アプリケーションのモダナイゼーションと自動化が価値を高める方法
FlowFactor 社は IBM WebSphere Hybrid Edition を使用して効率を大幅に向上させます
オフィスでコンピュータプログラムについて話し合う同僚

オートメーションは私たちの仕事を奪うのでしょうか。これは、FlowFactor 社が時代に遅れずに、または時代の先を行くために業務を最新化しようとしているさまざまな企業との仕事の中で常に取り組んでいる問題です。

そして、FlowFactor 社は IBM® アプリケーションの最新化および自動化ソリューションを実装して、組織が新たなレベルの効率性と柔軟性を達成できるように支援しており、その質問に対する明確な答えを持っています。

いいえ。オートメーションはあなたの仕事を奪うことはありません。 逆に、より良いものにするでしょう。

FlowFactor社のマネージング・パートナー兼共同創設者である Johan Janssen 氏と Kilian Niemegeerts 氏は最近、人口密集地域で 2 億近くの路線キロをカバーするヨーロッパの公共交通機関と協力しました。このプロジェクトは、FlowFactor社が今日の市場で向き合っている大きな需要の好例です。どの大企業も、効率性と敏捷性を高めるために近代化と自動化を模索しているようだが、自動化に対応しにくい大規模でレガシーなビジネスクリティカル・アプリケーションを抱えています。

アプリのモダナイゼーション

 

FlowFactor社は、IBM ソリューションを使用して、トランスポート・プロバイダーの65のアプリケーションの最新化を支援しました

より迅速な導入

 

アプリのモダナイゼーションと自動化により、デプロイサイクルの所要時間を最大1カ月から1時間程度へと99%以上短縮

トランスポート・プロバイダーには、従来の IBM WebSphere® Application Server プラットフォームで実行される、古いバージョンの Java Enterprise Edition ソフトウェアをベースとした 65 のアプリケーションがありました。手動のデプロイメント・プロセスでは、新しいアプリケーションのリリースに最大 8 週間かかりました。さらに、サイロ化された開発チームと運用チームは、エラーや手戻りのリスクを増大させました。

Janssen氏 と Niemegeerts 氏は顧客と直接協力しました。「彼らはすべてを手動で展開しており、統合開発環境はありませんでした。」と Niemegeerts 氏は説明します。「そこで、まず開発チームがアプリケーションまたは新機能を開発しました。そして、それを独自のシステムでテストした後、Word 文書で (場合によっては 20 ページにも及ぶ) 一連の手順を記載して運用チームに提出しました。それは 65 件の申請に対して、申請ごとに 1 枚の文書です。そうすると、ミスは非常に簡単に起きました。」

FlowFactor 社にとって、この使命はよく知られたものでした。お客様のアプリケーションの最新化とコンテナ化を支援し、主要なプロセスのオートメーションをセットアップする柔軟性を高める必要がありました。また、トランスポート・プロバイダーが新しい機能を最大限に活用する方法を学習できるようにする必要もあります。

モダナイズされたアプリケーションの最初の候補をいくつか提供し始めるとすぐに、そのメリットに気づきました。導入時間が短縮され、影響が少なくなったのです。新しいアプリケーションを展開するために長いメンテナンス期間を設ける必要はありません。 Kilian Niemegeerts Managing Partner and Co-founder FlowFactor
モダナイゼーション + オートメーション = 柔軟性と効率性

プロジェクトのアプリケーション最新化フェーズでは、FlowFactor 社は 3 つの主要コンポーネントを使用して、交通会社のアプリケーションをモジュール式のコンテナ化されたアーキテクチャーに変換しました。

  • IBM Transformation Advisorソフトウェアは、アプリケーションと構成をスキャンし、アプリケーションを従来の WebSphere Application Server からコンテナ内の軽量でクラウド・ネイティブなIBM WebSphere Libertyランタイムに近代化するための手順を推奨しました。アプリケーションごとのステップ数から、タスクが大きくて気が遠くなるような印象を与えましたが、FlowFactor 社はその経験を利用して、多くのアプリケーションに共通するコードを特定し、再利用できるようにしました。したがって、最初のアプリケーションをモダナイズした後、残りの作業は比較的わずかな作業で済みました。
  • IBM WebSphere Liberty は、コンテナ化されたハイブリッドクラウド環境で最新のアプリケーションを実行するのに最適な軽量アプリケーション・ランタイムを提供しました。(Transformation Advisor、WebSphere Liberty、および従来の WebSphere はすべてIBM WebSphere Hybrid Editionで使用できます。)
  • Red Hat® OpenShift®(リンクは ibm.com の外にあります) プラットフォームと Open Liberty Operator は、デプロイの自動化とコンテナのオーケストレーションを提供し、開発、テスト、本番環境間のワークフローの自動化を合理化しました。

FlowFactor 社はまた、顧客のビルド・パイプラインを再設計し、標準化された再利用可能なプロセスを作成しました。そこから、チームはオープンソースの Jenkins 自動化ソフトウェアを、初期構築プロセスから運用環境のデプロイメントまでエンドツーエンドで適用しました。新しいアプリ・アーキテクチャーのおかげで、Jenkins ソフトウェアは、ソフトウェア・ライフサイクル全体にわたってコンテナ化されたコードの移動を自動化できます。

しかし、それはすべてプロジェクトの一部にすぎませんでした。

公共交通機関では、人を乗せるのは簡単なことです。アプリのモダナイゼーションでは、それが難しくなる可能性があります。プロセスを自動化するテクノロジーを導入することと、その自動化から最大限の価値を引き出すような方法で従業員の働き方を進化させることは、まったく別のことです。

FlowFactor 社は、運送会社がオートメーションを受け入れ、DevOps プラクティスを採用するように文化を変えるのを支援する必要がありました。

「間違いなく、大規模で伝統的な顧客や政府にとって、これはデリケートな話題です。」と Niemegeerts 氏は説明します。既存のプロセスの専門知識を持つエンジニアやその他の人々は、「このような劇的な変更によって、実際にうまく機能しているプロセスが壊れてしまうのでしょうか。」という深刻な疑問を投げかけています。彼らの仕事は単に自動化されるのでしょうか。

「そこで重要なことは、バランスを見つけることです。多くを自動化しながらも元のエンジニアを巻き込んで、何が変わらないのかを彼らに説明する必要があるということです。」と、 Niemegeerts 氏は言います。私たちは、彼らの仕事が実際に置き換えられるのではなく、単に変更されるだけであることを示します。最も重要な点は、彼らは仕事の中で繰り返しの作業ではなく、より興味深い部分を高頻度で行うようになるということです。これにより、より多くのトラブルシューティング、より多くの調査、より多くの革新を行う時間が得られます。」

Niemegeerts 氏は次のように続けています。「最新化されたアプリケーションの最初の候補をいくつか提供し始めるとすぐに、彼らはそのメリットに気づきました。導入時間が短縮され、影響が少なくなったのです。新しいアプリケーションを展開するために長いメンテナンス期間を設ける必要はありません。」

そして、DevOps は、より高速でより柔軟なプロセスを最大限に活用する方法になります。ここでは、以前はサイロ化されていたチームが責任のバランスをとり、より効率的かつ機敏にコラボレーションする方法を学びます。Janssen 氏は次のように説明しています。「以前は、アプリケーションの可用性はインフラストラクチャー・チームの責任でした。現在、インフラストラクチャー・チームが、開発チームが責任を持って新機能だけでなく安定性を本番環境に導入していることを確認すると、意識の転換が始まり、プロセスが実際に実行され、新しいアプリケーションが配信され始めます。」

開発側については、Janssen 氏は次のように述べています。「開発チームはより大きな権限を得ることができます。いつでも好きなときに、どの環境にも導入できるようになりました。」

すべてが自動化されています。以前はすべてを手動で展開していましたが、ボタンをクリックする以外に手動の手順は必要ありません。 Kilian Niemegeerts Managing Partner and Co-founder FlowFactor
劇的な加速と時間の節約

トランスポート・プロバイダーがモダナイゼーション、オートメーション、DevOps に取り組むと、劇的な改善が見られました。

以前は数か月かかっていたインフラストラクチャーのアップグレードは、今では 1 ~ 2 日で完了します。最大 1 か月かかった完全な展開サイクルは、約 1 時間で完了できます。また、単一の導入には数時間かかっていましたが、わずか数分に短縮されます。

「すべてが自動化されています。」と、Niemegeerts 氏は言います。 「以前はすべてを手動で展開していましたが、ボタンをクリックする以外は手動の手順がなくなりました。」

Janssen 氏は、組織のあらゆるレベルでの満足度について説明します。開発者はより短い時間でより多くの作業を完了でき、運用チームは安定性を確保する上でより強力なサポートを得られます。そして何よりも、「ビジネス・リーダーは、新しいアプリケーションや機能をいかに早く提供できるかに満足しています。」

FlowFactorロゴ
FlowFactor 社について

ベルギーのコンティヒを拠点とするFlowFactor(リンクはibm.comの外にあります)社は、さまざまな業界の組織がDevOpsを自動化して市場投入までの時間を短縮するのを支援するためのマネージド・サービスとソリューションを提供しています。FlowFactor 社は IBM ビジネス・パートナーであり、Cronos グループのメンバーです。

次の一歩を踏み出しましょう

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

PDFファイルを読む Hera社
AI が埋め立て廃棄物の削減にどのように役立つか
お客様事例はこちら
GBM
新興市場向けの新しいIT機能
お客様事例はこちら
CDG Prévoyance
将来への基盤
お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2021. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2021年11月、米国で作成

IBM、IBMロゴ、ibm.comおよびWebSphereは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM 商標の最新の一覧は、ibm .com/trademark の「著作権および商標に関する情報」でご覧いただけます。

Red Hat®およびOpenShift®は、米国およびその他の国におけるRed Hat社またはその関連会社の商標または登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。