コンテンツサービス – IBM Cloud Pak for Business Automation
情報管理とガバナンスのプロセスを加速することで、優れた顧客エクスペリエンスを提供します
Forrester社の総経済効果(TEI)調査を読む オートメーション・イノベーション・ワークショップの詳細
ノートパソコンとスクリーンに接続されたウェブ・ブラウザのイラスト
コンテンツサービスとは何ですか?

コンテンツ サービスは、エンタープライズ コンテンツを収集、管理、管理し、強化することで、あらゆるクラウド全体およびあらゆるアプリケーション内にエンタープライズ コンテンツを効率的に展開できます。

ユースケース
ガバナンスを自動化してコンプライアンスを確保

業界をリードする自動化されたガバナンスと、記録の保持と処分、訴訟ホールドなどを含む高度な記録管理機能を適用して、進化し続けるデータ プライバシー基準に直面してもコンプライアンスを確保します。すべての機能は監査可能で、業界標準および政府監査に準拠しています。

 


高度なビューアであらゆるタイプのコンテンツを表示

ユニバーサル ビューアには、墨消し、注釈、文書操作などの高度なオプションが含まれています。役割ベースの編集により、許可された関係者だけが機密情報を閲覧できるようになります。注釈を使用すると、ユーザーは他の人が参照できるように、または将来の参照のためにコンテンツをマークアップできます。編集、コンテンツを複数のドキュメントに分割、複数のドキュメントを 1 つに結合してページを回転するなど、追加のドキュメント操作では、ユーザーがコンテンツをダウンロードする必要はありません。


あらゆるソースからのコンテンツを効果的に管理

インテリジェントなドキュメント分類と非構造化コンテンツからのデータ抽出により、セキュリティとコンプライアンスを維持しながら、コンテンツを最大限に活用できます。きめ細かいセキュリティにより、あらゆるデバイスからの適切なアクセスが保証されます。実証済みのフェデレーション機能を使用して、すべてのリポジトリとファイル共有からのコンテンツを一貫して管理します。数十億のドキュメントに拡張できる実証済みの機能により、コンテンツを大規模に管理します。

ユーザーエクスペリエンスのカスタマイズ 高度にカスタマイズ可能な UI は、企業全体のさまざまな部門の個別のニーズに対応し、各事業部門が部門の要件を満たすことができます。ユーザーの作業場所に合わせて UI とデスクトップを簡単にカスタマイズできます。

人気のアプリケーションを使用してコンテンツを共同作業および共有する Microsoft Office などの一般的なアプリケーションを通じてコンテンツを直接シームレスに編集します。コメント、いいね、タグなどのソーシャル機能を使用すると、変更内容をチームメイトに簡単に伝えることができます。カスタマイズされた「チームスペース」を作成して、部門またはプロジェクトに固有のエクスペリエンスをカスタマイズします。カスタマイズされたメッセージ、有効期限、その他のセキュリティ設定を使用して、顧客やパートナーとコンテンツやフォルダーを共有する際のセキュリティを強化します。

コンテンツサービスの特徴

コンテンツのシームレスな管理とコラボレーションに必要なものすべて

拡張性

ミッション クリティカルなワークロードを伴う数十億のドキュメントに拡張し、スケーラビリティ テスト シナリオを使用して機能を保証します。

クラウドネイティブ開発

最適化されたクラウドネイティブの管理と展開により、コンテンツ アプリケーションをあらゆるクラウドに迅速に展開できます。

ノーコードセットアップ

アプリケーションを構築するための視覚的なクリックスルー アプローチを使用してドキュメント処理フローを作成します。

セキュリティが充実した共有

セキュリティ ポリシーを遵守しながら、ドキュメント、フォルダー、チーム スペースを外部の関係者と送信して共同作業します。

役割ベースのリダクション

要求者の役割に基づいてドキュメントを自動的に編集し、コンプライアンスを確保しながらセキュリティを合理化します。

ローコード開発者ツール

ローコード ツールと GraphQL API を使用すると、プログラマーでなくても、コンテンツ サービスを組み込むアプリケーションのプロトタイプを迅速に作成して構築できます。

AI を活用した洞察

AI を使用して重要なデータを正確に分類、抽出し、洞察を取得し、高品質のデータを下流のアプリに送信します。

クロスリポジトリフェデレーション

複数のリポジトリを 1 つの統合されたリポジトリとして表示するフェデレーション サービスを使用すると、どこにいてもコンテンツを管理および検索できます。

構成可能なユーザーエクスペリエンス

高度にカスタマイズ可能な UI はさまざまな部門の個別のニーズに対応し、デスクトップのカスタマイズも可能です。

きめ細かなセキュリティ

オブジェクトとフォルダーのレベル、関係、さらにはコンテンツ属性に基づいたセキュリティにより、適切なアクセスが保証されます。

完全なライフサイクルガバナンス

アーカイブから保存と廃棄に至るまで、ガバナンス ポリシーを自動または手動で適用するか、イベント駆動型にします。

コンテンツをアクティブ化するツール

API には、WebServices、Java、.NET、JavaScript、CMIS が含まれます。また、イベント通知を使用して、コンテンツを人気のあるアプリに接続します。

スケーラビリティテストシナリオ

一連の機能テスト シナリオとスケーラビリティ テスト シナリオにより、ミッション クリティカルなワークロードを伴う数十億のドキュメントに拡張できることが保証されます。

完全な管理

ドキュメント タイプとメタデータの定義、監査とレポートの構成などにより、コンテンツのライフサイクル全体を管理します。

フレキシブルストレージ

管理を中断することなく、任意のストレージ デバイス間でコンテンツを移動し、任意のクラウド上でコンテンツ サービスをシームレスに実行します。

モバイル互換性

デスクトップ アプリケーションやブラウザ アプリケーションに加えて、モバイルでもコンテンツを簡単に参照、検索、表示し、共同作業できます。

柔軟なアーカイブ

SAP、Microsoft SharePoint、Microsoft Exchange、Lotus Notes、およびファイル システムからコンテンツをアーカイブして、長期的な管理を確保します。

エンタープライズビデオストリーミング

他の資産とともにビデオ コンテンツのライフサイクルを管理し、オンデマンド再生に IBM Enterprise Video Streaming を使用します。

一般的なアプリケーションと統合する Salesforce をさらに活用する

アプリケーションを切り替えることなく、価格見積書、クライアントの電子メール、契約書、ケースファイルなどの重要な販売またはサービスのコンテンツ資産をアップロード、インデックス付け、編集、共同作業、管理できます。

Microsoft 365

Microsoft Office、Outlook、Teams、SharePoint で新しいドキュメントを作成したり、既存のドキュメントを開いたりして、他のユーザーとリアルタイムでシームレスに共同作業できます。

SAP で管理を改善する

SAP データをアーカイブし、トランザクションをサポート文書にリンクしながら、適切なガバナンスとコンプライアンスの確保を支援します。

IBM [コンテンツ サービス] は、組織のデジタル変革の取り組みを非常に支援してきました。 System integrator unit head Finance industry Gartner Peer Insights Omdia Universeレポート
次の一歩を踏み出しましょう

まずは、IBM の専門家とのミーティングを予約し、特定のビジネス ニーズをどのように推進できるかについて話し合ってください。

Forrester社の総経済効果(TEI)調査を読む