BlueBee社
クラウドを活用したゲノミクスデータ分析用プラットフォームで臨床結果を迅速化
ライフサイエンスのシンボルが描かれた抽象的な背景とDNA鎖

BlueBee社は、IBM Cloudホスティング・ソリューションとIBM Asperaソフトウェアを使用して、研究室やゲノム・サービス・プロバイダーのゲノミクスデータ処理を最大133.9%高速化する強力な製品を提供しています。

ビジネス課題:

BlueBee社は、研究室やサービス・プロバイダーがゲノミクスデータを迅速に処理できるように設計されたプラットフォームを構想し、製品の市場投入を支援してくれる信頼できるクラウド・プロバイダーを探していました。

変換

BlueBee社は、顧客データ転送を加速するIBM® Aspera®ソフトウェアと、スケーラブルなストレージ容量を実現するIBM Cloud Object Storageテクノロジーを組み込んだ、強力な IBM Cloud®ホスティング・ソリューションを選択しました。

結果 データ処理を最大133.9%高速化
ゲノミクスデータ分析を行う組織では、データ処理が最大133.9%高速化します
顧客の要件を満たす
カスタマイズされたソリューションを提供するための柔軟なインフラストラクチャー・オプションで顧客の要件を満たします
グルーバル展開をサポート
世界中に存在するデータセンターと、簡単で透明性のある管理機能で、グローバル展開をサポートします
ビジネス上の課題の詳細
ゲノミクスデータの課題への取り組み

ゲノミクス産業の臨床検査室、研究センター、サービス・プロバイダーにとって、DNA配列決定技術の最近の進歩により、新たな課題が生じています。「市場における次の大きなボトルネックは、もはやDNA配列そのものではなく、データ分析の実行です」とBlueBee社の販売およびマーケティング責任者であるMichelle Garred氏は述べています。

BlueBee社は、増え続ける遺伝データを迅速かつコスト効率よく処理できるソリューションを構想し、信頼できるクラウド・サービス・プロバイダーと提携する必要がありました。同社は、グローバルな配信をサポートするために、柔軟なインフラストラクチャー・オプション、堅固なセキュリティー機能、世界中でデータセンターを展開するためのクラウド・ホスティング・プラットフォームを求めていました。「規制上の理由から、ゲノム情報は多くの場合、特定の地域または国内に保管しなければなりません」とGarred氏は言います。「顧客が選択したローカル領域内にゲノムデータを保存できる必要があります。」

IBM Cloudを使用すると、目の前のタスクに正確に適合するシステムを設計できます Kurt Florus Chief Technical Officer BlueBee
概要と経緯の詳細
IBMと提携して強力なクラウドホスティングを実現

BlueBee社は、プラットフォームのパフォーマンス、世界展開するデータセンターの存在、および柔軟性に基づいて IBM Cloudソリューションを選択しました。「主な差別化要因は、必要なものを定義するためのきめ細かい機能を備えたベアメタル・サーバーが利用できることです」と、同社の最高技術責任者Kurt Florus氏は述べています。「IBM Cloudを使用すると、目の前のタスクに対して適切なシステムを設計できます。」

BlueBee社は、ヨーロッパと米国のIBM Cloudデータセンターでホストされているベアメタル・サーバー・インフラストラクチャー上でゲノミクスデータ処理を行う強力なプラットフォームを発表しました。特許取得済みのIBM Aspera Fast、Adaptive、Secure Protocol(FASP®)を使用するIBM Asperaソフトウェア・スイートをソリューションに統合し、顧客のデータ転送を高速化するとともに、IBM Cloud Object Storageテクノロジーにより、事実上無制限のデータ・ストレージ容量を提供しています。

成果の詳細
データ処理を高速化し、迅速に結果を得る

BlueBee社はヨーロッパと北米の顧客にサービスを提供し、臨床機関や研究機関が診断やその他の重要な結果を迅速かつコスト効率よく提供できるよう支援しています。同社のクラウドを活用したプラットフォームは、従来の業界インフラストラクチャーと比較して、データ転送時間を75%短縮し、データ処理を最大133.9%高速化すると報告されています。

BlueBee社は、IBMクラウド・インフラストラクチャーを基盤としているため、必要に応じてソリューションの提供を調整することができます。「データ分析を可能な限り迅速に行う必要があるお客様もいれば、競争力のある価格設定に重点を置いているお客様もいます」とGarred氏は言います。「IBM Cloudは、お客様の要件に合わせたサービスを提供するための選択肢と柔軟性を与えてくれます。」

また、世界中で利用できるIBM Cloudデータセンターにより、BlueBee社は顧客が迅速かつ容易に事業を拡大できるようサポートしています。「お客様が地理的に分散して展開したい場合、規制が国によって異なる場合でも、実際にはボタンをクリックするだけです」とFlorus氏は言います。「世界規模で事業を展開している場合でも、すべて単一のウィンドウで表示することができます。」

Bluebee_logo
BlueBee社

オランダのレイスウェイクに本社を置くBlueBee社(ibm.com外部へのリンク)は、組織がデータ分析を加速し、コストを削減し、結果をより迅速に提供できるように設計されたクラウドベースのゲノミクスソリューションを提供しています。デルフト工科大学とインペリアル・カレッジ・ロンドンの専門家が2011年に会社を設立し、研究および臨床研究室向けに独自のゲノム分析サービスを提供しています。

次のステップ

IBM Cloudソリューションの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせください。

他の事例を見る 詳細はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2017IBM Cloud, Route 100, Somers, NY 10589

米国で製作、2017年2月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、AsperaおよびFASPは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中各地の管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。