7,000以上の酪農場がノルウェーの変化に富む地形に点在しています。TINE社のトラックは、この国の広大なフィヨルドや山々を毎日横断して酪農場から牛乳を回収し、30か所の同社の加工工場に配送しています。TINE社は各加工工場から牛乳やその他の乳製品を全国および世界各地に出荷しています。

「皆様に申し上げていることですが、当社のバリュー・チェーンはノルウェーで最も複雑です」と、TINE社のデータ・連携部門の責任者であるSiri Torgersen氏は言います。

何年もの間、総合的な計画がない状態で、TINE社の複雑なバリュー・チェーンは有機的に成長してきました。工場、倉庫、販売業者のすべてが互いにデータを共有する必要がありましたが、それぞれに大きく異なる方法で共有していました。

「共通の方法も共通のテクノロジーもない状態で、アドホック(その場その場で)に連携していたので、ポイントツーポイントのシステム間連携が構築され、古典的なスパゲッティ・アーキテクチャーができてしまっていました」とTorgersen氏は説明します。「その結果、運用リスクが高くなり、手動による保守作業が多くなっていました。大半の時間が、新しい開発や、より高い価値を生み出す活動ではなく、運用業務に割かれていました」

TINE社のサプライチェーンには、

30

の加工工場が含まれている

連携業務には

32

のレガシー・システムが含まれている

TINE社は現在、

100以上

の連携機能を積極的に保守している

ポイントツーポイントの連携アーキテクチャーが原因で、TINE社のバリュー・チェーンの非効率性を解消することも難しくなっています。トラックの積載量一杯まで貨物を積み込むことも、最も効率的なルートをたどることも常にできるわけではありませんでした。その結果、世界的に有名なTINE社の「ヤールスバーグ」ブランドのチーズのような最高価値の商品のために牛乳が使用されるのではなく、粉ミルクのような低価値の商品用に回されていました。このような問題を解決するために、より柔軟でスケーラブルな連携アプローチが必要でした。

2018年に同組織に加わった新しいCIOは、複雑に入り組んだ連携アーキテクチャーと、それによって事業が受けている影響を目にしました。何かを変えなければならないことは明らかでした。

TINE社の工場のコンベヤーで運ばれているKefirのパック

連携コンピテンシー・センター

TINE社は長年IBMのテクノロジーを使用してきたので、連携のモダナイゼーションの最初のステップとして、ITチームはIBMにコンサルティング・サービスの推薦を依頼しました。IBMは、IBMのビジネス・パートナーであるAvella社を紹介しました。同社はノルウェーを拠点とし、連携、アーキテクチャー、および自動化を専門としています。TINE社はAvella社の支援により、IBM API Connect®IBM® App Connect EnterpriseIBM MQ テクノロジーを含むIBM Cloud Pak® for Integrationプラットフォームをベースにして新しい連携アーキテクチャーを開発しました。

TINE社、IBM、およびAvella社が共同で開発したTINE Central Integration Competency Center(中央連携コンピテンシー・センター)は、TINE社のプロジェクト責任者が新しいビジネス連携機能を要求するために使用できるインターフェースです。このアプローチにより、TINE社はビジネス上最も重要な連携機能を優先できるようになりました。

黄色いタグを耳に着けた茶色と白のまだらの子牛

そして新しい連携機能の要求はTINE社の連携機能ファクトリーに送られます。このファクトリーを率いるのは、TINE社の連携管理者であるRoger Høgli氏です。TINE社は、コンピテンシー・センターを通してすべての新しい連携機能を集めることにより、すべての連携機能を、IBM Cloud Pak for Integrationテクノロジーをベースとした特定の方法に沿ったものにできます。この新しいワークフローが確立されてから2年間の間に、連携機能ファクトリーはますます忙しくなっています。

「現在のところ、100以上の連携機能を保守しています」とHøgli氏は言います。「かなり複雑になっており、プロジェクトがひっきりなしに入ってきます。中には非常に大きなものもあります。私たちは状況を改善する方法を絶えず探し続けています。IBM Cloud Pakを面白い方法で使用して管理を簡易化しています。特にIBM API Connectを使用すると、非常に効果的であることがわかっています。

IBM App Connect Enterpriseで連携機能を構築してから、IBM API Connectに標準装備されている管理機能を使用してIBM API Connectに連携機能を公開しています。これによりアプリケーションの所有者が、アプリケーションの利用状況が安定していることを確認する責任者になるのです。このようにして、IBM API Connectを、再利用とバックエンドの悪用保護の両方の目的のためのゲートウェイとして使用しています」

いくつもの効果

この新しい連携アプローチは、TINE社に多くのビジネス上のメリットをもたらしました。例えば、同組織は、APS(Advanced Planning and Scheduling)ソリューションの開発に必要不可欠なパーツとしてIBM Cloud Pakプラットフォームを使用しました。Avella社と共同で実装されたそのAPSソリューションは、ERP、販売システム、顧客システムなど、32あるレガシー・システムからデータをプルして集約し、計画アルゴリズムを適用することで、トラックの積載量一杯まで貨物を積み込み、配送ルートを最適化しています。その結果、TINE社の配送コストは削減され、より効率的に牛乳を輸送できるようになったことで、高価値商品の製造に供給される新鮮な牛乳の量が増加し、低価値の商品に回される量が減少しました。

TINE社にはもう1つ、「ヤード・マネージャー」と呼ばれる、成功した連携プロジェクトがあります。以前は、新しいトラックがTINE社の倉庫に到着したときに、どのドックをトラックが使用しようとしているのかを倉庫作業者が知る方法はありませんでした。その結果、倉庫作業者は常に受け身の状態でなければならず、トラックの到着後は急いで商品をトラックに積み込んでいました。ヤード・マネージャー・ソリューションにより、どのドックにどのトラックが到着するのかを事前に把握できるようになったので、倉庫作業者は事前に貨物を準備できるようになりました。「トラックへの積み込みがはるかに効率的になりました。この成果に、倉庫作業者は新しいアプリに非常に満足しています」とTorgersen氏は言います。

IBM Cloud Pak for Integrationをベースとする洗練されたアプローチを使用して数年が経った今、Torgersen氏とHøgli氏は、連携機能ファクトリーを解体し、必要に応じて個々の製品チームに連携機能開発者を送ることを検討するようになっています。中央連携コンピテンシー・センターは、単なる管理機関以上の存在となり、TINE社の新しい連携アーキテクチャーの整合性をプロジェクト・チームが維持していることを確認するものになるでしょう。

Torgersen氏は、その変革により、TINE社の長期的なビジョンの実現に向けて同組織が一歩近づくと考えています。「私たちは、TINE社のデータを自由化・民主化し、データがシームレスに企業全体を流れるようにして、データを必要としている人が、信頼できる唯一の共通の情報源にアクセスできるようにしたいと考えています」

TINE SA社のロゴ

TINE SA社について

160年以上の歴史を持つTINE社(外部リンク)は、ノルウェー最大の乳製品の生産・販売・輸出業者です。7,000以上の酪農場で働く、8,000人以上のノルウェーの酪農家で構成される協同組合が運営しています。同社の製品には、さまざまな乳製品だけでなく、多くの食品や飲料も含まれています。

Avella社のロゴ

Avella AS社について

2007年に設立されたAvella社(外部リンク)は、連携、アーキテクチャー、および自動化を専門とするコンサルティング企業です。同社のサービスは、戦略的計画から継続的なソリューション管理まで、あらゆる段階をカバーしています。Avella社の従業員は約30人であり、CTOであるThor Ingham氏は、2022 年のIBM Automation Championに指名されています。Avella社の本社はノルウェーのオスロにありますが、北欧全域にサービスを提供しています。

製品・サービス
IBM API Connect®
IBM® App Connect Enterprise
IBM Cloud® Pak for Integration
BM MQ

法律用語

© Copyright IBM Corporation 2022. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2022年5月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM API Connect、およびIBM Cloud Pakは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、ibm.com/trademarkをご覧ください。

本資料は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、第三者の権利の不侵害の保証、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。