T
THINK Business

もはや「食わず嫌い」では通用しない!事業別ブロックチェーンの調理法

post_thumb

永続的で透明性の高い取引履歴を作成、分散管理することで、あらゆる業界でビジネスプロセスを最適化することが期待される「ブロックチェーン」。2017年に入り、金融分野以外でもさまざまな業種、業界で導入事例が見られるようになってきた。しかし、その詳細は、多くの人が理解していないという現状もある。そこで、ブロックチェーンにはどんな特性があり、企業にとってどんなメリットがあるか、また、ブロックチェーンの商用利用に向けたプロジェクト成功のポイントはどこにあるのか、日本IBMの高木隆と早川勝に話を聞いた。

高木 隆(写真右)
日本アイ・ビー・エム株式会社

グローバル・ビジネス・サービス事業本部 コグニティブ・プロセス・トランスフォーメーション ブロックチェーン コンサルティング アソシエイト・パートナー

 

早川 勝(写真左)
日本アイ・ビー・エム株式会社

グローバル・ビジネス・サービス事業本部 グローバル・バンキング・サービス事業部 金融第一サービス部 シニア・アーキテクト

 

取引の「スピードは上がり、コストとリスクは下がる」のがブロックチェーンの特長

──お二人は、ブロックチェーンを活用したビジネスモデルの定義、それをシステムとして実装するプロジェクトをリードする立場です。ご自身の役割と、昨今のブロックチェーンの動向についてお聞かせください。

高木 ブロックチェーンコンサルタントとして、ブロックチェーンを活用したビジネスモデル定義を支援しています。ブロックチェーンの活用はもともと金融分野での取り組みから始まりましたが、2016年後半から金融以外での取り組みも増えてきました。

例えば、グローバルトレード(国際貿易)やサプライチェーンのように、ステークホルダーが多岐に渡り、またヒト・モノ・カネ・情報のやりとりが煩雑な領域では、これまでの技術では実現が困難だった業種横断のプロセス最適化に向けた取り組みが始まっています。

高木隆氏

早川 デリバリー部門のテクニカルリーダー、リードアーキテクトという立場からお客様のプロジェクト全体をリードしています。コンサルタントと協業し、策定したビジネスモデルからアーキテクチャの設計、実際の開発をリードするだけでなく、その経験を踏まえてナレッジを汎用化、社内外に向けて展開する役割も務めています。

技術的には、ピア・ツー・ピア(P2P)だけで仮想通貨の取引を実現した「ビットコイン」の要素技術を汎用化したのが、ブロックチェーンだと位置づけられます。

価値を持ったモノやデータなどを「どこからどこに送ったか」という取引履歴が記録された台帳を、従来のクライアント・サーバー方式による「中央集権型」ではなく、P2Pによってネットワークに参加するコンピューターで分散管理します。連鎖する取引データをネットワークの参加者が相互に管理、監視することで、信頼性を担保する仕組みです。

例えば、ダイヤモンドの取引にブロックチェーンを活用し、その原産から消費者にわたるまでの全てのトレーサビリティー(※)を可視化している会社もあります。また、米国のあるスーパーマーケットチェーンでは、生産者から加工業者、販売店の商品棚にわたるまでのプロセスをブロックチェーン上で管理し、食品管理の安全性向上とコスト削減を図ることを目指しています。

※物品の流通経路を、生産段階から最終消費段階あるいは廃棄段階まで追跡が可能かどうかを示す言葉。

早川勝氏

──では、ブロックチェーンがもたらすビジネスへの効果とは?

高木 ブロックチェーンを活用することで取引の信頼性が高まります。これまでのシステムは管理者によるミスや不正を完全に防ぐのは困難でしたが、ブロックチェーンの場合、コンセンサス(相互検証)の仕組みにより…………

続きは下記よりご覧ください。

IBM Alert Notification
スタッフがすべての重大な IT アラートの通知を受け取ることができます
無料評価版はこちら