コンテンツの中にあるデータの分類、抽出、対処

IBM Business Automation Content Analyzerは、新しいクラウド・ベースのAPI Webサービスです。IBM Automation Platform for Digital BusinessまたはIBM以外のコンテンツ・システムまたはプロセス・システムと連携するように設計されています。Content Analyzerは、どのような文書であれ、そのデータの抽出と分類を迅速化できるようにします。Content Analyzerは、OCRおよびPDFのテキスト抽出機能を使用して、構造化されていない文書コンテンツをデジタル化、分類、抽出できます。これにより、Watson™やその他のAIテクノロジーが、文書からビジネス上の洞察を明確にすることができるようになります。

お客様の声

実用的なデータを使用して複雑なビジネス・プロセスを簡素化

インテリジェントで柔軟なキャプチャー分析のアイコン

インテリジェントで柔軟なキャプチャー分析

専門サービスを使用して、構造化文書と非構造化文書から情報を分類・抽出します。

RESTful API経由でソフトウェア・アプリケーションに組み込みのアイコン

RESTful API経由でソフトウェア・アプリケーションに組み込み

マイクロサービスに基づいて構築された単純なAPI呼び出しを使用して、現在のアプリケーションの価値を迅速に拡大します。

クラウド・ネイティブ・アプリケーションのアイコン

クラウド・ネイティブ・アプリケーション

クラウド上のSaaSとして設計、開発、提供されています。

機械学習アルゴリズムをデータに適用のアイコン

AIアルゴリズムをデータに適用

文書に格納されているデータの全体像を把握し、自動化のジャーニーに組み込みます。

Next Steps

製品ツールの詳細を見る

Content Analyzerの利点

実装の迅速化のアイコン

実装の迅速化

数日間で稼働することができます。SaaSは、最小のインストールと即時の拡張性を実現します。

作業時間の短縮のアイコン

作業時間の短縮

文書データの理解と抽出に必要な時間を大幅に短縮します。より短時間で、より多くの作業を実行できるようにします。

データ出力の高速化のアイコン

データ出力の高速化

たった1つのサンプルを使用して、数分で多数の文書タイプを学習できます。Content Analyzerは、人間と同様に、文書をインテリジェントにじっくりと見ます。

開発コストの削減のアイコン

開発コストの削減

IT部門の関与を最小化するためにビジネス・ユーザー専用のツールを提供しています。

製品リソース

既存のIBMプラットフォームにさらに価値を付加


  • クラウドの機能と簡単に構成可能なオントロジーを適用することで、IBM Datacapを補完します。
  • RPAとの組み合わせにより、クラウド内のプロセスを自動化します。
  • Watson AIと統合して、複雑な機械学習アルゴリズムを適用します。

IBM Datacapの詳細を見る

コンテンツ・システムやプロセス・システムにキャプチャー層を追加


  • RESTful APIを使用して、Content Analyzerを既存のツールに統合し、インテリジェントなキャプチャーとクラウドの拡張性の利点を組み込みます。
  • 最小限のコーディングで統合を実現するマイクロサービス・アーキテクチャーを、既存の技術スタックに適用します。
  • 既存のコンテンツ管理システムの価値を拡大します。

データ・サイエンティストが使用する分析用の文書データに追加


  • データ・サイエンスを行う際には、大量のコンテンツから重要点を簡単に抽出して、企業の影響を把握できるようにします。
  • すべての文書タイプ間で共通のJSONフォーマットをデータ・レイクにエクスポートします。
  • 事前構成やデータからのノイズの除去なしに分析を適用します。

柔軟性と適応性に優れたキャプチャー・サービス

IBM Datacap

ビジネス文書のキャプチャー、認識、分類を簡素化します。

IBM Robotic Process Automation with Automation Anywhere

ビジネス・プロセスを自動化するためにその他の自動化テクノロジーと統合されたRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)プラットフォームを活用できます。

IBM Business Automation Workflow

オンプレミスかクラウドにかかわらず、人を介さないあるいは人が支援するプロセスから複雑なケースの管理まで、企業のデジタル・ワークフローを自動化します。

IBMに相談する

IBMの専門家が、データ管理の最良の方法について、経験から直接得た知識を提供します。

Chat Now