デジタル政府を簡単に
統合サービスで市民の満足度を高めるDigital Ajman
日中の上から見たアジュマーン市のコストライン

物事を簡単にすることほど難しいタスクはないかもしれません。

アジュマーン市の行政について考えてみましょう。アラブ首長国連邦(UAE)の中で最も小さく、最も行動力のある首長国の一つであるアジュマーンは、2017年に市民生活の快適化を目的とした新しい部門であるDigital Ajmanを設立、デジタル変革への取り組みを開始しました。その目標を達成するためには、Digital Ajmanは地方、連邦、民間団体が絡む非常に複雑な統合に取り組む必要がありました。情報はサイロ化されており、テクノロジーは多岐にわたりました。それは簡単とは真逆の状態でした。

Digital Ajmanは変革のために、IBM Cloud Pak for Integrationソリューションを選択しました。IBM API ConnectIBM App Connect Enterprise製品などが含まれています。

コストの削減:


簡素化されたプロセスにより200万ディルハムを節約

ペーパーレス化への取り組み


新しいペーパーレス・アプローチにより毎年200本以上の木を節約

ペーパーレス化、機能の再構築、レガシー・システムとの統合など、このプロジェクトではすべてのシナリオをカバーしました。取り組みはまだまだ続きます。 Digital Ajman Frameworkのプロジェクト・マネージャー デジタル・アジュマーン
生活を快適に

Digital Ajmanは、アジュマーン市とアラブ首長国連邦の12のプロジェクトの主要アクターとしての役割を果たしています。現在までに、このソリューションを利用して160の統合ポイントを完成させ、アジュマーン市民の生活を簡素化する方法で地方、連邦、民間機関を結びつけてきました。特に3つの統合で、IBMソリューションの技術的能力が実証されています。

まず、アジュマーン財務局によって開発されたAjman Payは、首長国のすべての地方自治体および半官半民団体と統合されており、市民が料金やサービスの支払いを簡単にできるようにする支払いゲートウェイです。Digital Ajmanは、IBM App Connect Enterpriseソフトウェアを使用して、すべての関連パートナー間の統合フレームワークを開発しました。

以前であれば、このようなプロジェクトを実施するには、アジュマーン財務局が各組織を訪ね、その能力をチェックし、ポイント・トゥ・ポイントを統合する必要がありました。レガシー・システムを持つ団体もあり、多くの問題を引き起こす可能性もありました。IBMのソリューションを使用することで、Digital Ajmanは、すべての関連パートナーをAjman Payに統合し、決済と照合用に専用のローカル銀行に接続することができました。

2番目の注目すべき統合は、Digital Ajmanの最も著名かつ先進的なプロジェクトの1つである「Bait Amer」サービス・バンドルです。この統合により、アジュマーン市の都市計画、下水道、電気通信、電気、水道部門などが連携することにより、新しい住宅の申請と建設のプロセスが簡素化されます。これまで、新しい家を建てて引っ越しするには、政府機関との17のタッチポイントが必要でした。今ではBait Amerのおかげで、わずか5つにまで減りました。

3つ目の統合では、Digital Ajman はUAE政府のアクセラレーター・プロジェクト「Bashr」に主要関係者として関わりました。これは、投資家が政府機関を訪問することなく、電子的にUAEに会社を設立できるようにする統合電子サービスです。この手続きは、地方政府および連邦政府の関連部門、およびUAEでの経済活動の認可に関係するさまざまな団体で統合された電子プラットフォームを通じて、わずか15分で行うことができます。多くの統合はすでに完了していますが、さらに多くの統合が今後予定されています。

Digital Ajmanは、これらのプロジェクト中に収集した情報を活用して、積極的かつ革新的な新しい行政サービスの開発を予定しています。

財務面および環境面での利点

こうした新しい統合は、Digital Ajmanが市民の生活を快適にするという主要目的の達成に役立ったことは間違いありません。新サービスは非常に人気があり、このプラットフォームのトランザクション数はすでに100万件に近づいています。

しかし、プロジェクトが達成したのはそれだけではありません。開始以来、さまざまな関連団体とそのデータソース間の統合をサポートする集中統合ハブを作成することにより、約200万ディルハムの節約を実現しました。

このソリューションにより、行政サービスに必要な事務手続きの量も大幅に削減されました。実際、Digital Ajmanによる計算ではこのソリューションによってすでに150本近くの木が節約されており、今後は年間200本以上の木が節約されるとの予想です。

Digital Ajman Frameworkのプロジェクト・マネージャーは、この取り組みを次のように説明しています。「ペーパーレス化、機能の再構築、レガシー・システムとの統合など、このプロジェクトではすべてのシナリオをカバーしました。取り組みはまだまだ続きます」

アジュマーンのロゴ
Digital Ajmanについて

Digital Ajman(リンクはibm.com外にあります)は、アラブ首長国連邦で最も小さいアジュマーン市で、市民にスマートな行政サービスを提供するデジタル・チャンネルを開発するために2017年に設立されました。いつでも、どこでも、高品質で即応性があり、統合された革新的な行政サービスを市民に提供できるよう取り組んでいます。Digital Ajmanはアジュマーン市に本部を置いています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ IBM ブログ

統合を解明する:次世代デジタル統合プラットフォームの構築

ブログを読む
Tabadul社

迅速、柔軟で、成長に向けて羽ばたく

詳細はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2020.IBM Corporation、IBM Hybrid Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2022年11月、米国で作成

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM API Connect、および DataPower は、International Business Machines Corp. の商標であり、世界中の多くの国や地域で登録されています。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、Web上の「著作権および商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。