文書管理とは

電子文書の取得、保存、管理

トラクターの航空写真

文書管理について

文書管理は、PDF、ワード・プロセッシング・ファイル、紙ベースのコンテンツのデジタル画像などの電子文書を取得、追跡、および保存するために使用されるシステムまたはプロセスです。

文書管理により、時間と費用を節約できます。 文書のセキュリティ、アクセス制御、一元化されたストレージ、監査証跡、合理化された検索と取得を提供します。


IBMのケース管理

自動化の拡大
自動化によって請求の払い戻しプロセスがどのように改善されるかをご覧ください。 この例では、文書取得とビジネスルール用のAPIを備えたRPAボットを使用して、プロセスを迅速に完了し、エラーを削減します。


Essentials

紙の削減と機能向上

文書管理は、デジタル化された紙からセキュリティ、監査などにまで拡張されてきました。

ストレージ容量の拡大

サーバーのストレージ容量は、物理的なファイリング・キャビネットまたは倉庫よりも大きくなります。  

共通の属性

システムの範囲はさまざまですが、索引付け、バージョン管理などの属性を共有しています。  


カスタマー・サービスの向上

コスト削減と関係改善
Turkcell Global Bilgiが文書取得をどのように機能させたかをご覧ください。 手書き、フォーム、数字を読み取ることができるソリューションを使用することで、オペレーション・コストを削減し、顧客満足度を向上させました。


文書管理は重要です

紙の保管には、かなりの物理的スペースが必要になる場合があります。 文書管理プラットフォームは、異なる文書を統合して、制御、アクセス、およびプロセスの効率を向上させることができます。 これは、情報検索、セキュリティ、ガバナンス、およびオペレーション・コストの削減という点でメリットがあります。 さらに、適切な記録管理が法的に義務付けられています。


一般的な文書管理の課題の解決

新しい文書タイプのテンプレート

AI対応のキャプチャー・サービスにより、テンプレートが不要になります。

サーバーを導入するための追加資金

クラウドベースの処理により、導入と管理のコストが削減されます。

機密データの管理

ツールは、保護データにフラグを付けて、編集またはリダイレクトすることができます。

分析の欠如

多くのソリューションは、貴重なデータ抽出戦略を提供します。  


文書管理ソリューション

IBM Cloud Pak® for Business Automation

インテリジェントな自動化を適用してコア・オペレーションを変革することにより、パフォーマンスを向上させます。

IBM® Content Manager on Demand

XMLデータ・セット、アウトバウンド・ステートメントなどを含む大量の文書を取得して保存します。

IBM Datacap on Cloud

ユーザー向けおよびアプリケーションでの文書の取得、認識、および分類を合理化します。

IBM FileNet® Image Services

エンタープライズ・コンテンツへの高速で高度なセキュリティーを使用したアクセスにより、大量の固定情報を管理します。

IBM FileNet Content Manager

ローコード・ツールと機能を使用して、あらゆるクラウドで意味のあるビジネス・アプリケーションを作成できます。