マルウェア

2020-02-20

ランサムウェアの検知から防止へのシフト

想像してみてください。あなたは、ここ1カ月休むことなく、大親友の結婚披露宴で使うビデオ・メッセージを作ってきま […]

さらに読む

2020-02-07

ワイパー型マルウェア ZeroCleareが中東のエネルギー産業を標的に

中東のエネルギー産業を標的にした破壊的マルウェア攻撃 世界的なセキュリティー研究開発機関であるIBM X-Fo […]

さらに読む

2020-02-01

IBM Security Summit 2019 アーカイブ(講演動画・講演レポート)

IBM Securityの各種資料のダウンロードや動画視聴の際には、IBM IDの入力が求められることがありま […]

さらに読む

2020-01-14

2019年のサイバーセキュリティーのトレンドから学ぶ重要ポイント

サイバーセキュリティーの脅威は変わりやすく、その変化は前兆もなく突然もたらされます。2019年における、データ […]

さらに読む

2019-12-26

マルウェアEmotet (エモテット) への感染を目的としたメールの検知状況 【年末・年始期間の不正メールにご注意ください】

2019年11月末に一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター (JPCERT/CC) から注意喚 […]

さらに読む

2019-12-20

TrickBot (トリックボット)、年末年始を目前に日本への感染活動を拡大

世界的なセキュリティー研究開発機関であるIBM X-Force のデータによると、最も活発な金融系トロイの木馬 […]

さらに読む

2019-12-11

「CODE BLUE 2019」参加レポート

  はじめに こんにちは。IBM Tokyo SOCの高木です。日々の業務では主にセキュリティー機器 […]

さらに読む

2019-11-18

金融マルウェア「Ramnit」、日本のオンライン・ショッピング利用者を標的に

世界最大規模のセキュリティー・エキスパート集団 「IBM X-Force」 のリサーチ・チームは、サイバー犯罪 […]

さらに読む

2019-10-03

激増する破壊的マルウェア攻撃

国家の支援を受けた攻撃者から一般的なサイバー犯罪者に至るまで、増大する破壊的マルウェア攻撃 この数年間、破壊的 […]

さらに読む

2019-09-20

ポーランド語とドイツ語ユーザーを標的にした「Emotet (エモテット)」のマルウェア攻撃が拡大

  Emotetボットネットを操る攻撃者が、ポーランド語とドイツ語のユーザーを標的としたマルウェアに […]

さらに読む

2017-08-09

Google Play ストアに20を超えるモバイル・マルウェア「BankBot」感染アプリが新たに侵入

フラッシュライト・アプリ? 偽造ビデオ? あるいは偽造ゲーム・アプリでしょうか? それらのいずれもが悪意のある […]

さらに読む

2016-09-26

URLZoneの仮想環境検知機能を突破する:WinDBGでの解析

URLZone(別名:BeblohまたはShiotob)は、金融機関を標的とする高度なマルウェアで、2009年 […]

さらに読む

2016-07-21

GootKit:検知機能を回避し、絶え間なく進化するマルウェア

2014年夏に発見されたGootKitは、アンダーグラウンド・フォーラムで販売されているものではなく、特定の閉 […]

さらに読む

2016-03-01

Android を狙うマルウェア拡大の兆し : GM Bot のソース・コードが流出

セキュリティー脅威に関するインテリジェンスを提供する IBM X-Force は、2015 年 12 月に A […]

さらに読む

2016-02-04

日本で増加する組織的サイバー犯罪 – URLZone の登場

組織的サイバー犯罪組織が日本の銀行に対して高度なオンライン・バンキングを標的にするトロイの木馬「Shifu」に […]

さらに読む

2016-01-19

邦銀を狙う攻撃的マルウェア、Rovnix

IBM X-Force の研究者は、インターネット・バンキングを標的にするトロイの木馬型マルウェア Rovni […]

さらに読む

2015-09-30

一夜にして本格的な金融マルウェアに大変身したCoreBot

つい先月、セキュリティー・インテリジェンスは、CoreBotという新型のトロイの木馬について警告し、その中でC […]

さらに読む

2015-01-20

金融を狙う不正送金マルウェアは銀行を破綻させるか

金融機関は時として高度に仕掛けられる攻撃に対して脆弱な存在です。おおっぴらにそのことを認める金融機関はほとんど […]

さらに読む