Cloud Activity Trackerの概要

Activity Trackerは、クラウド内のサービスの状態を変更するユーザー開始アクティビティーによってトリガーされた、CADF標準に準拠するイベントを記録します。クラウド・アクションを表示、管理、分析します。

Cloud Activity Trackerの機能

IBM Cloudのアクティビティーの監視

IBM Cloudのコンソールから、Activity Tracker UIのダッシュボードを使用してサービスを監視します。過去24時間のイベント・データを表示およびフィルタリングします。

Kibanaを使用した分析の実行

Kibanaを使用して、さまざまな形式(グラフ、表、マップなど)でデータを表示する動的ダッシュボードを作成および共有します。

監査証跡へのアクセス

監査証跡レポートの生成に使用できるイベントをダウンロードします。

Cloud Activity Trackerの利点

セキュリティー侵害の監視

ユーザーやアプリケーションと、プロビジョンされたIBM Cloudのリソースとの対話を収集します。セキュリティー侵害や不正アクセスの危険性を調査します。

規制ニーズの実現

収集したイベントを必要な期間だけ保管し、クラウド・クラスの経済的なストレージ・ソリューションで保護します。収集されたイベント・データをAPI経由で照会したり、クラウド・アクティビティー・データをエクスポートしたりします。

DevOps向けのクラウドの透明性

クラウド・アクティビティー・イベントは、IBM CloudでのIT運用に透明性をもたらします。サービスがいつ、どのように使用されたかを特定し、アプリケーションの問題の切り分けとデバッグを行います。

今すぐCloud Activity Trackerの使用を開始

入門チュートリアルを完了し、Activity Trackerを使用してIBM Cloudアカウントでのアクティビティーを監視する方法を習得してください。