ホーム ケーススタディ Testinium - IBMのお客様事例 - ビジネスのためのAI TestiniumはIBM Instana®でソフトウェア・テストとイノベーションを推進
IBM Instana ObservabilityプラットフォームでのLoadium統合テストの開発
吊り橋の上部の拡大図

顧客向けに新しいサービスを革新する場合、組織はソフトウェアに依存することがよくあります。しかし、広範な実稼働前テストにもかかわらず、実際のデプロイメントでは予期せぬ障害が明らかになり、コストと遅延が増大し、エンドユーザー・エクスペリエンスが損なわれる可能性があります。Testiniumは、ソフトウェア・テスト機能を変革するAIを搭載した統合オール・クラウド・ソリューションであるLoadiumを作成するために、IBM Instanaと提携することを選択しました。

エンドユーザー・エクスペリエンスに重点を置く

Testiniumはソフトウェア・テストの技術と科学を専門とし、クライアントが開発プログラムから大きな利益を得て、最終的にはエンドユーザーに満足していただけるよう支援します。

新しいサービスを作成する企業にとって、新しいソフトウェアの設計、開発、テストは重要なビジネス・プロセスです。たとえば、銀行や金融機関は、新しい製品やサービスを革新するために、複雑なバックオフィス・システムによってサポートされる顧客向けのWebアプリやモバイル・アプリケーションに依存しています。当然のことながら、企業は新しいソフトウェアをデプロイする前に、自動化されたテスト・シナリオを使用してパフォーマンス、信頼性、互換性などを測定する実稼働前機能テストに投資します。

Testiniumはスペシャリストとして、クライアントの多くが幅広いソフトウェア・テスト・ツールを使用していることを認識し、複数のソリューションを断片的に使用すると問題が見落とされ、未解決になる危険があると指摘しました。さらに、Testiniumは、ソフトウェアの動作を調査するための負荷テスト・シナリオの作成も重要な課題であると特定しました。この複雑なテスト・プロセスは実世界のデータを使用して実行するのが最適ですが、これはソリューションが実稼働環境に導入された後にのみ利用可能でした。

Testiniumの共同創設者兼副最高経営責任者であるOnur Erdogan氏は次のように述べています。「私たちは、クライアントの機能ソフトウェア・テストの課題を解決し、デプロイメント前に現実的な負荷テスト・シナリオを作成する際の推測を排除する統合プラットフォームを構築しようとしました。最終的には、テスト・プロセスを加速し、ソフトウェアの品質を向上させ、クライアントが優れたエンドユーザー・エクスペリエンスを提供できるよう支援することを目指しています。」

削減 商品化までの時間

一元化された自動テストを可能にすることによって。

改善 ソフトウェアの品質とパフォーマンス

AIを搭載した負荷テスト・シナリオを使用することによって。

Testinium LoadiumとIBM Instanaのパワーと拡張性と、ソフトウェア・テストの専門知識を組み合わせることで、お客様に完全なソリューションを提供します。 Onur Erdogan 共同創設者兼副最高経営責任者 Testinium社
AIを搭載した負荷テストのシナリオ

Testiniumは、機能テストと負荷およびパフォーマンスのテストを組み合わせた完全なサービスの設計を検討しました。同社の大規模な顧客ベースにサービスを提供するため、新しいサービスはクラウド経由で提供され、どこからでもアクセスでき、簡単にスケール・アップできます。

現実的な負荷テスト・シナリオを作成するという課題を解決するために、Testiniumは革新的なプラットフォームLoadiumを作成しました。これにより、開発者はユーザーのパターン、行動、ワークロードに基づいてAIを搭載したデータセットを構築できます。AIデータ・セットにより、企業は新しいソフトウェアで起こりそうなシナリオをシミュレーションし、パフォーマンスを検査し、開発プロセスを調整することができます。

TestiniumのLoadium製品所有者であるErdem Kırmızı氏は、次のようにコメントしています。「処理のボトルネックは、現実世界のソフトウェアのデプロイメント時にのみ明らかになることがよくあります。Loadiumを使用すると、AI駆動型の負荷テストシナリオを実行することで問題を特定できます。Loadiumが提供する統合機能テストとアプリケーション・パフォーマンス監視により、クライアントの開発チームは問題を修正し、ソフトウェア・パフォーマンスを向上させ、可能な限り最高の顧客体験を保証できます。」

Loadiumによって生成される大量のデータを収集、管理、分析するために、TestiniumはIBMと提携しました。Loadiumは、リアルタイムのオブザーバビリティー・ソリューションであるIBM Instana®プラットフォームを使用して、広範な開発チームのどのメンバーもアクセスできるコンテキスト認識型のパフォーマンスデータを提供します。Instanaは、複数の独立したツールにデータを分散させるのではなく、すべてのユーザーに単一の情報管理ダッシュボードを提供します。

Loadiumの機能テストおよびアプリケーション・パフォーマンス監視 (APM) ツールをIBM Instanaと組み合わせることで、ソフトウェア開発チームは共有データに基づいて作業を行うことができます。Instanaに組み込まれた強力なAIにより、組織はワークロードをモデル化し、ソフトウェアのパフォーマンスを予測できるようになり、開発の各段階に目標を割り当て、結果を最適化することができます。

LoadiumとIBM Instanaを使用すると、クライアントは複数の負荷テスト・シナリオを実行することでより多くの洞察を得ることができ、詳細なソフトウェア・パフォーマンス・ベンチマークを提供して、開発プログラムを最適化するためのデータ駆動型の意思決定を支援します。 Yildirim Adiguzel Loadium最高経営責任者 Testinium社
ソフトウェアのイノベーションが優れた顧客体験を生む

Testiniumは、LoadiumとInstanaを組み合わせることで、世界中の最大規模の組織に対しても包括的なソフトウェア・テスト機能を提供できます。IBM Instana上のオール・クラウド製品として、Loadiumは大規模かつ迅速にデプロイでき、企業はエンド・ツー・エンドのソフトウェア・テストの課題を解決できます。

金融業界など、データを現地に保持する必要がある規制産業向けに、Instanaはオンプレミスのサーバーとクラウドの処理能力を組み合わせ、AIを搭載した分析と予測を提供するハイブリッド・デプロイメント・モデルを提供しています。

TestiniumのLoadiumの最高経営責任者であるYildirim Adiguzel氏は、次のようにコメントしています。「LoadiumとInstanaの主要なメリットの1つは拡張性です。LoadiumとIBM Instanaを使用すると、クライアントは複数の負荷テスト・シナリオを実行することでより多くの洞察を得ることができ、詳細なソフトウェア・パフォーマンス・ベンチマークを提供して、データ駆動型の意思決定を行い、開発プログラムを最適化することができます。」

AIを使用して、Loadiumは現実世界のユーザーの行動を厳密に模倣する複数の負荷テスト・シナリオを生成し、企業がソフトウェア構築プロセスの早い段階で潜在的なパフォーマンスのボトルネックを発見して除去できるようにします。さらに、単一のプラットフォーム上でエンド・ツー・エンドのテストを自動化することで、管理業務のワークロードを軽減し、イノベーションと新サービスをより迅速かつ低コストで市場に投入することができます。

Testiniumのクライアントにとって、Loadiumはソフトウェア・ツールの数を減らして1つのプラットフォームに統合する機会を提供します。これにより、IT環境が簡素化され、ソフトウェア・テスト・ライセンスの数が減る可能性があります。

Onur Erdogan氏は次のように結論付けています。「Testinium LoadiumとIBM Instanaのパワーと拡張性と、当社のソフトウェア・テストの専門知識を組み合わせることで、お客様に完全なソリューションが提供されます。規制された業界にとって、Instanaのハイブリッド機能は完璧なソリューションを提供し、クラウドの拡張性を活用してグローバル企業にサービスを提供することもできます。IBMは、クライアントがソフトウェアの品質を向上させ、明日の顧客体験を提供できるよう支援するTestiniumにとって理想的なパートナーです。」

Testiniumのロゴ
Testiniumについて

2010年に設立され、イスタンブールに本社を置き、アムステルダム、ロンドン、ベルリン、デュッセルドルフ、ドバイにオフィスを構えるTestinium(リンクはibm.com外部にあります)は、700人以上のQAエンジニアリング専門家を擁するソフトウェア・テストおよびQA専業企業です。Testiniumはグローバル市場を拡大し、国際的な顧客基盤を増やしています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

他のお客様事例を見る IBMへのお問い合わせ BanFast Förvaltning AB社

BanFast社はEdsvärd Hållbarhet社と協力して、IBM® Envizi™ ESG Suiteを使用して持続可能性レポートの作成を合理化および加速し、持続可能性のパフォーマンスに関する新たなインサイトに基づき、ポートフォリオ全体でエネルギー使用量を50%削減することを目指しています。

お客様事例はこちら
Bankdata社

金融ソフトウェアのスペシャリストであるBankdata社は、Rocket Software社が設計したOMEGAMON Data ProviderとIBM Z Monitoring Suiteを使用して開発と運用をファイン・チューニングします。

お客様事例はこちら
Generali Poland

Generali Poland社はTUATARAと連携して、顧客から寄せられる質問の97%に自動的に回答するIBM watsonxを活用した仮想アシスタントを構築しています

お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2024.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒105-5531 東京都港区虎ノ門二丁目6番1号 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

2024年1月

IBM、IBM LOGO、ibm.comおよびInstanaは、世界の多くの国で法的に登録された、International Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。