AIとブロックチェーンが知的財産の発見と取引を支援
IPweがxブロックチェーンを活用した世界初の特許プラットフォームを構築
機械の回路図が描かれた製図用紙

知的財産(IP)法は、考案者や投資家にとって泥沼の問題になりがちです。

アイデアを思いついたら、盗まれたり同意なしに複製されたりしないように、そのアイデアを保護したいと思うものです。そのため、考案者は所有権の証明として特許ライセンスを取得することを選択します。しかし、これらの特許はどのようにして考案者まで辿ることができるのでしょうか。

理想的としては、特許所有者、法律事務所、企業、サービスプロバイダー、世界的な特許庁が単一の統合プラットフォーム上でやり取りすることになりますが、2019年まではそのようなプラットフォームは存在していませんでした。特許所有権は、何百万もの特許について山積みの複雑な書類を通じて追跡する必要があり、その結果、これらの資産から多額の損失が発生していました。

「市場には透明性と効率性が欠けており、信じられないほど多くの人の活動が関与していました」とIPweのCEO、Erich Spangenberg氏は説明します。「IP取引があった場合は通常、機密保持されていました。何かを販売するほとんどの企業は、それを販売したことをユーザーに知らせたいと考えていますが、知財に関しては、機密保持と秘密の取引という様々な一連のルールに従って行動します」

世界第一位

 

AI とブロックチェーンを活用した世界初のグローバル特許登録原簿(GPR) を作成

 

豊富なデータ


IPweは世界の特許の80%を保有

 

価値を知的財産に依存している企業の場合(多くは中小企業)、自社の資産の可能性を評価するには、自社が市場に向けて何を所有しているのかを把握するための支援が必要です。このような企業は、自社の資産価値を第三者に伝えることができていません。 Erich Spangenberg氏 CEO IPwe

IPweは知的財産取引プラットフォームであり、企業が保有する知的財産と競合他社が保有する知的財産を比較できます。また、関連するリスク要因と、知的財産をより有効に活用する方法も示します。しかもこのプラットフォームは、世界の特許市場を悩ませている非効率性と透明性の切実な必要性を認識していました。IPweは、資産の管理と評価をめぐる課題のため、1兆米ドルの知的財産が取引されることはないと推定しています。

「市場は混乱していて、非常に非効率的でした」とスパンジェンバーグ氏は言います。「このシステムは透明性を完全に欠き、取引は秘密にされていました」

グローバル市場の透明性を実現

このエコシステムでは、人間が何千ページにも及ぶ特許書類を調査しなくても済むような変化が待ち望まれており、そこにブロックチェーンとAIが登場しました。IPweは、特許の開発と使用に関わる全関係者をつなぐ自動化されたマーケットプレイスを構築するために、これらの新技術を利用するというアイデアを模索し始めました。

IPweはIBMのニーズに合った独自の製品スイートを開発するために、IBMの協力を得ました。IBM Cloud®を活用し、IBM® Blockchainテクノロジーと複数のIBM Watson® AIソリューションを組み合わせることで、買い手と売り手の双方にとって、複雑な特許市場の可視性と柔軟性を高めることができます。

IPweはAI機能を使用して、世界中で流通している何百万件もの特許(各特許は平均して最低20ページ)を把握しています。自然言語処理(NLP)、予測分析、IBM Watsonの機械学習を組み合わせることで、特許情報を迅速に分析できます。その後、その情報を使用して概要とレポートを生成することで、潜在的な商業的リスクを回避しながら、有利な機会を特定できるようにユーザーを支援します。

「IPweは、企業が知財の観点から自社が所有しているものと競合他社が所有しているのかを低コストで把握できるように支援します。それに関連するリスク要因は何なのか、そしてそれらの無形資産からより高い収益を生み出すために何ができるのかを見出します」とSpangenberg氏は言います。「ライセンス取引であれ、買収取引であれ、取引活動において企業が透明性を確保できるようにしました」

AIとブロックチェーンを活用することで、IPweは自動化された透明性の高いグローバル特許登録原簿(GPR)を構築することができました。GPRは、世界初のブロックチェーン・レジストリで、現在有効な特許記録と過去の特許記録を、自由にアクセスできる単一のレジストリに集めています。このテクノロジーを活用することで、特許情報の重要な側面を理解する際の障壁を取り除けます。その結果、原資産の記録保持とスマートコントラクトの両方が可能になります。

「IPに関する情報、特にその所有権と属性に関する情報に迅速にアクセスできることが企業には重要です」とSpangenberg氏は説明します。「私たちは現在、その情報をグローバル特許登録原簿にまとめて提供しています。企業は自社が何を所有しているのかをよりよく理解し、それを市場にうまく伝えることができます」

当社は使命を達成するためにAIとブロックチェーンに100%依存しています。この素晴らしいプラットフォームは頻繁に利用され、驚異的な速さで加速化しています。 Erich Spangenberg氏 CEO IPwe
コストの大幅削減

IPweは、世界初のブロックチェーンを利用したGPRを開発することで驚くべき偉業を達成することができました。このプラットフォームは、不正確なデータ、古い所有権記録、IPエコシステムにおける透明性の欠如といった根本的な問題を解決します。

「IBMは、IPweのあり方と、私たちの仕事のやり方を本当に変えました」とSpangenberg氏は言います。「プラットフォームは急速に成長しました。これにより市場が変わり、IPのやり取りがより安価になり、より効率的になり、中小企業は数百万ドルを節約できました」

IPweは、特許イノベーターとパートナーの取引コストが大幅に削減され続けていることを把握しています。同社は、世界中の組織が特許資産から流動性を獲得し、隠れた重要な無形資産のパフォーマンスを向上させることに成功しています。

将来的には、IPweはIBMと共同でAIとブロックチェーンの主要な機能を拡大するという大きな計画を持っています。このプラットフォームは、近い将来、特許と特許属性のトークン化を進める予定です。トークンは、ブロックチェーン対応のスマートコントラクトを通じて簡単に取引、譲渡、ライセンス供与できます。これらのHyperledgerの追加機能は、イノベーターと資本市場が相互にやりとりし、IPのライフサイクルを管理する方法を根本的に変え、新しいクラスの資産を生み出す可能性があります。

IPweロゴ
IPweについて

2017年に設立されたIPwe(IBM外部のリンク)は、世界初のグローバル特許市場です。IPweは、情報とツールを組み合わせて特許を特定し、それらの特許を理解するための調査を行うことで、市場に透明性をもたらし、何十億ドルもの無駄なコストを削減します。このプラットフォームは、中小企業が知的財産資産を理解し、管理し、取引できるよう支援することに重点を置いています。

詳細情報はこちら
ブロックチェーンとAIによる特許エコシステムの創造的破壊 ブロックチェーン/AI ブログ 請求書発行の迅速な解決により、より強力な関係を構築 Home Depotの事例 銀行の保証:紙媒体からブロックチェーンへの飛躍 Lygon 1B Pty Ltd.の事例
脚注

© Copyright IBM Corporation 2021.IBM Corporation, IBM Blockchain, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2021年5月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud、および IBM Watsonは世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」 www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade.shtmlで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。