IBM Multi-site Workload Lifeline

z/OS上で実行されているビジネス・クリティカルなワークロードの停止中も継続的な可用性を実現します

IBM Redpaperを読む

「Lifeline」とも呼ばれるMulti-site Workload Lifelineは、ワークロードを監視およびルーティングするためのソフトウェアです。その目的は、TCP/IPワークロードの接続とIBM® MQクラスター・ワークロードのメッセージを2つのサイトに分散させることによって、重要なワークロード・トランザクションのバランスを取り、ほぼ継続的な可用性を確保することです。

この製品は、独立製品としても、GDPS® Continuous Availabilityソリューションの一部としてもご利用いただけます。

停止が発生した場合、IBM Multi-site Workload Lifelineは、従来の災害復旧と比較して、重要なワークロードの復旧時間を数時間から数分に短縮するのに役立ちます。ワークロードの障害を検出し、別のサイトに再ルーティングすることで、計画外の停止の復旧時間が短縮されます。計画停止の影響は、中断を最小限に抑えてワークロードを別のサイトに切り替えることで軽減されます。

Lifeline は以下のワークロードをサポートしています。

  • TCP/IPベースのワークロード。

  • Linux on z Systemsワークロード

  • SNAワークロード

  • IBM MQ クラスター・ワークロード。

  • Db2シスプレックス・ルーテッド・ワークロード

新着情報

Lifeline V2.5の最新更新の概要

リモート・コマンドAPIとIBM MQマルチクラスター・ワークロードのサポート

メリット パフォーマンスの向上

最も処理能力の高いアプリケーション、サーバー、システムにワークロードの新しい接続をルーティングして、トランザクションの応答時間を短縮します。システム・リソースがより効率的に使用されます。

高可用性の実現

アプリケーションやシステムまたはサイトが停止した場合に、新しいワークロード接続を他の利用可能なアプリケーションにルーティングします。保守更新やその他の計画されたイベントのための停止を最小限に抑えることができます。

回復時間を短縮する

新しいワークロード接続を最も機能的なアプリケーションおよびシステムに調整することで、応答時間を短縮します。ワークロード障害後の復旧時間を数時間から数分に短縮します。

スケーラビリティーの向上

アプリケーション・インスタンスをオンデマンドで追加します。 追加されたインスタンスを自動的に監視し、ワークロード・ルーティングの決定に含めます。

ワークロードの移行、使用率を向上

中断を最小限に抑えながら、あるサイトから別のサイトにワークロードをルーティングします。クエリ・ワークロードの接続は両方のサイトに同時に分散できます。

災害復旧手順の簡素化

運用サイトを停止することなく、リカバリー・サイトでワークロードがアクセス可能であることを検証することで、災害復旧手順のテストをよりシンプルで中断なく追加できます。

IBM Multi-site Workload Lifelineは、サイトが正常かどうか、データが同期されているかどうかを理解するのに役立ちます。IBM Multi-site Workload Lifelineが導入されている場合にのみ、IBM GDPS Continuous Availability(GDPS AA)はワークロードの切り替えを完了して継続的可用性を実現できます。 データセンター担当シニア・マネージャー アジアの大手銀行
機能
ワークロードの負荷分散

Lifelineは、TCP/IPアプリケーションをターゲットとするワークロードに対して2層の負荷分散を使用します。Lifelineは、選択したサイト内の第2層ロード・バランサーにワークロード接続をルーティングするように第 1 層ロード・バランサーに指示し、その後、その接続がサイト内のアプリケーションにルーティングされます。Lifelineは、メッセージングを使用することにより、ワークロードをIBM MQクラスターに依存しています。Lifelineは、選択したサイト内のIBM MQキュー・マネージャーにワークロード・メッセージをルーティングするようにクラスターに指示し、その後、アプリケーションでメッセージを使用できるようにします。

外部ロード・バランサーはこちら 内部ロード・バランサーはこちら
サイトルーティングの推奨事項

2層のロード・バランサーを使用するワークロードの場合、Lifelineは、ワークロードのアプリケーション、z/OSシステム、および(該当する場合)Linux on IBM Z Systemsの可用性と健全性に基づいて、サイト接続ルーティングの推奨を第1層のロード・バランサーに提供します。IBM MQクラスタを使用するワークロードの場合、Lifelineは、IBM MQキュー・マネージャーとz/OSシステムの可用性と健全性に基づいて、サイト・メッセージ・ルーティングの推奨事項をクラスターに提供します。

IBM MQクラスターはこちら
Lifeline Agent

Lifeline Agentは、ワークロードが両サイトにわたって存在する各z/OSシステムとLinux on Z Management Guest上で起動されます。Agentは、システム上に存在するワークロード・アプリケーションを監視し、この情報をLifeline Advisorに報告する役割があります。z/OS上のAgentは、IBM MQキュー・マネージャーと通信して、IBM MQクラスター内のIBM MQメッセージ・ルーティングを監視し、影響を与える役割も担います。

Lifeline Agentはこちら
Lifeline Advisor

Lifeline Advisorはz/OSシステム上で起動され、プライマリーAdvisorまたはセカンダリーAdvisorとして起動できます。プライマリーAdvisorはすべてのLifeline Agentと通信して、ワークロードの可用性を判断します。Advisorは、IBM MQクラスターのAgentにMQメッセージ分散ルールを提供し、これらのワークロードのTCP接続のロード・バランサーにルーティングの推奨事項を提供します。セカンダリーAdvisorはプライマリーAdvisorの可用性を監視し、プライマリーAdvisorに障害が発生した場合にはプライマリーAdvisorの責任を引き継ぎます。

Lifeline Advisorsはこちら
ワークロード構成

Multi-site Workload Lifelineに構成された各ワークロードは、アクティブ/スタンバイ・ワークロードまたはアクティブ/クエリ・ワークロードとして分類されます。

アクティブ/スタンバイ・ワークロード

 

アクティブ/スタンバイ・ワークロードが1つのサイトでアクティブです。Lifelineは、ロードバランサーとIBM MQキューマネージャーに、着信接続とメッセージをアクティブなサイトにルーティングするよう指示します。データベースの更新が行われると、データベース複製ソフトウェアは、ワークロードのアクティブ・インスタンスからスタンバイ・インスタンスに非同期で変更を送信します。スタンバイ・サイトでは、ワークロードのスタンバイ・インスタンスがアクティブであり、作業を受け取る準備ができています。アクティブ・サイトからの更新データは、スタンバイ・サイトで実行されているデータベース・サブシステムにほぼリアルタイムで適用されます。

アクティブ/クエリー・ワークロード

アクティブ/クエリー・ワークロードは、一方または両方のサイトでアクティブにできます。Lifelineは、両サイト間で接続をインテリジェントに分散させるために、ロード・バランサーにルーティングの推奨事項を提供します。IBM MQメッセージを使用するワークロードは、アクティブ/照会ワークロードとして分類できません。関連するアクティブ・スタンバイのワークロードによってデータベースの更新が行われるとき、サイト上の複製されたデータベースにアクティブ・サイト上のデータベースとあまりに古いデータが含まれている場合、データベースの複製遅延は、接続がサイトにルーティングされないようにLifelineによって監視されます。

Multi-site Workload Lifeline構成のサンプルはこちら
技術的な詳細

Multi-site Workload Lifelineを使用する準備として、継続的な可用性を提供するワークロードを特定し、これらのワークロードのアプリケーションへのアクセス方法を評価する必要があります。

要件
  • すべてのz/OSシステムはz/OS 2.5以上である必要があります。
  • すべてのLinux on z Systemsゲストは、SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 12 SP4以降またはRed Hat® Enterprise Linux Server 7.9以降である必要があります。
  • Linux on z Systemsゲストをホストするz/VMは、z/VM 6.4以上である必要があります。
他のすべての要件を確認してください
参考情報 IBM MQクラスターへの変換

共有チャネルを備えた既存のIBM MQ環境をクラスターに変換する方法と、MQクラスターを使用するワークロードをサポートするようにLifelineを構成する方法をご覧ください。

IBM Multi-site Workload LifelineとF5 BIG-IPの統合

LifelineとF5のBIG-IP Local Traffic Managerの統合を説明するユースケースをお読みください。

関連製品 IBM z/OS Communications Server

メインフレームのワークロードを開発および共有するための安全なプラットフォーム。

IBM GDPS

メインフレームのタスクと災害復旧を自動化して、レジリエンスの目標を達成します。

IBM z/OS Parallel Sysplex

最大32台のIBM z/OSシステムを接続し、単一の論理コンピューティング・プラットフォームとして動作させるクラスタリング・テクノロジーにより、サーバー通信を強化します。

IBM Data Replication

トランザクションの整合性を保ったログベースの変更データ取得により、データ統合や集約、ウェアハウス、分析の取り組みを大規模にサポートします。

IBM Zのレジリエンスの詳細を見る

FAQ

IBM Multi-site Workload Lifelineはどのようにして継続的な可用性を実現しますか。

Lifelineは、ワークロード・アプリケーションと、これらのシステムが実行されている2つのシスプレックスまたはサイトにわたって、これらのアプリケーションが常駐するシステムを監視します。Lifelineは、これらのワークロード・アプリケーションを対象とする接続とMQメッセージのルーティングを制御し、接続とIBM MQメッセージがアクティブ・サイト内の最適なワークロード・アプリケーションに送信されるようにします。
アクティブ・サイトのワークロード障害がLifelineによって検出された場合、Lifelineは代替サイトのワークロード・アプリケーションへのワークロードの切り替えを数秒で自動的に実行できます。あるいは、Lifelineは、自動化製品が独自のワークロード切り替えを実行するためにキャプチャできるアラート・メッセージを生成できます。

私のビジネスにはワークロードに対する継続的な可用性が必要ですか。

ビジネスが次のいずれかの状況に該当する場合は、ワークロードの継続的な可用性が必要です。

  • 業界の規制により、ビジネスは24時間365日稼働する必要があります。
  • 他のビジネスは、たとえば、金融業界や保険業界の場合、ビジネスの常時稼働の可用性に依存します。
  • たとえば、非シスプレックス環境やディスク複製機能がない場合など、ビジネスには復旧手順が整備されていません。
継続的可用性と災害復旧の違いは何ですか。

既存の災害復旧ソリューションは、ディスクベースのレプリケーションを利用して、ローカル・サイトのシステムで使用されているすべてのディスクのミラー・コピーをリモート・サイトに作成します。これらのディスク・コピーは、ディスク・レプリケーションの実行中は使用できません。ローカル・サイトで障害が発生した場合、ワークロードへのアクセスが再確立される前に、リモート・サイトでシステムとワークロード・アプリケーションを再起動する必要があります。通常、これを完了するには1時間以上かかることがあります。
Lifeline対応の継続的可用性ソリューションでは、InfoSphere Data Replication for Db2などのソフトウェア・データ・レプリケーションを使用して、ローカル・サイトとリモート・サイトの間でデータの同期を維持します。主な違いは、両方のサイトのシステムがアクティブであり、Lifelineを使用して両方のサイトにわたるワークロードが監視されていることです。ローカル・サイトで障害が発生した場合、Lifelineはワークロードの障害を検出し、すべての新しいワークロード接続を代替サイトにルーティングします。そのため、ワークロードへのアクセスは数秒で再確立されますが、災害復旧ソリューションでは1時間以上かかります。

LifelineはGDPS Continuous Availabilityソリューションの不可欠な部分としてどのように機能しますか。

Lifelineは、監視とワークロード・ルーティングを通じて、GDPS継続的可用性ソリューションにおいて重要な役割を果たし、次のメリットを提供します。

  • パフォーマンスの向上: ワークロードの新しい接続は、最も処理能力の高いアプリケーション、サーバー、システムにルーティングされるため、トランザクションの応答時間が短縮されます。システムリソースがより効率的に使用されます。
  • 可用性の向上: 一部のアプリケーションやシステムがダウンした場合でも、ワークロードの新しい接続を利用可能なアプリケーションやシステムにルーティングできます。メンテナンス更新やその他の計画されたイベントのための停止を最小限に抑えることができます。
  • 回復時間の短縮: 目標回復時間は数時間から数分に短縮されます。ディスク・レプリケーションでは、従来のDRソリューションは、システムまたはアプリケーションを再起動することでスタンバイ・サイトで復旧します。通常、これには数時間かかり、その間ITサービスは停止されます。ライフラインがGDPS継続的可用性ソリューション内で動作すると、ワークロードを数分でスタンバイ・サイトに切り替えることができます。
詳細はこちら
LifelineはGDPS継続的可用性ソリューションの一部としてのみ利用可能ですか。

いいえ。通常、GDPS継続的可用性ソリューションの不可欠な一部として使用されるが、Lifelineはソリューションの外部に展開することもできます。
もしビジネスに独自の自動化機能があれば、ライフラインと、両サイトのデータを同期させるためのソフトウェア・データ・レプリケーション製品を併用することができます。
また、sysplexに対応していないワークロード・アプリケーションを使用している場合は、GDPSの継続的可用性ソリューションを使用できません。 両サイトのデータを同期させるソフトウェア・データ・レプリケーション・プロデュースとともにLifelineを使用することで、このようなワークロード・タイプに対して「シスプレックスのような」リカバリが可能になります。

詳細はこちら
Lifelineは計画停止のメンテナンス時間をどのように短縮しますか。

Lifelineは、計画停電中にアプリケーションとそのデータソース (Lifelineではワークロードと呼ぶ) のグレースフルスイッチを実行する機能を提供します。シンプルなライフラインコマンドを使用することで、あるサイトから別のサイトへのワークロードの移行を簡単に実行することができ、定期的なメンテナンス活動などの計画的なイベントのダウンタイムを最小限に抑えることができます。

詳細はこちら
Lifelineは、計画外の停止時に重要なワークロードに対してほぼ継続的な可用性をどのように提供しますか。

Lifelineは、障害が発生したワークロード・アプリケーションやシステムから新しい接続やメッセージをルーティングできるため、可用性が向上します。Lifelineは、追加の作業に対応できるワークロード・アプリケーションとシステムに接続とメッセージをルーティングすることで応答時間を短縮し、リカバリ時間を数時間から数分に短縮します。

サイト内で実行されているすべてのワークロードは、最初にLifelineに構成する必要がありますか。

いいえ。ライフラインの多くのメリットの1つは、災害復旧ソリューションにありがちな、全か無かのソリューションではないことです。継続的な可用性を提供するために最も重要なワークロードのみがLifelineに構成され、バッチを含む他のすべてのワークロードは既存の災害復旧手順を使用してリカバリされます。また、追加のワークロードをいつでもLifelineに追加できます。

ワークロードをLifelineに定義する場合、そのワークロードの特徴は何ですか。

ワークロードの特性は、ワークロードのタイプによって異なります。TCPベースのワークロードの場合は、TCPアプリケーションのIPアドレスとポート番号です。SNAベースのワークロードの場合は、SNAアプリケーションのSNAアプリケーション名です。IBM MQベースのワークロードの場合は、ワークロードのIBM MQ メッセージが送信されるのは、MQクラスター・キューとMQキュー・マネージャーです。Db2 DRDAベースのワークロードの場合は、Db2エイリアスとDb2サブシステムのIPアドレスとポート番号です。Linux on Zワークロードの場合は、zVM上で実行されるLinux on Zゲストです。

Lifelineはワークロード・アプリケーションへの接続のルーティングをどのように制御しますか。

Lifelineは、RFC 4678に記載されているServer/Application State Protocol (SASP)をサポートするロード・バランサーに依存しています。このプロトコルを使用すると、Lifelineはルーティングの推奨事項を SASP 対応のロード・バランサーに定期的に送信し、両方のサイトにまたがる一連のワークロード・アプリケーション間でワークロード接続をルーティングする方法をロード・バランサーに指示できます。F5 Big-IPスイッチ・ローカル・トラフィック・マネージャーは、Lifelineでの使用に推奨されるロード・バランサーです。

LifelineはワークロードのMQメッセージのルーティングをどのように制御しますか。

Lifelineは、ワークロードによって使用されるキューを管理するMQキュー・マネージャーと通信し、MQキュー・マネージャーがMQメッセージを受信できるMQクラスターに指示します。サイトでワークロード障害が発生した後、Lifelineは、ワークロードの切り替え中に、取り残されたMQメッセージが代替サイトのMQマネージャーに確実に転送されるようにします。

次のステップ

Multi-site Workload Lifelineが、障害発生時の重要なワークロードの復旧時間をどのように短縮するのかをご覧ください。IBM Zのエキスパートとの30分間の無料相談をご予約ください。

その他の参考情報 資料 サポート IBM Redbooks サポートとサービス グローバル・ファイナンシング 柔軟な料金体系 教育プログラムと学習 コミュニティー 開発者コミュニティー ビジネス・パートナー 参考情報