ホーム ケーススタディ United Foods 迅速で効率的なビジネス・プロセスのレシピを完成
United Foodsはワークフローの自動化を採用することで新たな効率性の節約を実現
コーン油の製造

パンデミックによるサプライチェーンの混乱からインフレの上昇まで、大手食品メーカーのUnited Foodsは世界市場の混乱に先んじて迅速に適応する必要があります。

アラブ首長国連邦の大手食品生産者としての地位を確立するため、United Foodsは長期的なビジネス・パートナーであるTECH HUBと連携して、ビジネス・オートメーション向けのIBM® Cloud Pak®を導入しました。この新しいアプローチにより、35を超える人事、財務、レポート作成ワークフローが合理化され、きめ細かなデータが提供され、より的確な情報に基づく意思決定が可能になります。

United Foodsは利益率を守るために、サプライチェーンや製造から財務、販売、人事プロセスに至るまで、業務のあらゆる側面を効率的かつコスト効率よく行う必要があります。新製品を発売し、新しい地域に拡大するにつれて、同社は手作業のプロセスでは成長に追いつくのが難しいことに気づきました。

United FoodsのIT責任者、Mamdouh Ahmed Nada氏は、「監査、与信承認、人事パフォーマンスの監視など、多くの主要ワークフローを手作業で行っていました」とコメントしています。「たとえば、経営陣の承認を得るためにデスクからデスクへと文書を送っていましたが、承認の記録は複数のメール受信箱に分散していたため、監査中に情報を見つけるのに苦労していました」

「すべての部門の主要業績評価指標(KPI)を生成するのに非常に時間がかかり、レポートを詳細に掘り下げることができず、可視性が制限され、新しい効性化の機会を特定できませんでした」とNada氏は付け加えます。

United Foodsは、財務、報告、販売を合理化し、業務効率に関するより深いインサイトを得るために、SAP ERPアプリケーションをサポートする統合デジタル・ワークフローに移行しました。この一歩を踏み出すことで、同社は中核的な業務の多くを再考することができましたが、United Foodsはさらに先に進む機会を見出しました。

「SAP ERPの導入により、ビジネスの運営方法が大きく変わりました」とMamdouh Ahmed Nada氏は説明します。「次のステップとして、自動化を採用することで複雑さを軽減し、反復的で価値の低い作業を排除することを目指しました。自分たちだけではこれを実現することはできなかったため、その工程をサポートしてくれるテクノロジー・パートナーを探し始めました」

  主要なワークフローのボトルネックを排除することで 生産性が向上 意思決定者に権限を付与して モバイルおよびタブレット・デバイスから

外出先で与信枠と発注書を承認

IBM Cloud Pak for Business Automationにより、手動のワークフローをシームレスな自動プロセスに置き換えることで、大幅な時間の節約を実現しました。 IT責任者 Mamdouh Ahmed Nada氏 United Foods
新しいパートナーシップの構築

United Foodsは、変革のビジョンの実現を可能にする自動化ソリューションを見つけるために、長年のビジネス・パートナーであるTECH HUBに支援を求めました。TECH HUBは、IBM® Cloud Pak® for Business Automationを推奨し、IBMと連携して概念実証(PoC)演習を実施しました。

「PoC中、TECH HUBとIBMは最も重要な2つの監査ワークフローの自動化を支援してくれました」とMamdouh Ahmed Nada氏はコメントしています。「IBM Cloud Pak for Business Automationが複数のデータ集約型ワークロードを並行して処理する方法に、私たちはすぐに感銘を受けました。IBMソリューションがSAP ERPとシームレスに統合できるという事実も大きなプラスでした」

PoCの成功に続き、United FoodsはIBM Cloud Pak for Business Automationを導入して、中核となる人事、財務、レポートのワークフローを合理化しました。たとえば、TECH HUBと連携して、KPIに対する各従業員の進捗状況を自動的に表示する全社的なパフォーマンス監視ダッシュボードを作成しました。

「TECH HUBとは素晴らしい関係を築いており、期待を裏切られたことは一度もありません」とMamdouh Ahmed Nada氏はコメントしています。「当社は、TECH HUBの専門的なインサイトを高く評価し、決して既成概念にとらわれず、既存の働き方を変えようと挑み、当社のビジネスにとってより速くて簡単で、より優れた新しいアプローチを見つけられるよう支援してくれたことに心からありがたく思っています」

当社は、TECH HUB の専門的なインサイトを高く評価し、決して既成概念にとらわれず、既存の働き方を変えようと挑んでくれたことに心からありがたく思っています。 IT責任者 Mamdouh Ahmed Nada氏 United Foods
プロセス全体の可視化を実現

United Foodsはわずか2年で、与信枠の承認や注文書の作成から人事報告や原材料計画まで、複数の事業部門にわたる35を超える主要プロセスの自動化に成功しました。

「IBM Cloud Pak for Business Automationにより、手動のワークフローをシームレスな自動プロセスに置き換えることで、時間を大幅に節約できました」とMamdouh Ahmed Nada氏は説明します。「当社の従業員は、日常業務をより迅速に実行できるようになり、業務のボトルネックがなくなったと言っています」

IBM Cloud Pak for Business Automationにより、SAP ERPとの緊密な統合を活用して、顧客への与信枠の拡張方法を変革し、販売プロセスを加速することができました。現在、営業チームはモバイルやタブレットから依頼を送信することができ、依頼は自動的に処理されてビジネス・リーダーに転送され、各リーダーのモバイル・デバイスから承認を受けることができます。これにより、物理的な署名のためにオフィス間で文書を送信する必要がなくなります。与信枠が承認されるとすぐに、会社のSAP ERPソリューションに自動的に反映されます。

同時に、United FoodsはIBM Cloud Pak for Business Automationを使用してKPIレポートを大幅に改善しました。「SAP ERPとIBM Cloud Pak for Business Automationにより、全従業員のKPIを追跡できます。この情報を活用することで、部門と従業員の両方のレベルで効果的な業績目標を作成し、チームが生産的に効率よく作業に集中し続けることができます」

IBM Cloud Pak for Business Automationを使った財務プロセスの合理化と簡素化によって、United Foodsの監査にかかる時間と手作業も削減できました。

Mamdouh Ahmed Nada氏は次のようにコメントしています。「以前は、監査人から求められた記録や証拠の収集に長い時間を費やしていました。今では、監査人と話し合って、ボタンを押すだけで注文書、請求書、コストなどに関する関連情報を自動的に表示できるようになり、大幅な時間の節約になりました」

IBMとSAPのソリューションでの成功を足掛かりに、United Foodsは今後数か月以内に完全なペーパーレス化を計画しています。

Mamdouh Ahmed Nada氏は次のように結論づけています。「次のステップは、ベンダー管理ポータルを構築して、取引先が電子的に情報を送信できるようにすることです。これにより、紙による処理や手作業によるデータ入力がすべて不要になります」自動化を使って節約した時間とコストはその分、厳しい市場環境でもビジネスを発展させ、競合他社に打ち勝つための再投資にまわすことができます」

United Foodsについて

1976年に設立されたUnited Foodsは、アラブ首長国連邦最大の食品メーカーの一社です。United Foodsは、高品質の脂肪、油、ギー製品を製造するだけでなく、Aseel、Nawar、Safi、Mumtaz、Della Terra、Super Sunなどの一連の主要食品ブランドも所有しています。

United Foods
TECH HUBについて

IBMビジネス・パートナーであるTECH HUBは、世界をリードする企業が最先端テクノロジーの威力を活用してビジネス開発を強化し、業務効率を改善し、イノベーションを推進できるよう支援しています。エジプトに拠点を置くTECH HUBは、中東とアフリカの顧客にサービスを提供しています。

TECH HUB
次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

 

他の事例を見る IBMへのお問い合わせ モロッコの政府機関

モロッコの政府機関は、ミッションクリティカルな政府サービスを強化し、将来に備えたAPI主導のインフラストラクチャーに向けた基礎を築くためにPowerMを活用しています。

お客様事例はこちら
KIO

KIO Spainは、柔軟性と信頼性に優れた高性能なホスティング・サービスを顧客に提供するIBM Powerサーバーに信頼を寄せています。

お客様事例はこちら
ヨーロッパの大手銀行

ヨーロッパの大手銀行がイノベーションを自由に展開して未来のサービスを作るため、Redbridge社と協力してアプリのモダナイゼーションに乗り出しました。

お客様事例はこちら
 

© Copyright IBM Corporation 2023.IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2023年10月米国で作成。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud Pakは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corp.の商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade.shtmlの「著作権および商標情報」で確認できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されているパフォーマンス・データと顧客事例は、例示する目的でのみ提供されています。実際のパフォーマンス結果は特定の構成や作動条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

SAP ERPはIBMの製品またはサービスではありません。SAP ERPは、製品またはサービスに付属するSAPの利用規約に基づいてユーザーに販売またはライセンス供与されることがあります。SAP ERPの可用性、あらゆる保証、サービス、サポートは、SAPが直接責任を負い、ユーザーに直接提供します。