社会的利益のためのブロックチェーンとは
革新的な企業や個人は、ブロックチェーンを使用して、世界最大の課題を人類最大の勝利に変えています
Electrical engineer while working laptopl.
ブロックチェーンは世界をより良い場所にするために、どう役立っているのか?

慈善団体、非営利団体、および非政府組織(NGO)は、多くの場合、支援の意思があり、それが可能な企業ドナーに達する適切なテクノロジーがありません。 問題が、より最新のITインフラストラクチャーへの資金提供であれ、社内スキルの拡張であれ、あるいは、他のリソースの検索であれ、重要な接続が失われたり、まったく確立されない可能性があります。 さらに、企業のドナーが必要とする受託者責任と財務の可視性のレベルは、それらに対処する準備ができていなければ、組織を圧倒してしまう可能性があります。

ブロックチェーン技術は、変化を起こすための新しいモデルを実現し、知識を進歩させ、企業ドナーからの要件に対応する共有記録システムを作成できるように社会組織を支援します。

詳細はこちら

Webセミナー:より大きな利益を生み出すためのブロックチェーン・ソリューションの構築とスケーリング

慈善団体を支援するためにIICがブロックチェーンをどう使用しているかの詳細はこちら

ブロックチェーンが環境への影響を検証する

Newlight Technologiesは、温室効果ガスから高性能の消費財を生み出しています。 ブロックチェーンは、製品プロセスと環境への影響を追跡、監査、伝達できるようにします。

ブログ投稿を読む

ブロックチェーンが人道的取り組みにどう役立つのか

真実の単一ビュー

ブロックチェーン技術を使用すると、ネットワークのメンバー間に分散した共有記録システムを構築できます。このシステムでは、さまざまな台帳を持つ必要がなく、その結果、さまざまな台帳を持つことで生じる不一致もありません。

変更不可能な、改ざん防止機能付きの記録

各トランザクションを検証するには、ブロックチェーン・ネットワークのすべてのメンバーからのコンセンサスが必要であり、検証されたすべてのトランザクションはブロックチェーンに永続的に記録されます。 誰も、システム管理者でさえも、記録を削除することはできません。

許可制の参加

ネットワークの各メンバーは、悪意のある攻撃者を排除して、参加するためにアクセス権限を持っている必要があります。 さらに、情報は、知る必要がある場合にのみ他のネットワーク・メンバーと共有されます。

変化のための新しいモデルの作成

ブロックチェーンの革新者たちは、日々、ブロックチェーン技術の独自のメリットを活用して、電力の分散化や価値の再定義、新しい提携の構築、現状の再構築を行う方法を発見しています。


IBMの社会的善に関する取り組みの歴史

IBM Science for Social Goodプログラムは、応用科学技術が科学的方法を通じて解決の速度とペースを加速することで、世界で最も困難な問題を解決できる、という前提に基づき構築されています。 2016年以来、このプログラムでは、IBM Researchの科学者とエンジニアが、学術フェローやさまざまな非政府組織(NGO)、公的機関、社会的企業からの対象分野の専門家とともに、科学技術を使用して新たな社会的課題に取り組んでいます。 これまでの結果としては、革新的なプロジェクト28件、パートナーシップ19件、特許出願中9件、などが挙げられます。

人工知能(AI)テクノロジーも、社会を良くする役割を果たせないか検討されているソリューションの1つです。 発展途上国の持続可能性を整備するよう設計された国連のプログラムから、社会サービスや公共の安全、教育イニシアチブまで、コグネティブ・テクノロジーはより安全で生産性の高い世界のビジョンに適用されています。

詳細はこちら

社会的利益のための科学について読む

社会的利益のための科学についての詳細はこちら

ユースケース

ブロックチェーンの力が社会的利益を向上させ、企業が地球の問題の解決に貢献することを可能にする理由を、ユースケースを通して説明します。

コーヒー豆が採取された瞬間から追跡

IBM Food Trustは、収穫した瞬間から豆を追跡して、コーヒーのカップまでの旅の検証可能な記録を使うことで、Farmer Connectの信頼性を高めるお役に立ちます。 コーヒーの未来は追跡可能性にあります。

「追跡可能性とは、『このコーヒーは責任ある持続可能な方法で調達されたものか?』を知るために可視性を確保することを意味します」

– Dan Behrends 氏、Farmer Connect 社の創設者兼社長

プラスチック廃棄物を貴重な通貨に変える

Plastic Bankは、貧困とプラスチック汚染の多い地域に住む10億人以上の人々が生活を変えるのを支援しています。 彼らは、IBM Blockchain Platform上に構築されたソリューションを使用して、プラスチック廃棄物を収集し、最も必要なアイテムと交換しています。

「地球の問題を解決し、世界の貧困層に金融包摂を提供し、透明性のある社会的なプラスチック・リサイクル・システムを実現するために、私たちはブロックチェーンを使用しています。」

– Shaun Frankson 氏、Plastic Bank 社の共同創設者兼 CTO


IBMブロックチェーンを始める

既存のネットワークに参加します。 独自のブロックチェーン・ソリューションを構築しましょう。 専門家との共同作成をしましょう。 他の人とパートナーを組んで新しい機会を発見しましょう。 ブロックチェーンの行程のどこにいても、IBM Blockchainはお客様に寄り添い、お客様のビジネスのゴールにご案内します。

詳細はこちら

最初にブロックチェーンの基礎知識を学ぶ

今すぐ使ってみる

関連ソリューション

食品のブロックチェーン

この種のもので唯一のネットワークが、フード・システム・データの許可された、永続的な共有記録を通じて、どのように食品供給の参加者を接続するのかをご覧いただきます。


ブロックチェーン・プラットフォーム

ビジネス・プラットフォーム向けの主要なオープンソース・ブロックチェーンがどのように企業を変革し、成長を促進し、新しいビジネス・モデルを作成しているのかをご覧ください。


サプライチェーンの透明性

ブロックチェーン・エコシステムを構築して、サプライチェーン・パートナーとデータを安全に共有します。


ワクチン配布用ブロックチェーン

開始から注射まで、どのようにワクチンの信頼を確保するのかをご説明します。


サプライヤー管理

サプライヤーの資格、オンボーディング、管理を加速するために構築されたネットワークにご参加ください。


デジタル正常性パス

信頼できる資格情報と検証を使用して、人々を物理的な場所に安全に戻すためのスマートな方法を探ります。



参考情報


次のステップ
情報ガイドを利用すると、ブロックチェーンのさまざまな側面(仕組み、使用方法、導入での考慮事項など)の理解を深めることができます。
ブロックチェーン・トピック ブロックチェーンとは ブロックチェーンのメリット スマート・コントラクト ビジネス向けブロックチェーン ブロックチェーンのセキュリティー ブロックチェーンとIoT Hyperledger