Future Group
Future GroupがWatson IoTソリューションでエネルギー消費を最適化
ソファに座っているビジネスマンと、ソファの背もたれにもたれて話しかけている別のビジネスマン

Future Groupは、IoTおよびAIベースのソリューションを導入することで、二酸化炭素排出量とそのエネルギー消費を削減する取り組みに乗り出します。

ビジネス課題:

Future Groupは、二酸化炭素排出量と店舗拡大に伴って増加が見込まれるエネルギー消費量を削減したいと考えていました。

変換

Future Groupは、IBM Services®を活用してリアルタイムの電力消費を監視し、IoT、ビッグデータ、分析を活用して集中エネルギー管理と自動警報システムを促進しました。

ビジネス上のメリット

年間エネルギーコストを

10%削減

改善:

カスタマー・エクスペリエンス

資産管理

機器の故障を減らして改善

ビジネス上の課題の詳細
二酸化炭素排出量とエネルギー消費量の削減

小売業での存在感が強いFuture Groupは、店舗のエネルギーコストに毎年多額の費用を費やしており、店舗の拡大に伴って増加することが予想されます。Future Groupは、二酸化炭素排出量を削減し、エネルギー消費量を10%削減するという企業の持続可能性プログラムに導かれ、従来店舗と新店舗からなる異種インフラを統合し、エネルギー消費量の全体像を把握できるIoTとAIベースのソリューションを求めていました。

トランスフォーメーション・ストーリー
プラットフォーム「Green Store」の構築

IBM Servicesは、IBM® TRIRIGA® Building Insightsソリューションに構築された"Green Store" プラットフォームを提案し、IoT、ビッグデータ、アナリティクスを活用することで、リアルタイムの電力消費を監視し、集中エネルギー管理と自動警告システムを促進します。柔軟でスケーラブルなSaaSベースのソリューションは、新しい消費量、天候、居住パターンに適応し、エネルギー使用量と廃棄物に関する重要なデータポイントに関する洞察を提供し、エネルギー消費量の最適化とエネルギーコストの削減につながる将来の状況を予測します。

成果の詳細
エネルギー消費の最適化とエネルギーコストの削減

提唱されている「Green Store」プラットフォームは、二酸化炭素排出量と年間エネルギーコストの10%削減につながり、同時に設備の故障を減らして資産のメンテナンスを改善します。一元的なエネルギー管理により、顧客エクスペリエンスも向上します。

Future Groupロゴ
Future Group

Future Group (リンクは ibm.com の外部にあります)、Future Groupは、インド最大の小売企業で、FMCGと総合食品産業で顕著な存在感を示し、Big Bazaarのような人気スーパーマーケットチェーンや、CentralやBrand Factoryのような生活雑貨店を所有しています。このグループは全国350以上の都市に大小合わせて1,500店舗以上の店舗を展開しています。

次のステップ

IBM Servicesの詳細については、IBMの担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、Webサイト( ibm.com/services)にアクセスしてください。

 

他の事例を見る IBMへのお問い合わせ
法務

© Copyright IBM Corporation 2019.

インドで生産 2019年2月

IBM、IBM LOGO、およびibm.comは、世界の多くの国で法的に登録された、International Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」( ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

本資料の内容(適用される税金を除いた通貨または価格の参照を含む)は最初の発行日時点における最新情報であり、IBMにより予告なしに変更される場合があります。

IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。

IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。