データ復旧とは
黒と青の背景
データ復旧とは

エンタープライズ・データ復旧の基本を学び、企業に最適なデータ・バックアップと復旧ソリューションを選択するためのアドバイスをご紹介します。

エンタープライズ・データ復旧とは、紛失したデータ、破損したデータ、誤って削除したデータ、またはアクセスできないデータを、そのサーバー、コンピューター、モバイルデバイス、またはストレージデバイスに(元のデバイスが使えなくなった場合は新しいデバイスに)復元するプロセスです。

通常、データは別の場所に保存されているバックアップ・コピーから復元されます。 バックアップ・コピーが最新であればあるほど、紛失や破損の際にデータをより完全に復元することができます。 どのような企業においても、データ復旧を成功(データの許容範囲を超える損失や、データの損失によるビジネスの中断を防ぐ)させるために、通常は大規模な災害復旧計画の一部として、特定のデータ復旧目標を満たすバックアップとリストアの計画を立てる必要があります。

また、「データ復旧」という言葉は、以下のようなものも含みます。

  • ユーザーが誤って削除してしまったファイルを、システムのフォーマットを元に戻して「削除を取り消す」するためのソフトウェア。
  • 損傷したディスクからデータを物理的に回復するための専門サービス。
  • iCloudなどのクラウド・ベースのバックアップからモバイル・デバイスにデータを復元すること。

しかし、この記事では、エンタープライズ・データ復旧に焦点を当てます。


バックアップ・プラン

自然災害や人災、ランサムウェア攻撃などの犯罪行為によるデータ破壊よりも、人的エラーによるデータ損失の方が依然として多いです。 しかし、企業は、重要なビジネス・アプリケーションや業務に支障をきたすようなデータ損失には、原因が何であれ、備えておく必要があります。

包括的なバックアップと復旧のソリューションは、保存する価値のあるすべてのデータを、それがどこにあるかに関わらず保護するために実施されるべきです。 バックアップは以下を含みます。

  • サーバー: オンプレミスの物理サーバ、仮想サーバやクラウド・ホストのサーバーともに、定期的または継続的なバックアップが必要な場合があります。
  • ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)やその他の共有ストレージ・リソース: これには、ブロック・ストレージオブジェクト・ストレージ、およびファイル・ストレージが含まれます。
  • エンドポイント・デバイス: デスクトップおよびラップトップPC、ワークステーション、およびタブレット・デバイスとモバイル・デバイスなどがあります。 これらのデバイスタイプでは、個々のハード・ドライブをリストアする必要があります。

ファイルだけでなく、バックアップしなければならないデータの種類はいくつかあります。

  • アプリケーションとそれに関連するデータ
  • データベースとすべての関連データ構造、フォーマット、タグ、またはメタデータ
  • オペレーティング・システム(OS)とアプリケーション構成を含むシステム・データ
  • 仮想マシン(VM)やコンテナなどのランタイム

目標復旧ポイントと目標復旧時間

バックアップする必要のあるデータの種類が決まったら、どのくらいの頻度でバックアップし、どのくらいの時間で復元する必要があるかを決定しなければなりません。つまり、データセットや関連アプリケーションごとに、目標復旧ポイント目標復旧時間を決定する必要があります。

目標復旧ポイント、またはRPOは、実質的に許容できる最も古い時点でのバックアップとなります。 RPOは、データ、アプリケーション、業界、またはこれらと他の要因の組み合わせによって異なります。 例えば、コーヒー・ショップのメール・システムは24時間のRPOに耐えられるかもしれませんが、病院、銀行、または他の規制の厳しい企業のメール・システムでは数分単位のRPOが必要になるかもしれません。 1回の取引が数百万ドルになることもある証券会社では、トレーディングシステムのRPOは秒単位、あるいはそれ以下になることもあります。

目標復旧時間、またはRTOは許容できる最も長いダウンタイムです。 近所の本屋さんのレジでは、ダウンタイムが 1時間あたり100ドルだとすると、RTOは数時間から数日になるかもしれません。 オンライン・ストアでは、1秒のダウンタイムが数十万ドルのビジネス損失を意味するため、RTOは数秒単位で設定されるかもしれません。

RPOとRTOは、バックアップの頻度、方法、さらには場所を決定します。 RPOやRTOを時間単位で設定しているアプリケーションでは、サード・パーティのクラウド・プロバイダーに毎晩バックアップを取ることで対応できるかもしれません。 RPOやRTOが秒単位(またはそれ以下)のアプリケーションでは、継続的なデータ複製や、データ損失やシステムトラブルが発生した場合に即座にシームレスに引き継ぐことができる近隣の拠点でのシステムの完全な冗長化が必要になるかもしれません。

データ復旧サービスを提供する業者は、サービス・レベル・アグリーメント(SLA)に、達成可能なRPOとRTO、実施しているセキュリティ管理、確立しているデータ損失の防止策を詳細に記載する必要があります。 契約書には、バックアップが保存される場所が明記されており、プロバイダーがあなたの業界の規制にどのように準拠するかが示されています。 


クラウド・データ復旧ソリューション

クラウド・バックアップおよび復旧ソリューションは、一般消費者や企業の間で人気が高まっていますが、データセンター全体の情報など大容量のデータをバックアップしなければならない場合や、インフラストラクチャー費用や管理負担を軽減したい場合に特に有効です。

クラウド・バックアップとリカバリーでは、データのコピーを2次的なオフサイトのストレージに保存します。 クラウド・プロバイダーは、ストレージへのアクセスと、場合によっては追加のマネージド・バックアップおよび復旧サービスを、ストレージの容量や帯域幅の使用量またはその両方に応じた価格でサブスクリプション・ベースで提供します。

組織は、独自のバックアップ・アプリケーションを選択してデプロイするか、クラウド・プロバイダーが提供するアプリケーションを使用するか、またはサード・パーティのサービス・プロバイダーのアプリケーションを採用することができます。 いずれの場合も、バックアップ・アプリケーションがバックアップ対象のファイルを指定し、そのファイルの暗号化されたコピーを作成して、オフサイトのバックアップ先に送信します。

クラウド・ベースのバックアップおよび復旧ソリューションを採用している企業は、クラウド・ストレージが提供するあらゆるメリットを享受できます。 クラウド・プロバイダーは、インフラストラクチャーの保護、管理、および保守のすべての責任を負い、通常、必要なときにデータにアクセスできることを保証します。 ストレージの容量は需要に応じて拡張できるため、必要なときに必要な分だけリソースを購入することができます。


安全なデータ復旧

データ・バックアップの安全性は、大きく分けて2つの要素に依存します。

  • 転送中およびバックアップ保存先でのバックアップ・ファイルの暗号化。
  • バックアップ・ストレージ・サイトの物理的なセキュリティ、ユーザー認証、およびアクセス制御。

データのプライバシーやセキュリティに関する規制がある業界では、バックアップ・ツールやプロセス、またはサービス・プロバイダーがそれらの規制に準拠しているかどうかを確認する必要があります(サービス・プロバイダーと連携している場合は、コンプライアンスの証明を求めてください)。 業界を問わず、知的財産に関連するデータのバックアップの保護には特に注意が必要です。 また、不要になったバックアップは完全に破棄することが重要です。


データ復旧とIBM

IBMは、IBM Cloud Backupプラットフォームを提供しています。これは、お客様が直感的なブラウザ・ベースのインターフェースを用いて、世界中の1つまたは複数のIBM Cloudデータセンターにある自社のバックアップを管理できる、フル機能のバックアップおよびリカバリー・ソリューションです。

IBM Cloudのデータ・サービスは、あらゆるデータ復旧ソリューションに理想的な回復力のあるターゲットを提供します。 IBM Cloud Object Storageは、拡張性と安全性を兼ね備えており、さまざまなストレージのニーズを満たすのに最適です。 IBM Cloud Object Storageは、すべての主要ベンダーのバックアップ・ソフトウェア・ソリューションと統合され、容易に拡張可能で高い回復力を持ち、業界をリードするデータ保護とセキュリティ機能を提供します。

オンプレミスのDb2データベースの復旧には、高度なデータベースのバックアップ、リカバリー、およびデータ抽出の3つのDb2ツールを組み合わせたIBM Db2 Advanced Recovery Featureをご検討ください。

IBM Cloudで利用可能なバックアップおよびデータ・復旧ソリューションの詳細については、 今すぐIBM Cloudアカウントにサインアップしてください。


関連ソリューション

IBM Cloud Backup

Appleプラットフォーム上でのクラウド・ネイティブな本番環境に対応したアプリケーションの開発に特化した、IBM Cloudリソースのワンストップ・コンソールをご紹介します。


バックアップとリカバリー

IBM Cloud Object Storageが、お客様のデータのために、耐久性と拡張性が高くセキュリティー機能が充実したバックアップ先をどのように提供するのかをご説明します。


Db2 Advanced Recovery Feature

データ可用性の向上とリスクの軽減のため、データベースのバックアップ、復旧、データ抽出という3つの高度なDb2ツールが統合されました。