データ・マネジメント・ソフトウェアとソリューション
エンドツーエンドのデータ管理を使用して俊敏性と効率性を高めます
データ管理のモダナイゼーション
オフィスでノートPCで作業している男性

概要

俊敏性と効率性を高めるデータ管理

今日、データはかつてないほど分散されており、進化するための支援技術と、現在のデータ管理問題を革新的で前例のない方法で解決するための新たなソリューションが求められています。  データ管理は、お客様の組織のあらゆるデータ構造や対象分野のデータへの一貫性あるアクセスと、こうしたデータの配信を支援するよう設計されています。 包括的なデータ管理計画を適用することで、あらゆるアプリケーションとビジネス・プロセスのデータ消費要件を満たすことができます。  

これに加え、データ・ファブリックのアプローチがアクセスを簡素化し、環境、プロセス、ユーティリティー、ジオグラフィーから独立した、セルフサービスのデータ消費を促進します。 データ・ファブリックにより、企業はデータ利用を自動化して、バリュー・チェーンを最大化することができます。 

IBMのデータ管理により、企業はオンプレミス、パブリック、およびプライベートを含む任意のクラウド上でアナリティクス用データやアプリケーションを使用して、成果を改善することができます。 IBMのサービスをご利用いただくことで、セキュリティーと品質を備えたレジリエンシー、信頼性、拡張性、可用性を獲得し、またマルチモーダルでマルチクラウドなデータ・エコシステムのメリットを活かすことで、データ管理に対するエンタープライズ・レディネスを高めることができます。

  • トランザクション、運用、分析ソリューションをカバーする、 IBM Db2 for z/OS®を含む IBM® Db2® ファミリー製品の詳細をご覧ください。
  • IBMのデータベース・ファミリーを構成する、 NetezzaInformixについて深く掘り下げてみましょう。
  • クラウドネイティブなIBM Cloud Pak® for DataプラットフォームにDb2を導入することで生まれる価値についてご紹介します。
  • ClouderaMongoDBEDB PostgresDataStax、およびSingleStoreを含む、IBMのデータ・エコシステムの詳細はこちら。 

IBMは2021 Gartner® Magic Quadrant™ Cloud Database Management Systemsでリーダーに選出されました

メリット

データ管理にIBMをお選びいただく理由 IBMのデータ管理は、任意のクラウド上でアナリティクス用データやアプリケーションを使用することで成果を改善し、エンドツーエンドのデータ管理を自動化するのに役立ちます。 俊敏性と効率性性を高める

最新のアプリ、アナリティクス、AIのためにデータを活用します。  新たなパターンとトレンドを特定して運用を改善し、新規のオファリングを生み出します。

データ層を簡素化および統合する

トランザクション、運用、および分析データから価値を獲得します。 構造化および非構造化データにリアルタイムで、バッチ単位でアクセスします。

レジリエンシー、信頼性、拡張性の確保を支援

事業継続性を促進し、データに関連した事業停止の影響を軽減します。 ユースケースとデプロイメント全体で最初は小さく始め、後に拡張します。

ガバナンス、リスク、コンプライアンス、およびサステナビリティーの目標を達成する

データ主導型のアプローチを採用して、規制、企業、および環境に関する責務を果たします。 データ・プライバシーとセキュリティーをエンドツーエンドで保護します。

データの自動化と管理

自動化されたデータ管理によって複雑性を低減し、タイム・トゥ・バリューを迅速化します。 AIを活用したセルフサービスにより、意思決定を改善し、洞察に基づく行動を迅速化します。

デプロイメントを迅速化し、ロックインを回避する

IBMと提携してデータ・エコシステムを管理します。 データ・ファブリック・アーキテクチャーを使用して、ビジネス・アナリティクスと会話型AIをより迅速に実行します。

ユースケース

非常にレジリエントなトランザクションおよび運用データ オンライン・トランザクション処理(OLTP)のための高性能なトランザクション整合性を大規模に維持し、インテリジェントなオペレーショナル・データを使ってアップデートされたパターンと条件によってリアルタイムの意思決定を実現します。 Pumaがデータベースを高速化 Norfolk Southernは予定通りの出荷を維持

統一された分析データ デプロイメント、ワークロード、およびユースケース全体で、データと分析をシンプルで信頼性の高い、保護された状態に保ちます。 ビックカメラはバッチ処理時間を短縮

マルチモーダルでマルチクラウドのデータ・エコシステム IBMを採用してデータ・エコシステムを単純化することで、ミッション・クリティカルなデリバリーを迅速化します。 Active Internationalが顧客の収益を高める

AIエンジニアリング向けのDataOps DevOps、DataOps、ModelOpsを統合して、AI用のデータを有効にします。 VanguardはDataOpsの運用を開始

AIを活用したセルフサービス 自動化されたモデル開発と標準装備のインテリジェンスを使用して、AI向けに構築されたデータをAIによって管理します。 The Health Collaborativeはデータを駆使して危機を乗り越える

データ主導型のガバナンスとセキュリティー データの可視性、監査適合性、透明性によってガバナンス、コンプライアンス、リスク状況を改善します。 INGは人手による取り組みなしにガバナンスを維持

お客様事例

データ・マネジメントのお客様事例
経費削減と高パフォーマンスの実現 Owens-Illinois社はOracleデータベースからIBM Db2への移行によって、7桁の総所有コストの削減、照会のパフォーマンスの速度向上、サーバー・フットプリントの削減を実現しました。 Owens-Illinois社の動画を見る(2:53)

データの障壁を解消する バンキング・ソリューション・プロバイダーのknowis社は、IBM Db2 on Cloudの導入により自社の顧客のデータ障壁を解消し、小規模な金融機関でサービスを提供できるようになりました。 knowis社の動画を見る(1:34)


概要

データ管理の概要

データ管理は1980年代の導入以降、進化してきました。 データ管理は、アジャイルかつ安全でコスト効率に優れた形でデータの価値を収集、アクセス、維持、牽引するための、一連のツール、手法、アーキテクチャーで構成されています。 ハードウェアの進歩とクラウド・ベースのソリューションの台頭により、企業がアプリケーション、アナリティクス、AIに関する洞察の持つ力を活用することは容易になっています。

データ管理はさまざまな分野にまたがります。 企業は事前統合された、オープンで完全なデータデータ管理テクノロジーを使用した、データへの統一されたアプローチを必要としています。 データ管理の内容を深く掘り下げて、データドリブンな企業となるためのステップを踏みましょう。

  • データベース管理 - データにアクセスし、これを保管および維持して、企業が価値を高めるのを支援します。
  • マスター・データ管理 - ビジネス・ユーザーとITユーザーの連携により、企業全体で信頼できるマスター・データを活用し、コラボレーションとイノベーションを実現します。
  • データ品質 - データをクレンジングし、これを管理し、より良い意思決定を支援します。
  • データ統合 - さまざまなソースからの構造化データと非構造化データを、どのシステムでも使用できる信頼できる統一ビューに変換します。
  • データ・ガバナンス - リスク軽減と洞察作成の迅速化のためにすべての企業データを把握し、管理します。
  • データ仮想化 - データを移動することなく、異なるデータに関する単一の視点を獲得します。
  • データレイク– 構造化、半構造化、および非構造化データの膨大なデータ量を、ネイティブなフォーマットで保管および管理します。
  • データウェアハウジング – クラウド・データウェアハウスを使用して、ビジネス・インテリジェンスおよび分析イニシアチブを支援します。
  • データ・マイグレーション - 使いやすいツールや専門家によるサービスで、ハイブリッド・クラウド環境への移行を加速します。
  • データサイエンス - 信頼性と透明性のあるAIを構築および拡張します。

IBMのデータ管理を使用することで、DataOps、信頼できるAI、ビジネス・アナリティクス、会話型AIを含む任意の統合ソリューションを選択し、データ・ファブリックと組み合わせることができます。 

IBMはまた、スキル水準の異なるのチームのために、IBM、IBMエコシステム、およびオープンソースの各フレームワークの統合を支援します。 データ管理への自動化および簡素化されたアプローチによってアプリケーション開発の生産性を高め、マイクロサービス駆動型の変更管理を容易にすることができます。

専門家がIBMのデータ管理フレームワークとやり取りする中で、SoE、相互作用、データ・フローはトランザクション、運用、分析データに影響を及ぼします。 組み込まれたガバナンス、リスク、およびコンプライアンスを使用してデリバリーを最適化し、ビジネス成果を向上するのに役立ちます。


参考情報

データ・マネジメントの参考情報


次の ステップ
エキスパートに問い合わせる- 何千ものお客様と、データ、分析、AIの成功戦略の構築に取り組んできたエキスパートとの1対1のコンサルティングをご予約ください。

使ってみる

Cloud Pak for Data as a Serviceに申し込み、チュートリアル、リソース、およびツールについて学ぶことで、データ管理をすぐに開始しましょう。