概要

IBM® z/OS Communications Serverは、FTP、Telnet、アプリケーションのリモート実行などの一般的なアプリケーションを提供する可用性の高い企業向けトランザクション/データ・サーバーです。 最適な生産性を目指して開発されており、メインフレーム・ワークロードの開発および共有のための安全なプラットフォームを提供します。ご使用のz/OS TCP/IP接続およびEnterprise Extender接続の暗号保護属性を容易に照会して分析できるようにするため、新しいz/OSMFプラグインであるIBM z/OS Encryption Readiness Technology(zERT)Network Analyzerを利用できるようになりました。

利点

高速接続

TCPプロトコル・ワークロードに対するパフォーマンスを大幅に改善するShared Memory Communications(SMC)を始めとする、高帯域幅および高速のネットワーク・テクノロジーをサポートします。

高可用性

z/OS Parallel Sysplex®テクノロジーを使用して、高可用性アプリケーションのサポートを可能にします。

ネットワーク・セキュリティ

z/OS上の機密データとTCP/IPスタックの操作を保護します。

IPv6を使用可能化

128ビット・アドレッシングでのインターネット使用の要求を処理するために、旧式のIPv4テクノロジーの後継であるIPv6の使用を可能にします。

ネットワーク管理

ネットワークのトポロジー、ステータス、パフォーマンスに関する情報を収集します。

簡素化と使いやすさ

Configuration Assistantを使用すると、ポリシー・ベースのネットワーキング機能をより迅速に、より簡単に構成できます。

主要な機能

  • z/OS Container Extensionsに対するネットワーク・サポート
  • OSA-Express7SおよびIBM 25 GbE RoCE Express2のサポート
  • z/OS V2R2 Communications Serverによる拡張性の改善
  • z/OS Encryption Readiness Technology(zERT)
  • IBM Configuration Assistant for z/OS Communications Server
  • IBM Cloud Provisioning and Management for z/OSのためのネットワーク管理
  • Shared Memory Communications‐Direct Memory Access(SMC-D)