ホーム お客様事例 Israeli Ministry of Health イスラエル保健省、新型コロナウイルス感染症のパンデミックへの対応を加速
IBMとABP社と連携し、900万人に及ぶ国民のワクチン接種状況を迅速に把握し、地域内感染の撲滅に役立てる
Medical scientists using microscope in laboratory

イスラエル保健省は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大でイスラエル国内を適切に管理できるよう、900万人以上の国民のワクチン接種状況を把握することを目指しました。信頼できるIBMのビジネス・パートナーであるAgile Business Process(ABP)社の力を借りて、同省はIBM® Operational Decision Managerを導入しました。

有効な対新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの開発を受けて、イスラエルでは、国民のワクチン接種を急いでいます。並行して、同国はウイルスの感染を遅らせ、その後の感染の波を防ぐために社会的距離を徹底する措置を採用しました。

国内の感染リスクを減らすため、イスラエルはCOVID-19ワクチン接種パスを導入しました。このパスは、ワクチン接種済みで陰性の検査を受けた国民のみに発給され、このパスを携帯する国民は、感染のリスクが比較的高いショッピングモール、バー、レストランなどの公共スペースに入ることを許可されます。

イスラエル保健省のプロジェクトマネージャー、Miri Altshuler氏は次のように説明しています。「国家規模で新型コロナウイルス感染症パスを実施するには、まず全人口(約900万人)のワクチン接種状況を把握することが欠かせません。しかし、これを実現するには複雑な技術的課題がありました。私たちは、複数のデータソース・システムからの公衆衛生データを迅速かつ大規模に照合、分析する方法を必要としていました」。

ABP社と連携することにより、IBM Operational Decision Managerの意思決定エンジンを使用して、ワクチン接種が完了し、感染状況から回復し、あるいは検査陰性となった国民に証明書を迅速に発給できることがわかりました。 Miri Altshuler氏 Project Manager Israeli Ministry of Health
迅速なデータ・インサイトのためのプラットフォームの構築

同省は、IBM ビジネス・パートナーであるABP社と連携し、IBM® Cloud Pak for Business Automationに含まれる IBM Operational Decision Managerには、何百万人もの国民のコロナ感染状況に関するデータの管理に役立つ技術的機能が備わっていることをすぐに実感しました。

「私たちはABP社と協力して一連の概念実証シナリオを実行し、データを活用して意思決定を自動化することで、作業を加速化する方法を突き止めました」とAltshuler氏は言います。「ABP社と連携することにより、IBM Operational Decision Managerの意思決定エンジンを使用して、ワクチン接種が完了し、感染状況から回復し、あるいは検査陰性となった国民に証明書を迅速に発給できることがわかりました」。

同省はABP社と緊密に連携して新しいソリューションを導入し、イスラエル入国管理局、医療提供者、ワクチン接種センターなど複数のデータソースを統合させました。

Altshuler氏は次のように回想します。「ABP社には、IBM Operational Decision Managerの導入に豊富な実績がありました。また、必要なときにいつでも現地でサポートを受けられることで、非常に助かりました」。

ABP社と力を合わせることで、同省は最初のデジタル製品、つまり全人口のワクチン接種状況を判断するための自動化ルール・セットの導入に成功しました。このプロジェクトが成功したことにより、同省はIBMソリューションの使用範囲を大幅に拡大し、新型コロナウイルス感染症およびそれ以降の追加のユースケースに役立てました。

「パンデミック後期では、私たちは新型コロナウイルス感染症の変異種の出現を注意深く監視し始めました」とAltshuler氏は当時の状況を思い返します。「ウイルスの進化を効果的に追跡するには、ゲノム配列決定に送る最適な新型コロナウイルス感染症検査サンプルを決定することがなによりも重要でした。ABP社と連携し、IBM Operational Decision Managerで一連のルールを迅速に構築し、毎日ゲノム配列分析のために送信するサンプルに自動的に優先順位を付けることは、ウイルスの新しい亜種や変異を追跡するのに役立ちました。」

さらに、同省はIBM Operational Decision Managerを使用してポリオワクチン接種状況を計算し、関連する人口を追跡して、ポリオワクチン接種キャンペーンを管理しています。

30分

ビジネスルールを30分以内に変更できるため、利害関係者の要件に迅速に対応できます

ABP社には、IBM Operational Decision Managerの導入に豊富な実績がありました。また、必要なときにいつでも現地でサポートを受けられることで、非常に助かりました」。 Miri Altshuler氏 Project Manager Israeli Ministry of Health
迅速に対応して、公衆衛生上のリスクを軽減します

同省は将来に向けて、将来のパンデミックやその他の公衆衛生上の緊急事態に対する国の備えを強化する効果的なデジタル機能を構築していると確信しています。

「ABP社はコロナ禍で、保健省をしっかりとサポートしてくれました。おかげで、新型コロナウイルス感染症への対応の有効性を大幅に向上させることができました」とAltshuler氏は結論づけています。「私たちはこれからもABP社と協力してトレーニングと知識の共有を行い、IBM Operational Decision Managerに関するスキルを向上させ、新しいデジタル製品を省内で開発できるようにする予定です」。

イスラエル保健省について

イスラエル保健省は国民の健康の確保に責任を負い、保健・医療サービスに関する政策を決定し、保健制度サービスの計画、監督・管理、認可、調整を担当しています。

Agile Business Processについて

Agile Business Process(ABP)社は、カスタマイズされた自動化ソリューションの開発に特化したビジネス・プロセス管理会社です。英国ロンドンに本社を置くABP社は、ビジネス・プロセス管理(BPM)やロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を含む、幅広いプロセス管理手法とテクノロジーに関する深い専門知識を持っています。

次のステップ
Spendrups は IBM Maximo を使用して醸造を効率化します

高品質の製品を効率的かつ一貫して顧客に届けることを保証する

フルストーリー
サステナブルなeコマース革命の促進

Turnr社がお客様間の返品とワンクリック交換のパイオニアに

フルストーリー
コールセンターのコンプライアンスを確保してリスクを軽減

ExpertSource、IBM Watsonを活用したCXReviewによりカスタマーエクスペリエンス、エージェントの生産性、コンプライアンスを向上

フルストーリー
脚注

© Copyright IBM Corporation 2023.IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

米国製作、2023年1月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud Pakは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corp.の商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade.shtmlの「著作権および商標情報」で確認できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。