IBM DataPower Gatewayとは?

IBM DataPower® Gatewayにより、組織は一元化されたマルチチャネル・ゲートウェイでデジタル・ビジネスの安全性と統合のニーズを満たすことができます。モバイル、Web、アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)、サービス指向アーキテクチャー(SOA)、B2Bおよびクラウドのさまざまなワークロードのための、安全性、制御、統合および最適化アクセスの機能を提供します。新しいDataPower Gateway IDG X2物理アプライアンスは、次世代のハードウェア・アーキテクチャーを備えたIBM DataPower Gateway(IDG)の最大2倍のパフォーマンスを提供します。また、IDGおよび2X 10GbEネットワーク・ポートよりも2倍の容量のフラッシュ・ドライブを備えています。IDG X2は、アプリケーションの応答性を高速化し、ワークロードの容量を増加させます。これは、高いパフォーマンスや、ガバナンスとTCOの削減を伴う追加のテナントの実行に不可欠なものです。

お客様による使用法

モニタリングと管理

回線速度およびサービス要求/応答モニターにおけるディープ・コンテンツのイントロスペクションは、集中管理と制御のための際立ったプラットフォームをサポートします。

監視

XML脅威からの保護とセキュリティー

DataPowerアプライアンスは、高度なチェックを使用した、企業向けの堅固なXMLファイアウォールを提供します。

XML脅威からの保護とセキュリティー

アプリケーション認識型の経路指定とデータ集約

DataPowerアプライアンスでは、サービス・レベルおよびアプリケーション・レベルの情報に基づいてデータ要求の分類を可能にします。

アプリケーション認識型の経路指定とデータ集約

機能

単一のマルチチャネル・ゲートウェイ・プラットフォーム

モバイル、API、Web、SOA、B2B、クラウドなど、複数のチャネルにわたるワークロードを保護、統合、制御、最適化します。

セキュリティー・ポリシーの一括適用と高度なセキュリティー

一元化されたエントリー・ポイントで、ビジネス・チャネル全体で一貫性のあるセキュリティー・ポリシーを保護し、使用できるようになり、運用コストを削減し、安全性を高めます。

構成主導型のポリシー作成と柔軟なユーザー・エクスペリエンス

市場投入までの時間の短縮、生産性の向上、専門知識の拡張を実現します。

DMZ対応のチャネル間連携専用の拡張可能プラットフォーム

ビジネスの俊敏性、物理的セキュリティー、容易な導入、簡素化された管理により総所有コストの削減を実現します。

DataPower Operations Dashboard

問題の判別と解決を迅速化するための集中化されたトラブルシューティングとリアルタイムの運用可視化を実現します。

利点

企業レベルのセキュリティー・ゲートウェイ

基幹業務の企業向けアプリケーションへの先進の安全性の保証の認定を受け、企業レベルの安全性を実現します。

簡素化された統合

素早く安全にプロバイダーに接続するために、高速のany-to-anyメッセージ変換、転送プロトコル・ブリッジ、データベース接続、メインフレーム接続、コンテンツ認識型ルーティングの機能を提供します。

コストと複雑性の低減

単一の「ドロップイン」ゲートウェイにより、トポロジーが簡素化され、開発コストが削減され、運用が簡素化されます。その結果、コストの節約とリスクの軽減が実現します。

スマートな洞察とトラブルシューティング

トランザクションをほぼリアルタイムに可視化して一元操作を可能にする拡張操作コンソールを備えており、より素早い問題判別と操作の回復力を実現します。

製品のバージョン

IBM DataPower Gateway – Physicalアプライアンス

物理的セキュリティーを備えたDMZ対応のオールインワンであり、容量、性能、保守性を向上させて、基幹業務インフラストラクチャーの要件に対応します。

IBM DataPower Gateway – 仮想アプライアンス

IBM® DataPower® Gatewayの機能を仮想アプライアンスで提供し、ハイパーバイザーとクラウドの実装向けの柔軟性と弾力性を実現します。

IBM DataPower Gatewayをすぐに始める

IBM Developer Hubで無料のDocker on Dockerを使用して、DataPower GatewayのDataPower Gatewayを評価、実証、開発、および単体テストします。