ElectronicPartner はビジネス・プロセスの最適化を目標としています
家庭用電化製品の専門家がデータを活用して、利益を確保しながら価格競争力を維持
ElectronicPartner店舗で消費者に製品を説明するカスタマー・サービス・スペシャリスト

顧客満足のために最高のサービスを提供することは、ElectronicPartner Handel SEの重要な目標です。ドイツに本拠を置く電子機器卸売業者は、利益率を守りながら価格競争で優位に立つために、ビジネス・プロセスを最適化する方法を常に模索しています。

ElectronicPartner は、ヨーロッパ全土の幅広い顧客にサービスを提供しています。同社は、B2C販売ラインであるEP:とMEDIMAXを通じて、テレビやPC、ノートPCなどの消費者向け製品を小売消費者に販売しています。ElectronicPartnerはまた、comTeam事業部を通じてB2B分野にもサービスを提供しており、そこではITスペシャリストが企業顧客向けにIT・電気通信ソリューションを開発し、業界固有の知識を駆使して開発・導入プロセス全体を指導しています。

電子機器の卸売業界での事業運営は、かつてないほど困難になっています。長期的には、競争の激しいドイツ国内市場が引き続き利益率を大きく圧迫することが見込まれます。また短期的には、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミックなどの外部要因により、チップの需要が急増しており、卸売業者が消費者の傾向を予測し、余裕をもって発注することが重要となっています。

パンデミック期間中、ElectronicPartnerは厳しい市場状況をうまく切り抜け、B2CとB2B事業で収益を上げることに成功しました。この成功を足掛かりに、同社の目標はオペレーションを拡大することです。

ElectronicPartnerの最高情報責任者 (CIO) であるマティアス・アスマン氏は次のように述べています。「個人にとっても企業にとっても個人でも企業でも、ほとんどのお客様にとって、価格が決定要因です。当社のマージンを確保しながらお客様にとって最良の価格を確保するには、サプライヤーの交渉やサプライチェーン計画、物流管理のための効果的なプロセスを確保する必要があります。」

360度のデータ・ビュー


SAP S/4HANAの
数百万件のレコードを使用して、顧客の好みを360度表示

効率的なオペレーション


業務効率を最大2 倍向上させ、主要なビジネス・プロセスを加速

将来的には、メモリ暗号化などの新しい組み込みセキュリティ機能や、IBM Power10のコンピューティング・パフォーマンスの改善により、データセンターのさらなる最適化が可能になります。 マティアス・アスマン CIO ElectronicPartner Handel SE

ElectronicPartnerは長年にわたり、SAP® ERPソリューションを利用して、ヨーロッパ全土の倉庫の広範なネットワークにおけるB2BとB2Cのインベントリー管理など、オペレーションをエンドツーエンドでサポートしてきました。次世代ERP SAP S/4HANA®の発売により、同社はコア・ビジネス・プロセスの速度と効率をさらに強化させる機会があると考えました。

「私たちの目標の1つは、インベントリー・レベルとサプライチェーン管理を最適化することです」とアスマン氏は説明します。「リアルタイムのインベントリー・データとSAP S/4HANAの予測を組み合わせることで、在庫切れが発生する前に在庫切れを予測できるようにし、需要の高い製品が常に当社の倉庫で入手できるようにすることを目指しています。」

IBM Power上のSAP S/4HANAでビジネスのモダナイズを実現

ElectronicPartnerは、SAP S/4HANAへの移行の準備を進める中で、インメモリ・データベースをサポートするには既存のITインフラストラクチャーをアップグレードする必要があることに気づきました。デジタル・トランスフォーメーションの目標を達成するために、同社はSAP S/4HANAへの移行をサポートする高性能でコスト効率の高いプラットフォームを探していました。複数の主要ベンダーの製品を徹底的に評価した結果、同社はIBM® Power®ソリューションを選択しました。

「当社のビジネス・プロセスは緊密に統合されています」とアスマン氏は言います。「IBM Powerの中に、SAP S/4HANAを使用して複雑な物流プロセスをサポートできる信頼性の高いプラットフォームを見つけました。IBM Powerプラットフォームは、動的なリソース管理も提供します。これは、アナリティクス要件が一時的に高くなるビジネスのピーク期間に対応するために、ソリューションのパフォーマンスを迅速にスケールアップできることを意味します。私たちはすでにIBM Powerソリューションを長年使用してきた経験があるため、プラットフォームの信頼性に間違いがないことがわかっていました。」

SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行のビジネス・リスクを軽減するため、ElectronicPartnerは、移行の準備中に両方のアプリケーションを並行して運用することを決定しました。IBM Power E980サーバーとIBM PowerVM®仮想化をIBM FlashSystem® 5030オールフラッシュ・ストレージ・システムと共に導入することで、ElectronicPartnerは、既存のSAP ERPワークロード、SAP Business Warehouse(ibm.com外部へのリンク)並びにSUSE® Linux® Enterprise Server for SAP Applications(ibm.com外部へのリンク)上で稼働する新しいSAP S/4HANAアプリケーションをまとめる単一のプラットフォームを使用できるようになりました。

「SUSE Linux Enterprise Serverを使用してSAP S/4HANAをIBM Powerに導入することで、財務・物流・サプライチェーン・調達プロセスをサポートするために必要な安定性が得られます」とアスマン氏は断言します。「移行中および移行後にサーバー・リソースを動的に再割り当てできる機能も、私たちにとって大きな利点でした。移行中は、キャパシティ・オン・デマンドを使用して一時的にパフォーマンスを向上させたため、SAP S/4HANAへの移行をより迅速に完了し、ビジネスへの影響を最小限に抑えることができました。」

アスマン氏はさらに、「私たちはデータセンターのストレージ・ソリューションを定期的に評価し、最適なプラットフォームの使用を担保します。IBM FlashSystemの卓越したパフォーマンスとシンプルな管理により、私たちは正しい選択をしたと確信しました」と述べています。

ElectronicPartnerは、SAP S/4HANAのオペレーティング・システムとしてSUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsを選択しました。「私たちは常に、業務に適したツールを選択したいと考えています。「SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsは、SAPがSAP S/4HANAのために選択した独自のオペレーティングシステムであり、IBM、SUSE、SAPの強力なコラボレーションにより、すべてのソリューションに互換性があるという安心感が得られました。」

今後を見据えて、同社はSUSE Linux Enterprise Live Patching機能を適用して可用性をさらに高め、同時にサイバー脅威にさらに迅速に対応する予定です。同社は、次世代のIBM PowerプラットフォームであるIBM Power10にも関心を持っています。

将来的には、メモリ暗号化などの新しい組み込みセキュリティ機能や、IBM Power10のコンピューティング・パフォーマンスの改善により、データセンターのさらなる最適化が可能になります。」とアスマン氏

私たちは使用状況を評価したため、継続的に高負荷がかかるとクラウド・ソリューションのコストが高くなり、データの制御が難しくなることがすぐにわかりました。そのため、IBM PowerでSAP S/4HANAをホストすることが当社にとって最も経済的な選択となります。 マティアス・アスマン CIO ElectronicPartner Handel SE
新しいインサイトを得て、消費者トレンドを先取り

「SUSE Linux Enterprise Serverを使用してSAP S/4HANAをIBM Powerに導入することで、財務・物流・サプライチェーン・調達プロセスをサポートするために必要な安定性が得られます」とアスマン氏は断言します。「移行中および移行後にサーバー・リソースを動的に再割り当てできる機能も、私たちにとって大きな利点でした。移行中は、キャパシティ・オン・デマンドを使用して一時的にパフォーマンスを向上させたため、SAP S/4HANAへの移行をより迅速に完了し、ビジネスへの影響を最小限に抑えることができました。」

アスマン氏はさらに、「私たちはデータセンターのストレージ・ソリューションを定期的に評価し、最適なプラットフォームの使用を担保します。IBM FlashSystemの卓越したパフォーマンスとシンプルな管理により、私たちは正しい選択をしたと確信しました」と述べています。

ElectronicPartnerは、SAP S/4HANAのオペレーティング・システムとしてSUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsを選択しました。「私たちは常に、業務に適したツールを選択したいと考えています。「SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applicationsは、SAPがSAP S/4HANAのために選択した独自のオペレーティングシステムであり、IBM、SUSE、SAPの強力なコラボレーションにより、すべてのソリューションに互換性があるという安心感が得られました。」

今後を見据えて、同社はSUSE Linux Enterprise Live Patching機能を適用して可用性をさらに高め、同時にサイバー脅威にさらに迅速に対応する予定です。同社は、次世代のIBM PowerプラットフォームであるIBM Power10にも関心を持っています。

将来的には、メモリ暗号化などの新しい組み込みセキュリティ機能や、IBM Power10のコンピューティング・パフォーマンスの改善により、データセンターのさらなる最適化が可能になります。」とアスマン氏

IBM FlashSystemストレージを備えたIBM Powerサーバー上で実行されるSAP S/4HANAに移行して以来、ElectronicPartnerは、B2CとB2B事業をより効果的に運営するのに役立つ新しいインサイトを引き出し始めています。

「一部の主要なビジネス・プロセスを2倍に加速し、業務効率の向上に貢献しています」とアスマン氏は述べています。「SAP Customer Activity Repositoryを使って、何百万もの顧客とサプライヤーの記録を即座に分析できるようになりました。これにより、顧客の嗜好を深く洞察し、将来の傾向を予測し、それに応じて計画プロセスを最適化できます。

ElectronicPartnerは、自社のオンプレミス環境のパフォーマンスや拡張性、信頼性が最大手のパブリック・クラウド・プロバイダーに匹敵すると考えています。「最近では、パブリッククラウドとハイブリッドクラウド・ソリューションが常に選択肢の一つになってます」とアスマン氏は強調します。私たちは使用状況を評価したため、継続的に高負荷がかかるとクラウド・ソリューションのコストが高くなり、データの制御が難しくなることがすぐにわかりました。そのため、IBM PowerでSAP S/4HANAをホストすることが当社にとって最も経済的な選択となります。

さらに、IBM Powerは、他のプラットフォームよりも優れた拡張性を提供します。「当社のSAP HANAデータベースは急速に拡大しています」とアスマン氏は付け加えます。「IBM Powerを使用すると、ほぼ無制限にスケールアップできるため、管理オーバーヘッドを追加することなく成長と統合の余地が得られます。」

IBM、SAP、SUSEとの連携を土台として、ElectronicPartnerはビジネス・トランスフォーメーションの次の段階に進む準備ができています。アスマン氏は次のように断言します。「次のステップは、プロセスの再構築、新機能の追加、直感的なSAP Fioriモバイル・アプリアプリを含む最新のSAPソリューションを最大限に活用することです。」

「SAP S/4HANA on IBM Powerの導入はまだ始まったばかりですが、このソリューションがサプライチェーンの最適化、パートナー関係の管理の改善、ロジスティクス・プロセスの合理化に役立つと確信しています。最終的には、ビジネスデータへの迅速なアクセスを通じて、より迅速で十分な情報に基づいた購入決定を下すことができ、需要の高い製品を最適な価格でお客様に提供できるようになります。」

ElectronicPartner Handel SEのロゴ
ElectronicPartner Handel SEについて

ElectronicPartner社(ibm.com外部へのリンク)は、ドイツ、オランダ、オーストリア、スイスにおける家電製品の大手卸売業者で、年間売上高は15億ユーロです。 同社は、300以上のEP:および80以上のMEDIMAX店舗を含む約5,000の小売店舗を持つ独立したパートナーのネットワークと協力し、システム・インテグレーション市場にサービスを提供する部門であるcomTeamを所有・運営しています。

詳細情報はこちら
SAP HANAの導入を簡素化・迅速化するサーバーと、それらがビジネスにもたらす効果をご覧ください SAP HANAサーバー・ソリューション 標準化を通じて投資を最適化しながら、イノベーションとトランスフォーメーションを加速します Blanc und Fischer IT Services GmbHのお客様事例 ハイブリッドクラウド対応のストレージ・ソリューションで、SAP HANAストレージ・インフラストラクチャーに新たなレベルの柔軟性とレジリエンスをもたらします SAP HANA用ストレージ
法務

© Copyright IBM Corporation 2022. IBM Corporation, IBM Systems, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2022年1月、アメリカ合衆国で制作。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、AIX、FlashSystem、PowerおよびPowerVMは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copytradeで入手できます。

登録商標「Linux」は、世界範囲における本商標の所有者であるLinus Torvalds氏の独占的ライセンス所有者であるLinux Foundationから提供されたサブライセンスに基づき使用されています。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

© 2022 SAP SE. All rights reserved.SAP、R/3、SAP NetWeaver、Duet、PartnerEdge、ByDesign、SAP BusinessObjects Explorer、StreamWork、SAP HANA、および本資料に記載されているその他のSAP製品およびサービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。これらの資料は、SAP SEまたはSAPの関連会社により情報提供のみを目的として提供されるものであり、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。SAP SEまたは関連会社は、この資料に関連する誤りや省略に対して責任を負いません。本資料または関連するプレゼンテーション、およびSAP SEまたはその関連会社の戦略、将来的に実現する可能性のある開発、製品、および/またはプラットフォームの方向性および機能性は、すべて変更される可能性があります。SAP SEまたはその関連会社は、いつでも予告なしに理由を問わず変更することができます。

© 2022 SUSE.All rights reserved.SUSEおよびSUSEロゴは、米国およびその他の国におけるSUSE LLCの登録商標です。すべての第三者の商標は、それぞれの所有者の財産です。