IBM Datacap on Cloud
ビジネス文書のキャプチャ、認識、分類を合理化します。
幸せな女性がタブレットを見ている
IBM® Datacap on Cloud とは何ですか? IBM Datacap on Cloud を使用すると、手動介入なしで非構造化文書からコンテンツを識別、分類、抽出できます。
メリット マルチチャンネルキャプチャ

スキャナ、ファックス、デジタルファイルをサポートするマルチチャネルキャプチャを提供します。

認知的捕捉

複雑で未知の形式や非常に変化しやすいドキュメントの処理を自動化します。

充実したモビリティ

開発者が iOS または Android アプリに Datacap Mobile 機能を組み込めるようにする SDK を提供します。

拡張可能なルールベースのキャプチャ

シンプルなポイント&クリックインターフェイスを使用して、キャプチャワークフローとアプリケーションの構成を提供します。

複数のターゲットへのエクスポート

ドキュメントと情報を幅広いアプリケーションとコンテンツ リポジトリにエクスポートします。

IBM Datacap のおかげで、膨大な手作業を回避することができました。かつて、500 万件の契約を手動でチェックするには、20 人のチームが 2 年半かかると試算しました。 Nevra Biyikli Customer Relationship Manager Turkcell お客様事例はこちら
興味はありませんか IBM Content Manager OnDemand on Cloud

レポート、ポリシー、明細書、請求書、特典の説明などを電子的に取り込むことができます。

詳細はこちら
参考情報 Turkcell はよりスマートなマーケティング戦略を推進します

Turkcell がどのように IBM Datacap を適用して、より顧客中心の組織になることができたのかをご覧ください。

動画を見る (02:37)
次のステップ

価格の詳細について、または今すぐ購入して使い始めるには、お問い合わせください