネスの成長に合わせて容易に規模を拡大できます。

オープンソース

etcdのAPI、データ・フォーマット、クライアントとの互換性があります。 既にetcdを利用しているアプリケーションは、完全互換品としてIBM Cloud Databases for etcdを使用できます。

高可用性

標準構成には、99.99%のSLAを提供するために高可用性用に構成された、3つのデータ・メンバーが含まれています。

自動化対応

管理コンソール、CLI、REST APIを利用することで、設計段階から生産段階に素早く進むことができます。 IBM Cloud CLIプラグインによってクラウドネイティブの管理オプションも提供します。