前代未聞の変化を通じて強固なビジネスを維持する
Daxko社は、Instanaを使用して急激な変化を管理し、パンデミックを通じてフィットネス・スタジオを支援しました
フィットネス・ジムでハンドウェイトを使ってトレーニングする女性たち

新型コロナウイルス感染症の蔓延は、世界中の企業、特に顧客と直接会ってやり取りするビジネスを展開する企業に大きな課題をもたらしました。フィットネス・スタジオやジムはもちろん大きな打撃を受けました。収容人数と距離の厳しい制限により、多くの施設は営業を続けることがほぼ不可能になりました。

Daxko社は、この課題を間近で目にしました。Daxko社は、包括的なフィットネス・センター管理のための Software-as-a-Service(SaaS)プラットフォームです。パンデミックに見舞われたとき、Daxko社の顧客も大幅な規制の影響を早くから感じました。Daxko社は、顧客がこれらの規制を採用するためのサポートが必要であることを認識したのです。

Daxko社のプリンシパル・システム・アーキテクト、Ed McLain氏は、テクニカル・オペレーション・チームに所属し、同社のすべての製品にわたるバックエンド・システムのアーキテクチャを監督しています。2020年3月の時点で、Daxko社の製品チームはロードマップを完全に停止し、この時期にチームの価値を最大限に高める方法を見出す必要がありました。そこで、顧客の新たなニーズにより合った機能、能力、製品に焦点を当てるためにロードマップを再計画しました。

また、Daxko社は最近、製品ポートフォリオとテクノロジーを拡大するために、9つの個別の買収を完了しました。それぞれの買収には独自のインフラストラクチャーと開発ライフサイクルがありました。

新しい機能が稼働し、異機種のIT環境が劇的に拡大された際のDaxko社の最大の課題は、それぞれの製品の健全性とパフォーマンスをトラッキングすることでした。

Daxko社のソリューションは、本番環境と非本番環境全体で4つのデータセンターと27のAmazon Web Services(AWS)アカウントで構成されるハイブリッドクラウド環境で実行されます。このソリューションは、世界中のさまざまな開発者チームによって、多種多様なプラットフォーム上で幅広い言語で作成されています。

この事例は、貴社のビジネス課題に共鳴しますか?今すぐ次のステップを踏みましょう。

迅速なセットアップ

 

Daxko社は15~20分でInstanaを統合して稼働

Instanaはまさに当社の求めていた製品です。他のソリューションに比べて手頃でありながら、より多くのメリットを提供してくれ、高い価値提案を引き出すことができます。 Ed McLain Principal System Architect Daxko, LLC

エンジニアリング・チームは、顧客にとって重要な年にソリューションを運用し続けるため、すべてにおいて一貫した可視性を確保する必要がありました。ダウンタイムは、顧客のユーザーが同社でクラスを予約するか、競合他社で予約をするかの分岐点となります。

チームはすでにモニタリング・ツールを使用していましたが、それがプロセス全体の弱点になっていました。このツールに対する最大の不満の1つは、コストが常に変動することでした。仕組みが複雑で、アクセスが必要なチームメンバーの数、エンド・ユーザーの訪問数や取り込む必要のあるデータの量によってコストが上昇しました。

シンプルさ、スピード、完全な可視性

Daxko社は、チームの取り組みを簡素化し、高額な費用を費やさずにスケーリングを実現するために、新しいアプリケーション・パフォーマンス管理(APM)ツールを探す必要があることを認識していました。同社はDynatraceやAppDynamicsなどのツールを検討しましたが、最終的にIBM® Observability by Instana®の導入を決めました。Instanaのトライアルを開始した瞬間から、チームはInstanaと既存のソリューションの間に大きな違いがあることに気づいたのです。

まず、料金体系が手頃で透明性があり、シンプルなため、APM料金を増大させることなくチームを成長させることができること。

もう1つは、Instanaのすべての機能をすぐに利用できる点です。トレーシングのような、チームが必要とするすべてのツールは最初から含まれていました。重要なツールにアクセスするために高額なアップグレードを必要としなかったのです。

また、非常に迅速に実装やアプリケーションの発見を行うことができました。Daxko社のチームは、モニタリング・ツールの構成に数日かかることに慣れていましたが、Instanaなら数分で完全な可視性を得ることができました。迅速かつ簡単な実装は常に重要ですが、素早いデプロイメントであるかどうかがスタジオの営業を左右するパンデミック中は、特に重要でした。

Instanaの統合と稼働は15~20分で完了し、チームはリリース・メトリックを統合してカスタム・メトリック統合に取り組み始めました。 Ed McLain Principal System Architect Daxko, LLC
ダウンタイムを最小限に抑え、価値を最大化

「Instanaを15~20分で統合して稼働させ、チームはリリース・メトリックの統合とカスタム・メトリックの統合に取り組み始めました。チームはダッシュボードを詳細に調べ、エンド・ユーザーがダッシュボードをどのように使用しているか、バックエンド・システムがどのように機能しているかを確認することができました」とMcLain氏は述べています。

Instanaの導入により、Daxko社は買収した製品をより簡単に自社の製品に統合できるようになりました。これらの迅速な統合は、より重要な機能がより迅速に利用可能になることを意味し、顧客はパンデミック時代の変化をうまく把握することができました。これらの機能は2020年の製品ロードマップに本来なかったものの、前代未聞の時期に顧客のニーズに合わせて方向転換するチームの能力により、すばやく開発されたのです。

Instanaをプログラム識別情報パートナーとして採用することで、Daxko社はこれらの機能をより迅速にリリースし、問題を完全に可視化してダウンタイムを最小限に抑え、ベンダーの頭を悩ませることなくスケーリングを継続できるようになりました。

Daxko, LLC社のロゴ
Daxko, LLC社について

Daxko社(ibm.com外部へのリンク)は、ヘルス&ウェルネス・センターが、顧客データの処理、クラスのスケジュールや予約の管理、従業員への支払い、さらには夜間のドアの施錠といった日常業務の管理を可能にするソフトウェアを開発しています。Daxko社は、140か国で約16,000の施設にサービスを提供しています。本社は米国アラバマ州バーミンガムにあります。

IBM傘下のInstanaについて

IBM Company の一員であるInstanaは、複雑で最新のクラウドネイティブ・アプリケーションを運用する企業に対し、自動化されたアプリケーション効率モニタリング・ケイパビリティーを備えたEnterprise Observability Platformを提供しています。このプラットフォームは、モバイル・デバイスやIBM Z®メインフレーム・コンピューターなど、オンプレミスやパブリック・クラウド、プライベート・クラウド等において使用可能で、場所を問いません。

InstanaのAIを利用したハイブリッド・アプリケーション内の深いコンテキスト依存関係の検出により、最新のハイブリッド・アプリケーションを制御します。Instanaは開発パイプラインの可視性も提供し、クローズ済みドループのDevOpsオートメーションを可能にします。

これらのケイパビリティーは、クライアントがアプリケーション・パフォーマンスを最適化し、イノベーションを可能にし、リスクを軽減するために必要な要アクションのフィードバックを提供します。また、DevOpsが効率性を高め、サービスおよびビジネス・レベルの達成目標を実現しながら、ソフトウェアの納入・引渡しパイプラインに付加価値を与えるのを支援します。

詳細については、ibm.com/products/instanaを参照してください。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

他の事例を見る IBMへのお問い合わせ 雇用主が完璧な従業員を見つけるのを支援 PathMotion社のケース・スタディ デジタル医療アシスタントの紹介 Vivy社のケース・スタディ IBMによるInstanaの買収がAIOpsにとって大きな変革となる理由 ブログ
法務

© Copyright IBM Corporation 2021. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

米国で製作、2021年9月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud、およびInstanaはInternational Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。