データ保護、複雑さの緩和、成果の向上を実現

セキュリティーとコンプライアンスの専門家は、これまで以上に多くのデータ、規制、セキュリティー・ツールへの対応に追われている一方、機密データの保護に対する障害は日々大きくなっています。

2.5クィンティリオン

バイトのデータが毎日作成されています

50 パーセント

のセキュリティー・リスクが、複数の異なるベンダーや製品が存在することから生じています

27 パーセント

の世界中の組織が、今後 2 年間でデータ漏えいを起こします

IBM Security Guardium のよりスマートなデータ保護プラットフォームで適切なソリューションを見つけましょう

オンプレミス環境、ハイブリッド環境、およびパブリック・クラウド環境で増大する脅威からあらゆる種類のデータを保護するために、プライバシー要件を満たしながら運用を簡素化するにはどうすればよいのでしょうか?

IBM® Security Guardium® ファミリーのデータ・セキュリティー・ソリューションを使用することで、堅牢な管理が統合され、よりスマートにデータ保護を行うことができます。この強力なプラットフォームは、次のような機能を通じて、実用的な洞察、リアルタイムの管理、自動化されたコンプライアンス・サポートを提供します。

  • データの検出と分類
  • 脆弱性スキャンとリスク・アセスメント
  • データ・アクティビティーのモニターとアラート
  • 暗号化、ブロッキング、マスキング、および検疫
  • コンプライアンスのレポートと監査
  • 高度なデータ・セキュリティー分析

よりスマートなデータ保護の3つの柱

洞察を得る

洞察を得る

データ・リスクを視覚化して把握し、常に情報に基づいたアクションを実行します。

目的にあわせた自動化

目的にあわせた自動化

少ない労力でデータ・セキュリティー・リスクを軽減し、チームがよりスマートに作業できるように支援します。

変革にあわせた拡大

変革にあわせた拡大

新しいテクノロジーをシームレスに採用し、新しい規制に対処して、安全で規制に準拠したビジネスの変革をサポートします。

データ保護ソリューションから 343 パーセントの投資収益率を得てみたいと思いませんか?

IBM Security Guardium の導入によって、運用効率を向上させながら、コストとリスクの削減を実現したお客様の事例をご紹介します。

統合されたデータ保護プラットフォーム

データの検出、分類、および脆弱性評価スキャン

把握できていないことが、損失につながる場合があります。さまざまなデータ・ソースがあるなかで、データの急激な増加に対応し、規制のリスクを把握し、脆弱性を管理するには、手動の方法では限界があります。

次世代のデータ検出と分類、および堅牢な脆弱性スキャンの機能を活用することで、組織が保有する機密データや規制対象データを自動的に把握できるようになります。これにより、データベースの脆弱性のリスクや不適切な構成を識別し、修復の推奨を得ることができます。

データ・アクティビティーのモニター、保護、およびコンプライアンス・レポート

従来型の手動によるデータ保護のアプローチでは、職務分離の徹底、疑わしいアクティビティーのリアルタイム認識、結果の統合、ユーザーの支援を行うことはできません。コンプライアンスの義務化と潜在的な監査により、より複雑になっています。Guardium データ保護ソリューションは、データベース、ファイル、クラウド実装済み環境、メインフレーム環境、ビッグデータ・リポジトリー、およびコンテナーにわたるすべてのデータ・アクティビティーのモニターと監査を支援します。

統合されたユーザー・インターフェースを使って、重要な洞察を確認できます。
リアルタイムの制御とコグニティブ分析によって機密データの保護を強化し、事前作成されたレポートとワークフローによって、GDPR、CCPA、HIPAA、PCI-DSS、SOX などへの準拠を促進します。

認定された堅牢な暗号化、トークン化、および鍵管理のソリューション

データが漏えいした場合、可能な限りデータに近い場所に保護を配置し、許可ユーザーが業務を続行できるようにする最後の砦が必要です。オンプレミス環境、単一クラウド環境、複数クラウド環境、あるいはハイブリッド環境のデータを保護する柔軟な暗号化ソリューションにより、機密データを隠します。

ファイルやボリュームの暗号化機能、トークン化、アプリケーション暗号化、Teradata 暗号化、セキュリティー鍵管理機能により、機密データの管理、アクセス・ポリシーの適用、コンプライアンス要件への対応を支援します。

データ・セキュリティーの最適化とリスク分析

新しい規制に基づいてデータ・セキュリティー・プログラムを構築し、新しいテクノロジーを採用し、新しい実装モデルに移行する際には、複雑さを回避し、データ・セキュリティーの拡張性を向上させる必要があります。

最適化、レポート作成、リスク分析の機能により、既存のデータ・セキュリティーの実装を強化します。また、運用の合理化、価値実現までの時間の短縮、データ・セキュリティー情報と他のツールの組み合わせによる状況に応じた洞察の提供を支援します。

関連製品とサービス

IBM データ・セキュリティー・サービス

知的財産やその他の企業に不可欠なビジネス情報を保護する力を獲得します。

IBM Identity Governance and Intelligence

ライフサイクル、コンプライアンス、分析の機能を通じて、ユーザーのアクセスとアクティビティーに関するプロビジョニング、監査、レポート作成を行います。

IBM zSecure Audit

IBM Z Security が提供するサービスの品質を確保しながら、ビジネス・リスクの軽減、管理コストの削減、コンプライアンス・ニーズの充足を実現します。

IBM MaaS360 with Watson

IT およびセキュリティーのリーダー向けの IBM MaaS360® 統合エンドポイント管理プラットフォームで IBM Watson™ を使用することで、モバイルとシャドー IT 全体の盲点を克服します。

データ・セキュリティー関連情報

IBM Security Guardium コミュニティー

IBM の専門家とのコミュニケーション、ユーザー間でのアドバイスやベスト・プラクティスの共有、重要な製品ニュースの最新情報の入手などが可能です。

IBM Security Guardium App Exchange

アプリケーションや統合を参照して、データ・セキュリティーの状況を強化します。

IBM Security Guardium Knowledge Center

資料を参照し、IBM Security Guardium データ保護ソリューションをインストール、保守、および使用する方法を確認します。

IBM Security Guardium 対話型デモ

ソリューションにどのような利点があるかを確認します。

お気軽にお問い合わせください

電話:0120-550-210
識別コード:Security