ホーム ケーススタディ デジタル資産保管サービス(DACS) デジタル資産保管サービス(DACS)
デジタル資産への高速かつ安全なアクセスにより、急成長するスマート・コントラクト市場を強化
詳細はこちら
リンクされたネットワークを持つ世界の抽象化

スマート・コントラクトと暗号資産テクノロジーは、さまざまな業種の企業のビジネスのあり方を変革しようとしています。企業がデジタル資産を自由に保護して使用できるようにするため、DACSはIBMと提携し、IBM LinuxONEサーバーとIBM Hyper Protect Virtual Servers for IBM Cloud Privateソリューションをベースとした、業界初のサービス・プラットフォームを構築しました。

ビジネス上の課題

デジタル資産テクノロジーが主流になるに伴い、新興企業のDACSは市場のギャップを認識し、ユーザーがデジタル資産に安全かつ簡単にアクセスできるプラットフォームの開発に着手しました。

概要と経緯

DACSは、 IBM Hyper Protect Virtual ServersとIBM LinuxONEテクノロジーをベースとした、デジタル資産取引のための信頼できる実行環境の構築を支援するためにIBMと契約しました。

結果 保護する
銀行レベルを超えるセキュリティーで顧客のデジタル資産の盗難を保護
促進する
デジタル資産へのほぼ瞬時のアクセスを可能にすることで取引量の増加を促進
加速させる
DAC プラットフォームの開発を加速化して、1億ドル以上の価値がある市場へのアクセスが可能に
ビジネス上の課題の詳細
金融の新時代を切り拓く

スマート・コントラクトとデジタル資産テクノロジーは、多くの業界で価値移転に革命をもたらすと期待されています。銀行から官公庁・自治体、医療から公営機事業まで、誇大広告は真のビジネス価値に変わり、デジタル資産取引が急速に増加しています。機関投資家、暗号ファンド、取引所、トークン・プロジェクト、銀行、企業、富裕層、資産管理者は、融資、預託、エスクロー、決済サービスにデジタル資産を利用し始めており、トークンの償還など暗号に特化したアプリケーションも登場しています。

これらの新しいテクノロジーに秘められた力を最大限に引き出すには、企業や個人が資産を安全に保管および移転できる必要があります。新興企業であるDigital Asset Custody Services(DACS)は、デジタル資産取引の信頼できる環境が市場に不足していることを認識しました。

Shuttle Holdingsの会長兼最高投資責任者であるBrad Chun氏は、この話を取り上げます。「わずか数年で、暗号資産市場はゼロから数億ドルの価値に成長しましたが、これはほんの始まりにすぎません。市場があまりにも急速に拡大したため、基盤となるインフラストラクチャーの開発が追いつかず、2018年だけで数十億ドルのデジタル資産が盗まれるという結果を私たちは目にしてきました」

既存のソリューションでは、セキュリティーか利便性のどちらかを選択するよう人々に強いられる傾向があります。たとえば、コールド・ストレージ・オプションは、オフライン環境で資産を生成して保存します。このアプローチはサイバー攻撃者から資産を保護しますが、取引が遅くなります。一方、デジタル資産の管理を取引所やサードパーティのウォレットに頼ることは、取引所がデジタル資産を適切に保護し、サービスが中断されないと信じることを意味します。

「デジタル資産を取引するヘッジファンドを立ち上げたとき、セキュリティーとアクセシビリティの両方を実現するデジタル資産保管ソリューションが存在しないことがすぐにわかりました」とChun氏は振り返ります。「これらのテクノロジーが私たちの生活や仕事に取り込まれるに伴い、取引の障壁を取り除くことが重要になります。私たちはこの機会を活かすのに役立つ適切なパートナーを探し始めました」

暗号通貨の保管、取引所、サービス型ブロックチェーンの採用が増えるにつれて、当社の潜在的な市場は拡大する一方です。当社はIBMと提携して、DACSプラットフォームを迅速に市場に投入し、世界中の両方の組織に全く新しい価値提案をもたらします。 Brad Chun氏 会長兼最高投資責任者 Shuttle Holdings
概要と経緯の詳細
新境地を開拓する

DACSはIBMと連携して、顧客のニーズに合わせて拡張し、他のクライアント環境と効率的に統合できるように設計された、エンタープライズ・ビジネス向けのフルスイートのデジタル資産サービス・プラットフォームの構築を支援しました。革新的なセキュリティー機能を開発するために、DACSとIBMは共同研究チームを設立しました。

「IBMは、高トランザクション環境向けにノンストップの可用性を専門としているため、真の24時間365日体制のアクセシビリティを実現できると確信していました」とChun氏は語ります。「IBMが全方位型暗号化の限界を押し広げていることを知ったとき、その専門知識を活用して、まったく新しいものを市場に投入することもできることに気づきました」

このコラボレーションの成果として、Ubuntu Linuxを実行するIBM LinuxONEサーバー上でホストされるDACSプラットフォームが誕生しました。IBMは、新しいソリューションの概念実証が確実に成功するよう、グローバルなリソースを提供しました。Chun氏はさらにこう言います。「IBM は本当にチーム全体を私たちに提供してくれました。私たちは、IBMの発明者と毎日電話で連絡を取りました。このような大規模な組織と仕事をするには、私たちのような小規模なスタートアップ企業ではうまくいかないのではないかと心配していましたが、IBMの俊敏性と応答性には感銘を受けました。

IBM Crypto Express 6S ハードウェア・セキュリティー・モジュールを搭載したIBM LinuxONEサーバーは、送信中および保存中のすべてのアプリケーション・データの広範囲な暗号化を可能にします。これらのサーバーはIBM Hyper Protect Virtual Serversを実行しており、機密性の高いデータに安全なコンピューティング環境を提供するソリューションです。お客様は、プライベートクラウド環境の一部として、またはサービスとしてソリューションをオンプレミスに導入するかを選択できます。

「IBM Crypto Expressを搭載したIBM LinuxONEを選択すると、現在入手可能な最高評価のハードウェア・セキュリティー・モジュールが得られます」とChun氏はコメントしています。「IBM Hyper Protect Virtual Serversは、暗号化された安全なエンクレーブ内でアプリケーション・スタック全体を実行できるため、DACSプラットフォームの重要な部分をなしています。このレベルのセキュリティーに近づく唯一の競合オプションは、はるかに少ないメモリーしか搭載できません。IBM Hyper Protect Virtual Serversを使用することで、私たちのビジョンを制限する必要がなくなりました」

当社はIBM LinuxONEプラットフォームのエンタープライズ機能を使用して、内部および外部の両方の単一障害点が軽減されるシステムを開発しました。IBM LinuxONE上のDACSソリューションは、自分自身を含めて誰も信用しないように設計されています。 Brad Chun氏 会長兼最高投資責任者 Shuttle Holdings
成果の詳細
チャンスを掴み取る

DACSはIBMと連携して、セキュリティーを損なうことなく、ユーザーに高速で簡単なアクセスを提供する、デジタル資産取引用の世界初の信頼できる環境を構築しました。DACSはアクセシビリティへの障壁を取り除くことで、お客様が自信を持ってデジタル資産を取引できるようにします。Chun氏は「当社のプラットフォームを使用すると、オンプレミスまたはクラウドで導入されているかに関係なく、お客様はデジタル資産にほぼ瞬時にアクセスできるようになります。これは、コールド・ストレージ・オプションで得られる24時間以上のリードタイムよりもはるかに高速です」と言います。

DACSは、IBM LinuxONEとIBM暗号カードを基盤としており、デジタル資産にエンドツーエンドのセキュリティーを提供することでプラットフォームを差別化しています。秘密鍵は、転送中および保存中に暗号化され、盗難や侵害から保護されます。

「DACSにとって、IBM LinuxONEが提供するオンプレミスの全方位型暗号化機能は、当社製品の最も安全なプラットフォームとしてIBMを選択する際の重要な差別化要因でした」とChun氏はコメントしています。「デジタル資産市場では、資産の保護に失敗すると存続リスクが生じます。やり方を間違えると破産する可能性があります。当社はIBM LinuxONEプラットフォームのエンタープライズ機能を使用して、内部および外部の両方の単一障害点が軽減されるシステムを開発しました。IBM LinuxONE上のDACSソリューションは、自分自身を含めて誰も信頼しないように設計されています」

DACSはその新しいプラットフォームで市場を席巻しようとしています。IBMの支援を受けて、このスタートアップ企業は開発期間を短縮し、競合他社に先駆けて成長機会を獲得しました。

Chun氏はこのように結論づけています。「暗号通貨の保管、取引所、サービス型ブロックチェーンの採用が増えるにつれて、当社の潜在的な市場は拡大する一方です。当社はIBMと提携して、DACSプラットフォームを迅速に市場に投入し、世界中の両方の組織に全く新しい価値提案をもたらします」

DACS/LinuxONEロゴ
デジタル資産保管サービス(DACS)

Digital Asset Custody Services(DACS)は、デジタル資産管理ソリューション・プロバイダーです。複数の資産シサンクラスを保護するための最高レベルの認定セキュリティーと、最高のライフサイクル管理サービスを兼ね備えています。

次のステップ

IBM LinuxONEソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、Webサイト( ibm.com/linuxone)にアクセスしてください。

PDFファイルを表示する 詳細はこちら
お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2019.IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2017年6月、米国製作

IBM、IBM LOGO、ibm.com、およびLinuxOneは、世界の多くの国で法的に登録された、International Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

Linuxは、米国、その他の国、またはその両方におけるLinus Torvaldsの登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。

適切なセキュリティ実践に関する声明:ITシステムのセキュリティには、企業内外からの不適切なアクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざんや、破壊、悪用、誤用、または他者への攻撃への使用を含む、システムの損傷または誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で絶対に効果のある、製品や、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。

IBMの将来の方向性と意図に関する記述は目標や目的を表すものに過ぎず、予告なしに変更または撤回されることがあります。