IBM z/OS Workload Interaction Navigatorのスクリーン・ショット

z/OSワークロード間の相互依存関係を可視化

IBM Zは今後もクラウド・ジャーニーに不可欠な要素ですが、問題の原因を見つける作業はますます複雑になっています。

IBM z/OS Workload Interaction Navigatorは、IBM z/OS Workload Interaction Correlatorインフラストラクチャーからデータを取り込んで解釈し、そのデータへの単一のインターフェースを提供することで、この課題に対応します。生成されたデータは短い時間間隔で標準化と同期化が行われるため、IBM z/OS Workload Interaction Navigatorはワークロードを容易に可視化することができます。このデータの可視化と分析によって、パフォーマンス・ベースの異常動作を検出できます。

メリット

可視性の向上

可視化されたワークロードにより、問題の根本原因や操作の問題を迅速かつ容易に識別できます。

異常検出

短い間隔の時系列の要約データを活用し、時間間隔におけるアクティビティーの基準値を確立して分析することができます。

ワークロードの可用性の向上

環境に対する変更を検証することによって、ワークロードの高可用性の維持と、DevOpsアプローチの採用という2つの要件のバランスを取ることで、望ましい効果が得られます。

IBM z/OS Workload Interaction Navigatorの主要な機能

  • IBM z/OS Workload Interaction Correlatorのデータの解釈
  • ワークロード間の相互依存と相互作用の可視化
  • 異常動作を動的に認識
  • 環境に対する変更の検証