概要

デスクトップと仮想化のアプリケーションでリモート・アクセスを使用してコストを削減

IBM Services for Desktop Virtualizationは、従業員が安全に必要なアプリケーションとデータにアクセスできるようにする、お客様のビジネスに適したIT環境を提供する変換サービスで、ビジネスの成功を支援します。 これは、IBM独自のワークプレース・ソリューションであり、お客様がワークプレースを人員、プロセス、テクノロジーの各側面から包括的に把握できるようにします。 IBM Services for Desktop Virtualizationは、個人所有デバイスの業務使用(BYOD)を含め、従業員が任意のデバイスから、データとアプリケーションにアクセスする際に役立ちます。

IBM Services for Desktop Virtualizationで得られるもの

評価と設計

分析主導型の評価から始め、お客様の組織のエンド・ユーザー向けのデスクトップ仮想化アプローチを設計します。 これにより、パフォーマンスとコストの均衡を図り、徹底したセキュリティーを確保できます。

導入

リスクを管理し、混乱をほぼすべて排除しながら、ソリューションの構築とテスト、パイロット、拡張を行います。

管理

導入されたソリューションを全面的に利用できるグローバルな運用に変換し、卓越した分析ソリューションを使用して、ベースラインに照らしてエンド・ユーザー体験を継続的に改善します。

メリット

強化

リモートワークを実現することで従業員の生産性と満足度を強化

サポート

オンプレミス、プライベートクラウド、あるいはIBMのマネージド・クラウド経由の柔軟な導入オプションをサポート

削減

不要なライセンス購入を減らすことによりコストを削減

参考情報

Forbes Insights: ワークプレースを安全で生産的な場にする

Forbes Insights社は課題を認識し、CIO向けに対応方法のガイドを提供します。

IDCホワイト・ペーパー: AI搭載のコグニティブなヘルプ・デスクで、サポート体験を迅速化

大勢の従業員がAI採用ツールにITサポートを求める場合は、IDC社がそのトピックを厳しくチェックします。 皆様のようなリーダーが、このタイムリーなホワイト・ペーパーをダウンロードして、AIヘルプ・デスクについてのIDCの視点を学んでいます。

お気軽にご相談ください

IBMは、コンサルティング、サービス、ソリューションの多方面からお客様の変革を支援します。