BASE Media Cloud社
安全で復元力のあるデータ・リポジトリーを提供し、ブロードキャスト・コンテンツの配信を高速化
宙に手を挙げたコンサートでの群衆の背面図

BASE Media Cloud社は、IBM Cloud、IBM Aspera、IBM Cloud Object Storageの技術を利用して、グローバルなメディア配信ポータルと一元化されたストレージ・ハブを強化しています。

ビジネス上の課題の詳細

BASE Media Cloud(ibm.com外部へのリンク)は、スポーツ放送配信企業向けに、使いやすくコスト効率の高いファイル・ストレージおよび配信サービスの開発を請け負っています。そのプラットフォームは、データ・セキュリティー、弾力性、冗長性の要件を満たし、1つの特注ソリューションにさまざまな機能を含める必要がありました。

変換概要と経緯

BASEのチームは、IBM Cloud PlatformIBM Aspera on CloudIBM Cloud Object Storageを使用してグローバルなメディア配信ポータルを強化し、世界中のLCTVの制作パートナーに一元型ストレージ・ハブを提供しました。

結果 プロセスを一元化
このソリューションは、すべての制作サプライヤーが安全な方法でコンテンツを送信できる単一のストレージ・ハブと、LCTV営業チーム向けのアウトバウンド配信ポータルを提供します。
効率性の向上
LCTVのスタッフは、Web ブラウザーに簡単にログインして、以前は完了までに数日かかっていたグローバルなコンテンツ配信を簡単に実行できるようになりました。
コストの削減:
このソリューションにより、データの物理的なコピーや、宅配業者に依頼し、コストをかけてハード・ディスクを世界中に発送する必要がなくなります。
ビジネス上の課題の詳細
高速で安全なグローバルのコンテンツ配信

BASE Media Cloud社は、スポーツ放送配信会社LCTVから、技術的な専門知識やメンテナンス・サポートの必要性が最小限ですむ、使いやすいウェブ・ベースのファイル・ストレージおよび配信サービスの低コストでの提供を打診されました。LCTVはこれまでに、英国や米国のさまざまな従来型メディア企業と協力してきました。いずれの場合も、デジタル・テープやファイル・ベースのマスターなど、さまざまなコンテンツ配信方法が使用されていました。しかし、作業は主に手動で行われ、自動化は最小限に抑えられていたため、コストと時間がかかっていました。さらに、作業に従来型の設備を利用したため、LCTVチームは自分たちのデータに直接アクセスしたり所有権を持ったりすることができず、これが負担となり、効率に影響を及ぼしていました。

LCTVは、BASE Media Cloud社が完全に管理するセルフサービスのクラウド・ソリューションを求めていました。そうすることで、LCTVチームは、より効率的かつ低コストで、スポーツ放送コンテンツの販売と配信というコア・ビジネスに集中することができます。主な技術要件には、データ・セキュリティー、レジリエンシー、即時にアクセスできるバックアップ、アーカイブ、ファイル共有機能による冗長性がありました。また、簡単なファイル・チェック、自動トランスコーディング、自動通知サービスなどの追加機能を、LCTV用の1つのオーダーメイド・ソリューションに統合する必要がありました。

 

LCTVは、Base Media Cloud社およびIBMとの提携に満足しています。協力してすべての番組に対してファイル・タイプを統一し、世界中の100のTVネットワークなどに毎年数百時間のコンテンツを配信しています Laura Cotterill Founder and Managing Director LCTV
トランスフォーメーション・ストーリー
強力な、クラウドを活用したのファイル転送とストレージ

IBMビジネス・パートナーであり、IBM Cloudプラットフォームの既存の大規模ユーザーであるBASE Media Cloud社のソリューション・チームは、LCTVのグローバル・メディア配信ポータルのバックボーンを構築するために、実績のあるIBM Aspera On Cloudファイル転送サービスに注目しました。英国の3つの異なるデータ・センターにわたるデータの消去コーディングが組み込まれたIBM Cloud Object Storageを基盤として使用することで、チームは、LCTVのデータ・セキュリティー、レジリエンシー、地理的冗長性をすぐに向上させることができました。

IBMが基礎となるストレージ・スタック、データ・センター、サポートの品質の責任を負い、BASE社のソリューション・エンジニアとカスタマー・サポート・チームが最先端のメディア・ワークフロー・ソリューションの開発、配備の管理、LCTVユーザーのトレーニングと導入といった専門的な作業に専念しました。IBM Cloud上にソリューションを構築することで、BASE Media Cloud社は立ち上げまでの時間を短縮し、クライアントのニーズに基づいて構成を迅速に変更できました。

現在導入されているソリューションでは、80を超えるグローバルなプロダクション・パートナーが、世界中のHD放送のマスター・ファイルをBASE Media Cloud社が所有する一元化されたストレージ・ハブにアップロードします。このコンテンツは自動的にチェックされ、ダウンストリーム配信用に準備されます。マスター・ファイルが承認され、配信準備が整った後は、LCTVの営業チームがブランド化されたメディア・ポータルに簡単にログインして、標準的なインターネット接続を介して世界中のブロードキャスト企業に、最高速度で資産を「クリックして送信」するだけでよいのです。

 

当社のシステムは、当社とエンド・ユーザーの両方を念頭に置いて設計されています。当社の配信チームは、必要なときに、簡単かつ安全で管理しやすいシステムでネットワークにプログラムを非常に正確に提供できます。
成果の詳細
プロセスの一元化、スピードの向上、コストの削減

LCTVは、ボタンをクリックするだけで、世界中のブロードキャスト企業に標準的なインターネット接続を介して承認済みの資産を送信することができるようになりました。LCTVのチームは、複雑な技術スタックの管理を行わずにすみ、スポーツ放送コンテンツの販売と配信の作業に集中することができるようになりました。

BASE Media Cloud社のソリューションによって、LCTVは世界中の何百もの購入者に放送メディアを配信する方法を再定義し、顧客の時間と費用を節約すると同時に、放送コンテンツの販売と配信のプロセスを高速化しました。データの保存においてIBMと提携することで、LCTVは自社のすべての素材にアクセスできるようになり、将来の収益化に備えて、アーカイブ素材の管理方法も改善されました。

さらに、Aspera on Cloudを活用したオンラインでのファイル転送サービスに移行することで、LCTVはコストをかけて宅配業者に依頼し、テープやハード・ディスクを世界中への発送する必要がなくなり、コスト削減をさらに進めることができています。

運用面では、遅くて時間のかかる手作業が最小限に抑えられています。BASE Media Cloud社が管理するクラウドネイティブ・サービスに切り替えて以来、LCTVはアップロードされたマスター・ファイルを、これまでの数日ではなく数分で処理し、LCTVブランドのポータルを通じて世界中の放送局に同時に配信できるようになりました。

Aspera on Cloud社とIBM Cloud Object Storageのシームレスな統合により、速度、俊敏性、セキュリティーも向上しました。コンテンツは数百の放送局に同時に素早く送信できます。また、新規顧客向けのサービスも数分で実装できます。その間、すべてのデータが送信中でも保管中でも暗号化され、最も安全な方法で確実に扱われます。

 

BASE Media Cloud社のロゴ
BASE Media Cloud社

2015年に設立されたBASE Media Cloud社は、革新的なマネージド・クラウド・サービス企業であり、Associated Media Publishing、COPA90、Formula E、ITV、Objective Media Groupなど、幅広い著名なメディア・ブランドに統合クラウド・ストレージやマルチクラウドSaaSソリューションを提供しています。

同社はメディア業界向けのクラウドおよびSaaSサービスの最前線を維持しており、年間数百テラバイトのコンテンツを数千のユーザーと共有および配信しています。既製のソリューションには、クラウド・ストレージ、バックアップ、ファイル転送、トランスコーディングなどのインフラストラクチャ・サービスに加え、メディア資産管理、リモート・ポストプロダクション、ビデオ・ストリーミング用の専用ワークフローが含まれます。BASE Media Cloud社は、顧客がコストを削減し、ワークフローの効率を向上させると同時に、複雑な社内インフラストラクチャーの管理の課題を解決するために取り組んでいます。

BASE Media Cloud社は当初からIBM Cloudと提携して、最先端のメディア・ワークフロー・ソリューションをホストおよび実行してきました。同社は、IBM Aspera On Cloud、Cloud Object Storage、Cloud Infrastructure-as-a-Service(IaaS)を利用することで、グローバルなファイル配布プラットフォームや、超高セキュリティーで即時アクセス可能なバックアップ、アーカイブ、ファイル共有ソリューションをさまざまな顧客に提供しています。

BASE Media Cloud社は、フォーミュラEでのグローバル・メディア・ファイル配信プラットフォームの展開で、2016 IABMデザイン&イノベーション賞をIBM Asperaと連名で受賞するなど、発売以来、数多くの業界の賞で認められています。

次のステップ

IBM Asperaソリューションの詳細については、https://www.ibm.com/jp-ja/products/asperaをご覧ください。

PDFで表示する 他の事例を見る
法務

© Copyright IBM Corporation 2019. IBM Corporation、Software Group(または該当ディビジョン、またはディビジョンなし)Route 100, Somers, NY 10589

2019年6月、米国で制作

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud、およびAsperaはInternational Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、Webサイトibm.com/trademarkの「著作権および商標(Copyright and trademark information)」で閲覧可能です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

適切なセキュリティ実践に関する声明:ITシステムのセキュリティには、企業内外からの不適切なアクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざんや、破壊、悪用、誤用、または他者への攻撃への使用を含む、システムの損傷または誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で絶対に効果のある、製品や、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。