IBM WebSphere Automation 1.4で予防的なCVE修復を提供。 労働集約的な手作業を最小限に抑えます。

概要

WebSphere Hybrid Editionとは

WebSphere Hybrid Editionは、WebSphereのアプリケーション・ランタイムと最新化ツールの包括的なコレクションです。仮想マシン、コンテナ、Kubernetesでの、オンプレミスおよび主要なパブリッククラウド環境への導入を支援します。 どのWebSphereエディションを選択し、Libertyやアプリケーションの最新化ツールを導入しても、クラウドネイティブ・アーキテクチャーへの移行、既存アプリケーションの最新化、既存WebSphere資産のサポートに役立ちます。

ユースケース

クラウドネイティブ開発

上空から見た水処理工場の画像

クラウドネイティブ開発

WebSphere Libertyで、新しいクラウドネイティブ・アプリケーションを構築します。 ランタイムの効率性が向上し、コンテナやKubernetesベースの導入に最適です。

アプリケーションの最新化

研究所のクリーン・ルームで作業するサイエンティストの画像

アプリケーションの最新化

IBM Cloud® Transformation AdvisorとIBM Mono2Microは、最新化のリスクを減らし、クラウド対応度を評価し、モノリシックなアプリケーションをリファクタリングします。

既存アプリケーションのサポートと最適化

二階建ての橋を通るトラックの画像

既存アプリケーションのサポートと最適化

柔軟なライセンスと最新化ツールを利用することで、既存のアプリケーションと今後導入するアプリケーションの機能が最大限に活かされます。

メリット

IBM WebSphere Hybrid Edition がどのようにお客様に貢献したかご覧ください。

機能

IBM WebSphere Hybrid Editionの機能を確認して、クラウドネイティブ開発とアプリケーションの最新化のメリットを活用してください。

お客様事例

IBM WebSphere Hybrid Editionにより、新しいJavaアプリケーションがどのように実行、最新化され、その作成のために役立つかをご覧ください。

FlowFactor

FlowFactor社は、WebSphere Hybrid Editionを交通機関におけるアプリケーションの最新化に活用し、その際の導入時間を99%削減しました。

Hera社

Hera社では、一体型で融通の利かないアプリケーションを、柔軟なマイクロサービス・アーキテクチャーに変換する際に、WebSphere Libertyが役立ちました。

GBM

GBM社は、アプリケーションを最新化し、柔軟なマイクロサービス・アーキテクチャーにできる環境を顧客に提供するために、WebSphere Libertyを活用しました。

お客様の声

IBM WebSphere Hybrid EditionがG2リーダーに選出

次のステップ

IBM WebSphere Hybrid Editionにより、新しいJavaアプリケーションの作成をどのように支援できるのか、IBMのエキスパートがお答えします。ご希望の場合、個別相談をご予約ください。