デスクトップ仮想化サービスを、オンプレミス、コロケーション型のデータセンター、またはクラウドで実行できます。IBMが支援します。チャットをご予約ください。30分間無料で利用できます。

デスクトップ仮想化によりコストを30%削減

事実: 勤務時間の少なくとも一部はリモートで仕事をしたいという企業従業員が増えています。

機会: この要求を尊重することで、雇用者は「従業員に優しい」、「柔軟性が高い」、さらには「先進的」といった好ましい評価を得ることができ、サポートの提供においてコスト削減を見出すことができます。

課題: IT部門は、「いつでもどこでも」の就労形態を実現し、企業のデータやアプリケーションへの直接的で信頼性の高い安全なリモート・アクセスを確保するという任務を抱えます。

ここで非常に有益なのがIBMデスクトップ仮想化サービスです。デスクトップおよびアプリケーション仮想化サービスは、エンド・ユーザー・コンピューティングを、従業員のワークステーションからサーバー・ベースの中央集中型インフラストラクチャーへと移行します。つまり、データやアプリケーションは、パーソナル・コンピューター、ラップトップ、またはその他のエンドポイント・デバイスに存在しなくなります。代わりに、これらのリソースは、オンプレミスまたはクラウド内の、あるいはコロケーション型のマネージド・データセンターに移動され、従業員はBYODも含めた任意のデバイス上でそれらにアクセスできるようになります。

その結果、IBMのお客様は、総所有コストの削減、デバイスの管理、保守、サポートの簡素化、拡張性の向上、従業員の幸福度の向上を実現しています。

デスクトップとアプリケーションの仮想化に対するIBMの取り組み

1.

評価

まずは、お客様の現在のユースケースと、技術的およびビジネス上の要件を把握するために、データを収集して分析することから始めます。

2.

設計

お客様の企業データへのリモート・アクセスを改善または実現する、デスクトップ仮想化ソリューションを設計し、文書化します。

3.

実装

お客様のソリューションを構築し、必要なすべてのコンポーネントのインストール、構成、テスト、パイロットを実施します。
 

4.

管理

そのソリューションを、お客様が指定する定常状態サポート・チーム(それがIBMであるかどうかにかかわらず)に引き継ぎます。
 

デスクトップ仮想化によりコストを30%削減

総所有コストの削減

総所有コストの削減

デバイスの管理、保守、サポートの簡素化

デバイスの管理、保守、サポートの簡素化

拡張性の向上

拡張性の向上

従業員の幸福度の向上

従業員の幸福度の向上

おすすめ資料

お客様がIBMを選ぶ5つの理由

Desktop as a Service(DaaS)ソリューションは、あらゆる規模の企業向けの手頃な価格です。

IBM Desktop as a Serviceの詳細を見る

中堅企業に最適なソリューションを使用することで、2週間以内に稼働を開始できます。

ガートナー社:IBMはマネージド・モビリティー・サービスのリーダーである

ガートナー社の2018年度マジック・クアドラントにおいて、IBMデジタル・ワークプレース・サービスが4年連続で「最先端」であると評価された理由をご覧ください。

Device Health with Watson

Device Health with Watson™によりデバイスの更新に最適なタイミングを見極めると同時に、1つのダッシュボードで組織内のすべてのデバイスの正常性を追跡できます。

デジタル・ワークプレースの会話に参加する#digitalworkplace

IBMをフォロー

IBMをフォロー