IBM Product Master

製品情報管理機能とコラボレーション可能なマスター・データ管理機能を提供するだけでなく、クラウドへの導入オプションも用意されています。

店の棚で箱を探している営業担当者
チャネル全体でのデータの取得、管理、シンジケート

IBM Product Master(旧称:IBM InfoSphere® Master Data Management Collaborative Edition)は、信頼できる製品情報管理(PIM)とコラボレーション可能なマスター・データ管理(MDM)機能を提供します。 製品とサービスの情報の正確かつ最新のリポジトリを作成し、戦略的なビジネス・イニシアチブの達成を支援するために企業全体で使用できるようにします。 IBM Product Masterは、あらゆるアップストリーム・システムからの情報を集約し、ビジネス・プロセスでデータの正確性と整合性を確保し、信頼できる情報をダウンストリーム・システムと同期させます。

IBM Product Masterは、組織がより優れた運用効率を達成し、コンプライアンスを管理し、データを基盤にしたデジタル・トランスフォーメーションを推進するのに役立ちます。


ユーザーのデータ理解の向上

新しいペルソナベースおよびロールベースのインターフェイスで使いやすさが改善され、ユーザーが直感的にデータをよりよく理解でき、エンド・ユーザーにビジネス価値を提供できるようになります。

データがより簡単に

新しいペルソナベースおよびロールベースのインターフェイスが組み込まれているため、ユーザーは自身のデータをしっかり把握できます。 非常に直感的なデータ体験を基盤に、エンド・ユーザーに真のビジネス価値を提供します。

Data Stewardshipとガバナンスの改善

企業全体に信頼できる情報を、一貫して迅速に配信できるようにすることで、Data Stewardshipとガバナンスを強化します。

デジタル資産の管理

ビデオ、画像、製品パンフレット、製品データなどの非構造化データを、一元化された場所から管理する機能を提供します。

強力なワークフローを提供

強力な共同オーサリングタスクにより、主要なワークフローを改善します。 新製品情報(NPI)を含む重要なビジネスプロセスを合理化します。

機械学習で生産性を向上

データの標準化と分類に機械学習(ML)機能を活用することで、エンドユーザーの生産性を向上させます。

IBM Cloud®で実行

サブスクリプション・ベースの料金体系モデルにより、優れた柔軟性を提供し、コストを削減します。


IBM Product Masterの主な機能 柔軟性とで適応性のあるデータモデル

非常に柔軟で適応性の高いデータ・モデルを提供する、市場をリードするソリューションであり、組織がIT部門やシステム・インテグレーター(SI)に依存することなく、変化に効率的に対応できるようにします。

主要なエンタープライズ・アプリケーションとの容易な統合

異機種混合のIT環境で実行し、スケジュール済みジョブとオンデマンド・ジョブ、インポート/エクスポートのテンプレート、XML、複数のプロトコル、REST/Webサービスを使用して、他のエンタープライズ・アプリケーションと容易に統合できるようにします。

データ品質の向上を図るユーザーインターフェース・ベースのルール・エンジン

強力なユーザー・インターフェース(UI)ベースのルール・エンジンを提供します。これにより、コーディングやスクリプトに関する知識を必要とせずに、膨大な数のデータ品質ルールを簡単に作成して保守することができます。

サプライヤー・コラボレーションのサポート

組み込みのサプライヤポータルにより、サプライヤーとの効率的なコラボレーションが可能になり、エラーが発生しやすい手動による製品情報のやり取りのプロセスを取り除くことができます。

Data Stewardshipの強化

プリパッケージされた検証、ルール、計算、自動化を使用して、データ品質とビジネス・ルールを強化します。 ロール・レベルと属性レベルのセキュリティを提供します。

実証済みのパフォーマンスと拡張性

大量のエンタープライズ・データの処理と管理を可能にする高度なコラボレーション機能を備えた、高性能で拡張可能なMDMソリューションを提供します。

オムニチャネル体験

大人気のコマース・ソリューションやマーケットプレイス(Amazon、eBay、Magento、Adobe、Google Merchant Centerなど)にすぐに使えるコネクタで、真のオムニチャネル・体験を提供します。

ペルソナベースのダッシュボード

さまざまなペルソナベースのダッシュボードは、データの完全性、データ品質、ベンダーのパフォーマンスなどに関する製品データに、迅速で有意義な洞察を提供します。

次のステップに進む

IBMエキスパートへのお問い合わせはこちら または、サブジェクトの詳細はこちら

AIへのデーター・ジャーニーに関するブログを読む コミュニティーに参加する あらゆる角度から捉えた動画を見る(02:31) 追加の動画を見る(02:37)