ソーシングとは
IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suiteはこちら IBM Food Trustの電子ブックにアクセスする
複雑な自然システムを表す図

公開日:2023年12月1日
寄稿者:Alexandra Jonker

ソーシングとは

ソーシングとは、商品やサービスを提供するサプライヤーを特定、評価、選択するプロセスです。戦術的に、また戦略的にソーシングが行われると、組織の商品やサービスのコスト、品質、可用性に大きなインパクトを与える可能性があります。

ソーシングとは、サプライチェーン・マネジメント初期ステップの1つであり、商品やサービスの生産フロー全体に関わります。組織はソーシング・プロセスを採用して、製品を移動させるサプライヤーのネットワーク(チェーン内の「リンク」)を作成します。

「調達」と同じ意味で使用されることが多いソーシングですが、調達部門内の個別のサプライチェーン・プロセスです。調達専門家は、外部ソースから商品やサービスを取得するエンドツーエンドのプロセス全体を担当します。これには、ニーズの特定、契約交渉、発注書の発行、購買請求、パフォーマンス管理などの活動が含まれます。

ソーシングをサプライチェーンを構築する主体(サプライヤー自体)として考え、調達をサプライチェーン内で扱う物(商品とサービス)として考えると違いがよく理解できるでしょう。相互に関連しているため、ソーシング戦略と調達戦略は通常、類似の目標とメトリクスを共有します。

IBM Food Trust
ソーシングの種類

サプライチェーンを管轄する行政によると、ソーシングには数十種類あるとされていますが、最も一般的なものは次のとおりです。

アウトソーシング

アウトソーシング 通常自社内で提供される商品やサービスを、国内または海外の第三者サプライヤーを使用して実行することです。

インソーシング

インソーシングとは、社内のリソースを活用してサプライチェーン活動を行うことです。これはアウトソーシングの対義語で、多くの場合コスト削減戦略です。

ニアソーシング

ニアソーシングはニアショアリングとも呼ばれ、 調達活動を商品やサービスが販売される場所の近くに移動することを指します。これにより、輸送コストと配送リードタイムを削減することができます。

シングルソーシング

シングルソーシング すべての材料、商品、サービスに対して1つのサプライヤーのみを選択することです。これにより、独自の素材を使用した製品の独占性が生まれ、契約交渉やサプライヤーの選択に費やす時間を削減できます。

グローバルソーシング

グローバルソーシングとは、 国際市場のサプライヤーから商品やサービスを調達することです。これにより、企業は低コストの材料や、自社の地域では利用できない可能性のある技能にアクセスできるようになります。

ジョイント・ベンチャー

ジョイント・ベンチャーは、 リソースと強みを共有するための複数の組織間のパートナーシップを指します。これにより、サプライヤーとの交渉力が高まるだけでなく、サプライチェーンのリスクも制限されます。

戦略的ソーシングとは

最も単純な形としては、ソーシングは最高の価値を追求する取引プロセスです。多くの場合、最高の価値とは最低価格で商品やサービスを提供するサプライヤーによって提供されるものを意味します。一方、戦略的ソーシングでは、潜在的なサプライヤーを評価する際に、企業のニーズと長期目標が考慮されます。実際、戦略的ソーシングでは、組織は調達活動からのデータを活用して、全体像を反映したソーシング戦略を策定することがよくあります。

戦略的なソーシングの考え方では、最低価格のサプライヤーが常に最良の選択肢であるとは限りません。むしろ、ソーシングチームは品質、評判、サービスなどの要素も考慮するでしょう。また、優先サプライヤーとの長期的なパートナーシップがサプライチェーン全体をどのように強化および合理化し、持続可能性の目標を前進させ、コスト削減を最大化できるかといった点も考慮に入れる可能性があります。

戦術的ソーシングは戦略的ソーシングと似ていますが、長期的な目標ではなく、短期的な目標とそれほど複雑ではない当面のニーズに焦点を当てています。戦略的ソーシングは、ソーシング活動の継続的な評価と調整を伴う継続的なプロセスです。たとえば、インフルエンザの季節にクリーニング用品のサプライヤーを選ぶのは戦術的な調達ですが、中核となる製品ラインの重要なコンポーネントのサプライヤーを選ぶのは戦略的ソーシングです。

関連ソリューション

IBM Supply Chain Control Tower

IBM Sterlingによる透明性の高い供給

IBM MRO Inventory Optimization

戦略的ソーシングのメリットとは

戦略的なソーシングによって、組織は競争上の優位性を獲得しながら、顧客に高品質の製品とサービスを最良の価格で提供することができます。

コスト管理

時間をかけて慎重かつ戦略的にサプライヤーを選択することで、組織は多くの場合、一括価格設定や手数料の削減など、より有利な価格設定や支払い条件で長期契約を交渉できるようになります。製品やサービスの価格が下がると、顧客の購入価格も下がるので、企業の競争力が維持されます。

お客様の満足度

徹底的に調査された一流のサプライヤーから調達することで、より高品質の商品やサービスが得られます。より良い原材料は、機能が良く、長持ちする優れた高価値の製品を生み出します。こうして組織は顧客の期待に応え、ロイヤルティを高め、ブランドの評判を向上させることができます。

リスク管理

高品質のサプライヤーの広範なエコシステムをバランスよく利用することで、リスクが軽減されます。サプライヤーのポートフォリオを多様化することで、政情不安から悪天候などのさまざまな理由が原因のプライチェーンの混乱による遅延、キャンセル、価格変動を企業は回避できます。

持続可能性の向上

組織は各サプライヤーを徹底的に調査して、サプライヤーの持続可能性への取り組みが自社の取り組みと一致していることを確認できます。これは、企業自身の持続可能性目標を前進させ、サプライチェーン全体の環境への影響を軽減するのに役立ちます。

責任あるソーシングとは

責任あるソーシングは、社会的、経済的、環境における、すべてのソーシング活動とサプライヤーによる影響を考慮します。これは「トリプル・ボトムライン」という概念の中核をなすもので、ビジネスの成果は財務的なボトムラインだけでは測れないことを示唆しています。むしろ、人と地球の幸福も考慮する必要があるのです。責任あるソーシングを実践する組織は、炭素排出から労働者の権利に至るまで、製品ライフサイクル全体で起こることに責任を負います。責任あるソーシングの目標は、潜在的なリスクを軽減し、ポジティブな影響を増やすことです。

持続可能なビジネス慣行は、今日の顧客や投資家にとって不可欠な要素です。消費者の半数は、持続可能な製品やブランドには多く支払うことを厭いません。そして、自分の価値観にどれだけ合致しているかで商品やブランドを選ぶ、目的主導型の消費者が、今や最大の市場セグメント(44%)を占めています。B Corpステータスやレインフォレスト・アライアンス認証などの第三者による持続可能性認証は、責任あるソーシングを示す顧客向けの指標としてよく使用されています。

サプライチェーン戦略は、持続可能な社会に向けた取り組みへの積極的な姿勢をますます反映するようになっています。2022年の調査は、サプライチェーン最高責任者(CSCO)の52%がカーボンニュートラルに向けてより積極的に取り組んでいることが分かっています。1責任あるソーシングは、この目標を達成するための基盤となるステップだと言えるでしょう。

責任あるソーシングは、組織の環境、社会、ガバナンス(ESG)への取り組みや、その影響に関する透明性を求める現行の法律、また今後制定される法律を遵守するためにも不可欠です。例えば、欧州連合(EU)の企業持続可能性報告指令(CSRD)では、バリューチェーンやサプライチェーンにおける社会的・環境的影響を特定し、緩和するためのデューデリジェンス・プロセスの開示が企業に義務付けられます。

ソーシング戦略における重要なステップとは

組織がソーシング戦略を構築する方法は、企業規模、ビジネス目標、業界によって異なります。ただし、次の5つのステップは効果的なソーシング戦略によくみられるものです。

1. 目標を設定する。一般的な最初のステップでは、 具体的な目標とKPIを特定します。こうした目標には、コストの削減、製品の品質の向上、サプライヤーのリスク管理の改善などが含まれます。

2. 現在のソーシング活動を分析する。次に、調達チームは、過去の調達データとビジネス・プロセス・データを調べることもできます。改善の余地がある領域を特定したり、サプライヤーのパフォーマンスを詳しく調べたり、非効率な支出を削減できる箇所を確認します。

3. 市場を評価する。市場調査と競合他社のデータは、戦略的なソーシングにおける意思決定に必要不可欠です。消費者の習慣、業界の傾向、ベスト・プラクティス、経済的および地政学的な要因に関する情報は、企業が市場における自社の位置を理解するのに役立ちます。

4. 精査し、サプライヤーを選択する。サプライヤーを評価および選択するプロセスを確立することは重要なステップです。サプライヤーの質、財務上の信頼性、価値観と文化の整合性、長期的なパートナーシップの可能性を考慮してください。サプライヤーへのインタビュー、RFP(提案依頼書)、RFQ(見積依頼書)、スコアカードなどの情報を基にサプライヤーを選択します。

5. 継続的にサプライヤーの業績を評価する。優れた戦略的ソーシング計画は、契約締結だけでは終わりません。定期的な監査、KPIモニタリング、サプライヤー関係管理、フィードバック収集による継続的なパフォーマンス分析があってこそ、長期的な成功が保証されます。その後、ステップ1で設定した目標に合わせて、必要に応じて調整を行います。

ソーシング・テクノロジーとは

サプライチェーンが複雑化するにつれ、企業は人工知能(AI)、自動化、データ分析、ブロックチェーンなどのスマート・テクノロジーを調達プロセス、調達ソフトウェア、ワークフローに統合することを選択することもあるでしょう。これにより、営業コストの削減、ソーシング活動の自動化による効率化(契約管理の改善、サプライヤーのオンボーディングの迅速化、価格設定と支出分析など)、より責任あるソーシング、サプライチェーン全体の持続可能性の向上など、さまざまなメリットがもたらされます。

たとえば、ブロックチェーン・プラットフォームは、新製品に使用される原材料が責任を持って生産されたものであることを購入者に保証するのに役立ちます。さらに、インテリジェントなワークフローによりサプライヤーへの支払いが早期に行われるため、運転資本とキャッシュフローが改善されます。

関連ソリューション
IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suite

AIの力と自動化のスピードを適用して、サプライチェーンの管理、レジリエンシー、持続可能性を向上させます。

IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suiteはこちら

参考情報 Farmer Connect + IBM

Farmer ConnectとIBM Food Trustが、コーヒー生産者と消費者をブロックチェーンでどのように結び付けているかをご覧ください。

消費財サプライチェーンのためのブロックチェーン

消費財業界は、グローバルなサプライチェーンに関連する多くの障害に直面していますが、可視化することで解決できる可能性があります。

IBM Blockchain Transparent Supply

ブロックチェーンを活用し、ビジネス、業界、さらには世界が直面している最も困難な問題に先進的な企業がどのように取り組んでいるかをご覧ください。

サプライチェーン・マネジメントとは何か。

サプライチェーン・マネジメントでは、原材料のコンポーネントから最終製品の納品まで、製品またはサービスの生産フロー全体を管理します。

トリプル・ボトム・ラインとは

トリプル・ボトム・ライン(TBL) とは、人(people)、地球(planet)、利益(profit)という3つのPを軸とした持続可能性の枠組みのことです。

ビジネスにおける持続可能性とは何ですか?

ビジネスにおける持続可能性とは、事業運営によって引き起こされる環境的および社会的悪影響を排除するための企業の戦略と行動を指します。

詳細情報はこちら

IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suiteは、AI駆動型の最適化・自動化ソリューションです。 このスイートは、従来型のトランスフォーメーションを進める中で起きるサプライチェーンの混乱の解決に苦慮している企業向けに設計されており、実用的なインサイト、よりスマートなワークフロー、インテリジェントな自動化を通じて供給ネットワークのレジリエンスとサステナビリティーを向上させ、俊敏性を高めながら、価値実現までの時間を短縮します。

Supply Chain Intelligence Suiteの詳細はこちら 無料評価版(30日間)
脚注

1IBV 2022 CSCO Study, unpublished data