ホーム ケーススタディ CTE - SAP - IBM Services CTE
付加価値サービスを構築し、お客様との関係強化の基礎を築く
詳細はこちら
購入またはレンタル用のクレーンとリフトの艦隊

CTE社は建設機械や産業機械の販売、レンタル、サービスを行っており、カロライナCAT部門はキャタピラー製品に重点を置いています。お客様のロイヤルティを高めるために、CTE社は付加価値のあるサービスを提供したいと考えていました。そして、IBM® Servicesを使用してSAP S/4HANA®を導入し、パフォーマンスの統合ビューを構築し、詳細な分析を可能にしました。

ビジネス課題:

CTE社は、既存のIT環境を簡素化して運用を統一的に把握し、データ分析を加速して手動の管理作業を軽減し、スタッフを付加価値のあるタスクに集中できるようにしたいと考えていました。

変換

同社は、IBM Servicesを利用して3つの異なるレガシー・システムをSAP S/4HANAアプリケーションに置き換え、クラウドに展開して単一のオペレーショナル・データ・プールを形成しました。

結果 削減
手動の管理ワークロード削減により、スタッフが付加価値のあるタスクに集中
発掘
詳細なオペレーショナル・データを発掘し、強力な分析を実現
削減
SAP S/4HANA向けIBM IMPACTソリューションのセットアップ時間
ビジネス上の課題の詳細
市場シェアの侵食との戦い

重機業界もe-commerce革命の影響を免れないわけではありません。流通業は特に影響を受けており、お客様はスペアパーツのインターネットベースの販売者やサード・パーティ・サービス組織にますます誘惑されています。

このシフトを食い止めようと決意した企業がありました。それが、キャタピラーの建設機械、スペアパーツ、サービスをノースカロライナ州西部のお客様に供給しているCTE社です。建設業のお客様に忠誠心を高めるために、同社は競争力を変える差別化要因を必要としていました。

CTE社は、過去の販売およびサービス・データに、機器のメンテナンス、コスト、運用に関する貴重な洞察が含まれている可能性があることに気づきました。コスト比較などのサービスの中で、分析した情報をお客様に提供することができたなら、この付加価値機能によりお客様との結びつきを強め、ロイヤルティが向上する可能性があります。

当時、CTE社は以前の買収と以前の企業の歴史から継承した3つの個別のビジネス・システムを実行していました。貴重なデータは事実上、これらのシステムサイロに閉じ込められており、これらは、最新のアプリベースの作業方法をサポートできない既存のテクノロジーに依存していました。財務報告や運用計画などのタスクを完了するために、従業員は、正確なレポートを提示できるようになるまで、各システムから手動でデータを抽出し、結果を照合して検証することにかなりの時間を費やしていました。既存のシステムからのデータを統合する時間とコストは、お客様中心の情報に関する野心的な計画にとって大きな障壁となっていました。

VP兼最高財務責任者のMatt Nazzaroは次のようにコメントしています。「私たちのようなメンテナンス・サプライヤーや代理店を取り巻く環境は変化しており、CTE社は常に時代の先端を行くことを心に決めています。インターネットが多くの流通業者や「仲介業者」企業を中抜きする恐れがある中で、私たちは困難なデジタル経済の中で進化し続けるために、サービスに付加価値を与える方法を模索する必要があるのです。まず、この進化の土台となる強固な財務基盤が必要でした。」

概要と経緯の詳細
ヘビーリフティング

可能なソフトウェア・ソリューションを検討する際、CTE社は北米のキャタピラー販売代理店の選択を検討し、どのERPプラットフォームが企業の各部門に最も適しているかを評価しました。

CTE社自身も、2つの事業部門でSAP ERPアプリケーションの以前のバージョンを運用していました。SAPソフトウェアの信頼性と機能に関する経験に基づき、CTE社はSAP S/4HANAを財務および企業管理の中核ソリューションとして導入することを選択しました。企業運営は、販売、サービス、メンテナンスをサポートするコア財務ソリューションから始め、SAP S/4HANAに移行されます。

Matt Nazzaroは次のように詳しく述べています。「IT部門は30名ですが、ビジネスに集中しながらナレッジのギャップを埋め、実装を完了できる深い専門知識を持つシステム実装パートナーを探していました。私たちがIBM Servicesを選んだ理由は、SAP S/4HANAの導入で成功した経験を示してくれ、優れたリファレンスと結果を出すための絶対的なコミットメントがあったからです。

「私たちは、実際の実装エクスペリエンスを持つコンサルタントだけでなく、スタッフがうまく連携できる強力で勤勉なチームを望んでいました。このプロジェクトは社員の幅広い層と協力することになるので、一緒に働きやすい人を探していたのです。IBM Servicesは、その要件に完璧に適合してくれました。チームは、その仕事を遂行するための専門知識とリソースを提供し、熱心で親切で、当社に価値を提供することに尽力してくれたのです。」

新しい建築技術

SAP S/4HANA向けIBM IMPACTソリューションに基づき、IBM Servicesは8カ月でライブ・ソリューションを提供し、迅速なデプロイメントを実現しました。IBM IMPACTソリューションは、事前構成されたSAP S/4HANAインスタンスで、特定の市場分野のニーズを満たすように調整されています。この構成に基づき、実装チームは迅速に作業を進め、各クライアントのメリットを最大化するためにSAP S/4HANAの調整に集中し、迅速な価値実現を実現することができます。

チームは、アジャイル・プロセスを形式化するSAP Activateを活用したIBM Ascend方法論を使用して、3週間のスプリントに取り組みました。各スプリントの結果はCTE社の関係者に提示され、プロジェクトが期待を満たし、機能が提供され、スケジュールが達成されたことを確認するためのフィードバックする機会が与えられました。IBMはまた、ベスト・プラクティスのアプローチに関するアドバイスを提供し、既存のシステムからSAP S/4HANAにインターフェイスをマッピングし、プロジェクトが予算と期限内に確実に遂行されるよう支援しました。

第1フェーズでは、CTE社とIBMは、財務、管理会計、総勘定元帳などの財務ソリューションの実装と、会社運営の統一されたビューの作成に重点を置きました。IBM Servicesは、最初のPoC (概念検証)を10日以内に提供し、何が可能であるかを示す確かな証拠を提供しました。

Matt Nazzaroはこう語ります。「最初は、アジャイル・アプローチを使うことに懐疑的でした。小規模でスタートアップ的なプロジェクトではその価値がわかるのですが、運用システムが極度のプレッシャーにさらされているような確立された環境ではふさわしくないと思ったのです。しかし、私たちが始めると、IBMはすぐに利点を示してくれました。IBM Ascend方法論は、私たちが何かを見落としていたことに気づくのではなく、協力的かつ即応的にソリューションを開発し、漸進的な改善を行うことで、誰にとっても有効な結果をもたらすのを支援してくれるのです。」

地球からクラウドへ

CTE社は、オンプレミス・インフラストラクチャーを使用して以前のSAP ERPソリューションを実行していました。SAP S/4HANAへの移行は、クラウド運用への切り替えの利点を検討する機会を開いてくれました。同社は、クラウドサービスが提供する柔軟なスケーラビリティに魅力を感じ、すでに他の事業でクラウドサービスの利用を開始していたため、IBM Servicesに新しいSAP S/4HANAアプリケーションのクラウド実装を依頼しました。

Matt Nazzaroはこう続けます。「クラウド運用により、無駄のないバランスシートを維持し、資本的支出を削減することができます。テクニカルレベルでは、オンプレミスからクラウド運用への移行を選択した後、IBM Servicesは私たちのビジネス要件を満たす独自のセキュアなクラウド環境の構築を支援し、私たちのビジネス・ニーズに合わせて迅速かつ成功裏に導入を完了してくれました。クラウドは私たちが必要とするスケーラビリティーと管理の容易性を提供し、データ駆動型企業への道の第一歩を提供してくれています。」

 

IBM Servicesは、データ駆動型のデジタル対応ビジネスを目指すCTE社の取り組みの中心部分です。 Matt Nazzaro VP and CFO CTE
成果の詳細
管理基盤の改善

コアの財務アプリケーションがSAP S/4HANA上で実行されるようになったことで、CTE社はすべての業務部門を統合されたビューで把握できるようになりました。クラウドに移行することで、これまでサーバーの管理とメンテナンスに専念していたスタッフを付加価値のあるタスクに再割り当てることも可能となりました。

CTE社は、個別のシステムで生成されたデータの調整に費やしていた時間を回収し、SAP S/4HANAの単一インスタンスに統合された台帳により、あらゆる事業単位の標準レポートを生成できるようになりました。CTE社のアナリストは、単一ソースからの検証済みデータを利用して予算を検討し、予測を作成し、非常に重要な顧客分析を実行できるようになりました。

Matt Nazzaroは次のように説明します。「以前は、リフト・トラック部門で詳細が保持されているお客様が、キャタピラー機器のお客様でもあることを特定するのに苦労したかもしれません。単一の台帳と統一された勘定科目表を使用すると、誰が何を購入するのか、その顧客に提供できる追加サービスがあるかどうかを簡単に確認することができます。同様に、財務データを使用して各顧客の支出パターンを調査することで、私たちとお客様が支出を把握できるようになり、将来的にはより良いサービスを提供できるようになるのです。」

SAP S/4HANAが次の機能の構築を支援

以前は、一見単純なタスクの多くは比較的複雑で、部門間のデータを手動で統合したりマージしたりする必要がありました。複数のデータ・ソースに依存するレポートには、継続的な更新が必要になるのです。SAP S/4HANAの導入により、Caterpillar CAT社は単一のデータ・ソースから一貫性のある迅速なレポート作成を可能にしただけでなく、バックグラウンドでのレポート・メンテナンスのワークロードも解消されました。さらに、ユーザーは、最新のアプリケーションに簡単にアクセスできるタイルベースのSAP Fioriインターフェースを非常に好みます。

CTE社は現在、IBM Servicesの支援を受けて、データ・セキュリティー、資材管理、収益性分析アプリケーションを使用してソリューションを拡張し、お客様のロイヤルティを促進する予測分析に向けた取り組みを開始する予定です。

「IBM Servicesが提供するSAP S/4HANAソリューションにより、CTE社は市場での強力な地位を守ることができています。」とMatt Nazzaroは続けます。「IBM Servicesは、CTE社が増加するワークロードに簡単に対応し、追加機能をサポートできるSAP S/4HANAソリューションを導入するのを支援し、当社を応答性の高いデータ対応企業にしてくれました。新しいソリューションにより、CTE社はIBM Watson®を含む多くのエキサイティングな新機能を活用し、自由に使える膨大な量のデータを活用することができます。」

Matt Nazzaroは次のように結論づけています。「最終的には、SAP S/4HANAを拡張して財務データと業務データおよび製品データをリンクさせることで、CTE社はより深い洞察を引き出し、新たな結論を導き出すことができるようになり、お客様が投資から最大限の価値を得られるよう支援することができます。IBM Servicesは、データ駆動型のデジタル対応ビジネスを目指すCTE社の取り組みの中心部分です。」

 

IBM Servicesが実現するSAP S/4HANAのクラウド導入を選択したことで、CTE社は情報の優位性に基づく未来に向けたポジションを確立することができました。 Matt Nazzaro VP and CFO CTE
CTEのロゴ
CTE

1926年に設立されたCTE社は、建設、道路建設、公益事業、鉱業業界にキャタピラー機器を供給およびサポートすることで、ノースカロライナ州の成長を支援することに尽力しました。それから90年以上、CTE社はカロライナ州の設備ニーズに応えてきました。建設、林業、舗装の全製品を提供するほか、マテリアル・ハンドリング機器、エンジニアリング・システム、トラック・エンジン、発電システムの全製品と優れた製品サポートを提供しています。

次のステップ

IBM MigrationとSAP S/4HANA向けのコンサルティング・サービスの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、Webサイトibm.com/consulting/sap-s4hanaをご覧ください。

他の事例を見る 詳細はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2018. 1 New Orchard Road, Armonk, New York 10504-1722 United States.

米国で制作、2018年10月

IBM、IBMロゴおよびibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporation の商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。

IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。

© 2018 SAP SE.All rights reserved.SAP、R/3、SAP NetWeaver、Duet、PartnerEdge、ByDesign、SAP BusinessObjects Explorer、StreamWork、SAP HANA、および本資料に記載されているその他のSAP製品およびサービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。これらの資料は、SAP SEまたはSAPの関連会社により情報提供のみを目的として提供されるものであり、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。SAP SEまたは関連会社は、この資料に関連する誤りや省略に対して責任を負いません。本資料または関連するプレゼンテーション、およびSAP SEまたはその関連会社の戦略、将来的に実現する可能性のある開発、製品、および/またはプラットフォームの方向性および機能性は、すべて変更される可能性があります。SAP SEまたはその関連会社は、いつでも予告なしに理由を問わず変更することができます。