IBM Datacap
ビジネス文書のキャプチャ、認識、分類を合理化します。
Infosourceレポートはこちら
マッピングされる文書のアイソメ図
インテリジェントな文書の取り込み

IBM® DatacapソフトウェアはIBM® Cloud Pak for Business Automationの主要機能です。ビジネス文書の取り込み、認識、分類を合理化します。その自然言語処理、テキスト分析、機械学習テクノロジーは、非構造化または可変の紙文書からコンテンツを識別、分類、抽出します。

Infosourceキャプチャー・マーケット・マトリックス・レポートでIBMがリーダーに選出されました
メリット IBM Datacapをお勧めする理由 高度な文書取り込み

スキャナー、ファックス、Eメール、PDFなどの電子ファイル、アプリケーションやモバイル・デバイスからの画像といった各種データ形式に対応しています。

AIを活用したインテリジェントな処理

機械学習を使用して、従来のシステムでは取り込むことが困難な、複雑または未知の形式や変数の多い文書の処理を自動化します。

各種出力先へのエクスポート

幅広いアプリケーションやコンテンツ・リポジトリー(IBM製または他社製)に文書や情報をエクスポートできます。

適用性の高いルール・ベースの取り込み

使いやすいポイント・アンド・クリック式インターフェースを採用した、取り込みワークフローとアプリケーションの設定が可能で、デプロイメントにかかる時間を短縮します。

役割ベースのリダクション

リクエスターの役割に基づいて文書を自動的に編集することで、ユーザー・プロフィールに応じて情報の漏洩を遮断できます。

主要な機能
充実したモビリティ

スマートフォンやタブレットから文書の取り込みや送信ができます。顧客との接点でデータの取り込みや検証を行うことで、ケース・ファイルやビジネス・プロセスへの統合を加速します。


インテリジェントな取り込み

機械学習を使って情報を取り込みます。構造化されていない文書、複雑な文書、または変数が多い文書からコンテンツを分類して抽出し、正確なナレッジベースを構築します。


IBM Robotic Process AutomationとDatacapを連携させる

高度な文書認識機能をRobotic Process Automation with Automation Anywhereに追加します。Datacap MetaBotを使用すると簡単にネイティブな統合が実現します。


ロール・ベースのコンテンツ管理でデータを保護

ロール・ベースの編集機能により機密データを保護します。機密データを管理し、業務に必要なコンテンツのみが開示されるようアクセスを制限します。

IBM DatacapをIBM Cloud Pak for Business Automationの機能として使用する IBM Cloud Pak for Business Automationの詳細はこちら 統合済み

IBM Cloud Pak for Business AutomationにはAIを活用した機能やローコード・ツールが含まれているだけではなく、使い慣れたUIで使用することができます。

完全

タスク・オートメーション、ワークフロー・オーケストレーション、意思決定管理、コンテンツ・サービスなどを利用できます。

最新の料金体系

モジュール式で使いやすい料金体系で、必要な分だけお支払いいただけます。

どのオプションがあなたに適していますか?
Datacap

高度な文書管理機能をデジタル・ワークフローに組み込んだ、エンタープライズ向け取り込み自動化技術を提供します。

Datacap Insightエディション

コグニティブ・キャプチャー・テクノロジーによりDatacapを強化し、複雑で高度に非構造化された文書の処理を自動化します。

Datacap on Cloud

マネージド・サービス・クラウド環境でDatacapを使用することにより、クラウド上での画像取り込みを迅速かつ費用効率的に行えるため利益を得ることができます。

次のステップ

IBM Datacapを今すぐお試しください。