DaaS - Desktop As A Service
黒と青の背景画像
DaaS - Desktop As A Service

クラウドから仮想デスクトップを配信して、ユーザーの生産性を向上させ、セキュリティーを改善し、コストを制御する方法について説明します。

  • 最新のハードウェアとソフトウェアで構成されたマネージド・クラウド・プラットフォームを活用することで、堅牢なデスクトップ・エクスペリエンスをユーザーに提供します
  • さまざまなデバイス間で一貫性のあるデスクトップ・エクスペリエンスを提供することで、モバイルおよびリモートの生産性を向上させます
  • データ・セキュリティーの改善 — ローカル・デバイスへのアプリケーションのインストールとデータの保管を回避します
  • 管理の負担を削減しコストを制御します

多くの組織が、IT管理者がオペレーティング・システムやアプリケーションをあらゆる従業員のデバイスにインストールする従来型のデスクトップ・デプロイメント・モデルに代わるものを求めています。 従来型のモデルでは、管理者は多くの場合、ソフトウェアのインストール、アップグレードや更新の管理、デバイス保護の試みに非常に多くの時間と費用を費やします。

また、従来型のデスクトップ・デプロイメント・モデルは、急速に拡大するモバイルおよびリモートの労働に適さなくなってきています。 今日の従業員は、移動中にリモートで作業することが増え、デスクトップを含め、ノートPCやモバイル・デバイスなど、さまざまなデバイスを使用しています。 リモートおよびモバイルの生産性を最大化するには、労働者が使用するデバイスの種類に関係なく同じアプリケーションとデータに簡単にアクセスできるように、組織はそれらのすべてのデバイスにわたって強力で一貫性のあるユーザー・エクスペリエンスを提供する必要があります。

組織がアプリケーションやデータを配信するための新しいアプローチを選択する際は、セキュリティーを最優先しなければなりません。 組織は、デバイスが紛失したり盗まれたりした場合でも、データが悪意ある人の手に渡らないようにする必要があります。

そのソリューションとして、Desktop-as-a-Service(DaaS)モデルがあります。 適切なDaaSオファリングを使用すると、組織はユーザーに対してデバイス全体でのアプリケーションとデータへの便利で一貫性のあるアクセスを提供し、機密情報を保護し、管理を簡素化し、支出を削減できます。


Desktop-as-a-Service(DaaS)とは

DaaSモデルは、オペレーティング・システム、アプリケーション、ファイル、ユーザー設定を含む完全な仮想デスクトップ環境をクラウドからユーザーに提供する方法です。 このデスクトップは、クラウド・プロバイダーが管理するコンピューティング・インフラストラクチャー、ストレージ・インフラストラクチャー、およびネットワーク・インフラストラクチャーでホストされている 仮想マシン 上で稼働します。 ユーザーはそのデスクトップ環境に、PC、ノートPC、タブレット、一部のスマートフォンなどさまざまなデバイスからアクセスできます。

仮想化:完全ガイド」では、仮想化に関するテクノロジーについて詳しく説明します。


DaaSと仮想デスクトップ・インフラストラクチャーの比較

DaaSオファリングと同様、仮想デスクトップ・インフラストラクチャー(VDI)ソリューションは、デスクトップを中央のデータ・センターからデバイスに提供します。 しかし、VDIソリューションの基盤となるインフラストラクチャーは、オンプレミスに配置されることが多く、一般的には組織のITグループによって管理されます。

DaaSモデルでは、 コンピューティング、 ストレージ、 ネットワーク の各インフラストラクチャーは、クラウド・プロバイダーによって管理されます。 従業員にデスクトップを提供している組織は、デスクトップ・オペレーティング・システム、アプリケーション、アンチウィルス・ソフトウェア、およびその他のデスクトップ関連タスクを管理することも、サード・パーティーが管理するデスクトップ・サービス・プロバイダーと連携することもできます。

DaaSは、クラウド・ベースのマネージド・サービスのメリットをすべて提供します。 例えば、DaaSを使用すると、オンプレミスでVDIを構築する高額な初期コストがなくなります。 DaaSオファリングでは通常、先行投資を必要としないサブスクリプション・モデルが採用されています。 また、VDIのサポート、保守、パッチ適用とアップグレードに必要なすべての管理作業の負荷が軽減されます。

VDIの詳細については、『仮想デスクトップ・インフラストラクチャー(VDI)とは』を参照してください


メリット

強力で柔軟なユーザー・エクスペリエンスを提供します
 

  • リモートおよびモバイルの生産性の強化: 従業員は自宅から、あるいは移動中に、ほぼすべてのデバイスから作業環境に接続できます。 自社のアプリケーション、ファイル、デスクトップ設定などに安全にアクセスできます。
  • 複数のデバイスのサポート: DaaSのアプローチにより、デスクトップ、ノートPC、タブレット、および一部のスマートフォンなど、さまざまなデバイスをサポートできます。

管理の負担を削減しコストを制御します
 

  • 初期登録の加速: 管理者は、新しい各コンピューターにソフトウェアをロードするために長時間を費やす必要がなくなります。 DaaSを使用すると、ユーザーのデバイスを事前設定済みの仮想デスクトップに数分で接続することができます。
  • 最新ハードウェアの活用: 適切なクラウド・プロバイダーは、デスクトップをデータ・センターの最新のシステムで稼働するようにします。 ユーザーが利用するのはデータ・センターのプロセッシング・リソースとメモリー・リソースなので、自社ではデバイスのリフレッシュ・サイクルを延長することができます。
  • ハードウェア管理の解消: 社内のIT管理者が、インフラストラクチャー・リソースの管理、パッチ適用、アップグレード、またはスケーリングに時間を費やす必要がなくなります。 その作業はDaaSプロバイダーが代わりに行うため、社内の管理者は他のタスクに集中できます。
  • インフラストラクチャー・コストの制御: DaaSモデルを利用すると、基盤となるコンピューティング、ストレージ、およびネットワーク・インフラストラクチャーを購入または運用するコストをかけずに、仮想デスクトップを提供できます。
  • 柔軟な消費モデル: 従量課金制または年間料金モデルによって、ユーザーを簡単かつコスト効率よく追加または除去できます。

セキュリティーを強化し準拠性の確保を支援します
 

  • データの保護: 従業員のノートPCやタブレット盗まれても、機密データが危険にさらされる可能性が低くなります。 認証の制御が万全である限り、データはクラウド内で常に保護されています。 一方、従業員は別のマシンを使用して作業に戻ることができます。
  • 準拠性の単純化: 適切なサービス・プロバイダーを使用すれば、ISOおよびHIPAAの準拠性を構築または保守するための作業をしなくても、それらに準拠したデータ・センターにアプリケーションとデータを保管できます。

ユースケース

DaaSモデルはさまざまな状況で成功を収めています:

  • コール・センター、パート・タイム、およびシフト業務: 組織は、各ワークステーションが一日の流れの中で複数の従業員をサポートするような、大規模なコール・センターまたはその他のシフト業務環境をサポートできます。 DaaSアプローチでは、各従業員は自分のデスクトップにアクセスするための固有のログイン情報を所有します。
  • ソフトウェア開発者: 複数のコンピューター間を行き来したり、1つのコンピューター上で複数のオペレーティング・システムを保持したりせずに、開発者は複数の別個の仮想デスクトップに簡単にアクセスできます。 デバイスの購入数を減らしながら、テストの促進を支援し、品質保証を向上させることができます。
  • 医療従事者: 医師や看護師が、検査室からでも廊下からでも、使用しているコンピューターで、アプリケーション、メモ、および患者のカルテにアクセスできます。 すべてのデータとアプリケーションをHIPAA認定のクラウドに保存することで、患者情報が保護されます。 ノートPCを盗まれても、破壊的なデータ侵害ではなく、軽度の不便で済む可能性があります。
  • 大学の研究室: 学生と教員は、仮想デスクトップにリンクすることで、コンピューター・ラボ、スタッフ・ルーム、図書館、寮の部屋などから彼らの作業にアクセスできます。 大学は、高額でライセンスが限定されているアプリケーションを、単一のリモート・デスクトップを共有することで多くの学生が使えるようにできます。
  • 季節労働または請負労働: 従業員が離職する場合に、コンピューターを消去して再構成する必要がありません。 新しい仮想デスクトップをプロビジョニングして、古いものは数分で利用停止にできます。 ユーザーをすぐにオンボードまたはオフボードにできることは、入れ替わりの多い職業には不可欠です。
  • リモートおよびモバイル・ワーカー: データ・セキュリティーを強化しながら、リモートおよびモバイルの生産性を向上させます。 DaaSを使用すれば、従業員は固定の場所にある物理コンピューターに縛られることはありません。 その代わりに、世界のどの場所からでも、任意のコンピューターまたはモバイル・デバイスから安全にファイルにアクセスできます。
  • 合併と買収: DaaSモデルでは、新しくローカル・コンピューターを導入しなくても、組織のネットワークに多数の新規従業員を追加できます。 新たに参加したスタッフは、新しい勤務先のアプリケーションとファイルに接続できますが、彼らの既存の設備を引き続き使用することもできます。

実装

DaaSモデルの検討 DaaSアプローチを使用しても、使用するオペレーティング・システムとアプリケーションのライセンス交付や管理は依然として必要であることに注意してください。 DaaSの実装を開始する前に、必ずソフトウェアのコストとIT管理のコストを考慮に入れてください。 

DaaSは多くの場合、多数の従業員が同じデスクトップ環境を使用している組織に最適です。 固有の環境を複数管理するには、時間と労力がかかる可能性があります。

DaaSモデルを実装する前に、浪費や期待外れの買い物を回避するために、自社の固有のニーズを評価する必要があります。

パフォーマンス・ニーズを把握することから始めましょう。 複雑な3Dアニメーションをレンダリングするための高機能vCPUが必要ですか? 主に生産性アプリケーションに使用される合理化されたシステムについてはどうお考えですか? 自社のアプリケーション・ニーズを把握すると、高性能と低性能の仮想デスクトップの適切な混合をデプロイして、従業員が引き継ぐ必要のあるツールを提供しながらもコストを最小化できます。

インフラストラクチャー管理の負荷をクラウド・プロバイダーに移管する一方で、ITチームは組織のネットワーキング・インフラストラクチャーの強化が必要になる場合があります。 良いDaaSプロバイダーは各テナント用に専用のホストを構築することによって待ち時間を最小化できますが、仮想デスクトップの速度と応答性は、現場の帯域幅に依存します。 スムーズなユーザー・エクスペリエンスを得るには高速で信頼性の高い強力な接続が必要であり、強力なネットワークには優れた保守が必要です。 必ずこのインフラストラクチャーをサポートするための人材を投入してください。

DaaSはオンデマンド拡張に優れているため、ライセンスを余分に購入してもメリットがありません。 シフト労働者やパートタイム・スタッフが同時にアクセスする必要がない場合は、ライセンスを共有してコストを抑えることを検討してください。 同一のライセンスで複数の仮想デスクトップにアクセスできますが、同時に使用できるのは1つのみです。


プロバイダーの選択

DaaSプロバイダーについて確認すべき点 第一に、DaaSに関して経験豊富で専門知識のあるプロバイダーである必要があります。 DaaS用VDI環境(仮想化レイヤー、サーバー、ストレージ、およびネットワーキングを含む)のセットアップと管理は、複雑な作業です。 リスクを回避するには、DaaSおよびVDIの十分な専門知識を持ち、実績のあるプロバイダーと連携してください。

第二に、希望の地域にプロバイダーがデータ・センターのロケーションを提供していることを確認します。 理想的には、ネットワーク待ち時間を最小化するために、ユーザーに近いデータ・センターを選択します。 組織にグローバル・ユーザーがいる場合、世界中の複数の地点から仮想デスクトップを提供できるプロバイダーを選択します。

第三に、 専用ホスティング・オプションがあるプロバイダーとの連携を考慮します。 専用ホスティングは、必要なパフォーマンス・レベルを達成したり、厳格なデータ・プライバシーやその他の規制に準拠するための隔離を実現することを支援します。

最後に、プロバイダーが変更に柔軟で拡張性があることを確認します。 ニーズの進化に応じて、オンデマンドで拡大または縮小できますか? 事前に構築したデスクトップ・イメージから新規仮想デスクトップを迅速にプロビジョンできますか?

適切なDaaSプロバイダーは、顧客のデスクトップ・サポートの負担を減らしながらも、ユーザー・エクスペリエンスとセキュリティー目標を満たすパーソナライズされた導入プランを提供します。

IBM Cloudを今すぐご利用いただくには、 こちらからご登録ください。

DaaS製品の詳細はこちら

関連ソリューション

Dizzion Managed DaaS on IBM Cloud

Dizzion Managed DaaS on IBM Cloudは、IBM Cloud上のVMwareを基にした、DaaS(Desktop-as-a-Service)ソリューションです。