ホーム ケーススタディ Copel社 - Oracle社 - Power Companhia Paranaense de Energia社(Copel社)
成長コストを削減しながら主要なビジネス・アプリケーションを再活性化
夜の街の航空写真

2桁成長を遂げているエネルギー企業Copel社は、コア・システムが課題に確実に対応できるようにする必要がありました。サーバーを2台のIBM® Power® Systems E880Cサーバーにアップグレードすることで、追加コストなしでOracle Databaseワークロード用のキャパシティーを49%追加し、バックアップ時間を43%削減して、主要アプリケーションのアップタイムを向上させることができました。

ビジネス課題:

ブラジルのエネルギー企業Copel社は、事業が急速に成長を続ける中、ますます多くの商業施設や住宅の顧客に優れたサービスを確実に提供できるようにする必要がありました。

変換

Copel社は、コア・ビジネス・アプリケーションとOracle Databaseをサポートするため、IBM AIX®オペレーティング・システムを実行するサーバーを2台のIBM Power Systems E880Cサーバーにアップグレードしました。

結果 200万米ドル
新しいIBM Power Systemsサーバーにアップグレードすることで推定200万ドルを節約
49%
49%のOracleライセンスを他の領域で使用できるように解放
43%短縮
バックアップ時間を43%短縮し、卓越したカスタマー・サービスを実現
ビジネス課題:
将来の成長を後押し

 

Copel社は、ブラジルのパラナ州で450万人以上の顧客に電力を供給する責任を負っています。現代社会の経済と同じように、電気がなければ、この活気ある繁栄した地域も重大な影響を受けることになるでしょう。サービス・プロバイダーであるCopel社のコア・ビジネス・システムのパフォーマンスと可用性が損なわれると、深刻な影響が生じる可能性があります。

Copel社は、公共サービスに加え、200,000人を超える加入者に、経済的に重要なサービスであるブロードバンド・インターネット・サービスを提供しており、その加入者は急速に増加しています。同社の事業は今後も急速に成長すると予測されており、ITチームは既存のサーバー・インフラストラクチャーでは増大する需要に対応できなくなることを認識しました。

IT用語で「Keeping the lights on(照明を点け続ける)」とは、既存のシステムが最適な状態で動作し続けるようにすることを意味します。Copel社にとって、このフレーズには文字通りの意味もあります。同社は、ワークロードが増加するにつれてパフォーマンスの問題が増大することを認識しており、家庭や企業に電力とブロードバンドをスムーズに供給できるようにするため、サーバーをアップグレードする必要がありました。

Copel社のテクニカル・サポート・アナリストであるVicente Sloboda氏は、「当社のIT戦略では、保証期間とサポート期間に合わせて、5年ごとにハードウェアを更新するようにしています。この更新の期限はすでに過ぎており、事業の拡大が進んでいたため、パフォーマンスの問題が発生し始めていました」と説明しました。

「当社のコア・アプリケーション、特に請求システムは、Oracle Databaseに大きく依存しており、必要なパフォーマンス・レベルを達成するためのハードウェア・リソースが不足していました。当社のOracle Databaseのワークロードは今後5年間で年間約15%ずつ増加すると推定されており、当社の立場を維持することが不可能であることは明らかでした」

当社は、競合するソリューションの選択肢について、包括的なビジネス・ケース分析を実行しました。その結果、IBM Powerを使い続けた場合、IBMの次に評価が高かった競合他社と比較すると、移行とハードウェアのコストを200万ドル節約できることがわかりました。 Vicente Sloboda Technical Support Analyst Copel
変換
電球が点灯した瞬間

Copel社のITチームは柔軟な精神で、x86ベースのサーバーを含む複数のソリューションを検討しました。同チームは、既存のIBM Power Systemsをアップグレードすることが最も費用対効果の高い選択肢であると判断し、Oracle Databaseを、128 IBM POWER7®プロセッサー・コアを搭載した2台のIBM Power® Systems 795 サーバーから、128 IBM POWER8®コアを搭載した2台のIBM Power Systems E880Cサーバーに移行しました。

IBMとの協力により、新しいIBM Power Systemsハードウェアへの移行は迅速かつスムーズに行われました。Copel社は現在、IBMハードウェア保守契約による継続的な技術サポートの恩恵を受けています。また、IBMのビジネス・パートナーであるASSET IT社(ibm.com外部へのリンク)がシステムの設計、折衝、実装をサポートしました。

Vicente Sloboda氏は、「当社は、競合するソリューションの選択肢について、包括的なビジネス・ケース分析を実行しました。その結果、IBM Powerを使い続けた場合、IBMの次に評価が高かった競合他社と比較すると、移行とハードウェアのコストを200万ドル節約できることがわかりました。POWER8プロセッサー・コアは、以前使用していたテクノロジーよりも約70%高いパフォーマンスを実現することができ、より少ないコア数で同じOracle Databaseワークロードを実行できます」と続けました。

「IBMの技術サポートに非常には満足しています。サービスの停止が文字通り死活問題となる可能性があるこの業界では、コア・システムを常に確実に実行し続けることが重要です。いかなる問題に遭遇しても、IBMは常にその課題を迅速かつ効果的に解決し、リスクを軽減してくれました」

Copel社は、IBM Power Systems 795サーバーとIBM Power Systems E880Cサーバーを使用してPowerエンタープライズ・プールを実装しました。これは、Mobile Capacity on Demandのプロセッサー・リソースとメモリー・リソースを共有できるサーバーのグループです。Vicente Sloboda氏は、「Powerエンタープライズ・プール構成により、IBM Power Systemsへの投資からより大きな柔軟性を実現できました」とコメントしています。

IBMとOracle社は、450万人を超える顧客に確実に電力を供給するための安全な基盤の構築に貢献してくれました。ソリューションの拡張性の高さにより、需要の増大に合わせてサービスを拡張し続けることができます。 Vicente Sloboda Technical Support Analyst Copel
結果
明るい見通し

2台の新しいIBM Power Systems E880Cサーバーを導入して以来、Copel社ではコア・システム全体の効率とパフォーマンスが向上し、数百万人の顧客に非常に信頼性の高いサービスを提供できるようになりました。

Vicente Sloboda氏は、「ピーク時には最大2,000人のビジネス・ユーザーが同時にシステムにアクセスします。IBM Power Systemsサーバーによって、このようなピーク時におけるOracle Databaseの応答性が大幅に向上しました」と述べています。「同様に、以前は最大14時間かかっていたバックアップ操作も、現在では8時間以内に完了することができ、43%短縮されたことになります。つまり、日中の業務を中断することなく、夜間にバックアップを完了できるのです」

IBM Power Systems上でOracle Databaseを実行する主なメリットは、Oracleライセンスの必要量が軽減されることです。

Vicente Sloboda氏は、「Oracleのライセンス料金はプロセッサー・コアの数に基づいて計算されるため、使用するコアの数が少ないほどコストが低くなります。IBM POWER8の各コアは、以前のプロセッサー・コアよりも最大70%多くの作業を実行できるため、既存のOracleワークロードをより少ないコア数で実行することができ、将来的に他の領域に展開するために49%のOracleライセンスを解放することができました。IBM Power Systemsサーバーを使用することで、今後5年間、新しいOracleライセンスを購入することなく、予想される前年比15%の成長を管理したいと考えています」

新しく導入されたIBM Power Systems E880Cサーバーは優れたパフォーマンスを発揮しました。Copel社は、IBM Power Systems 795サーバーへのこれまでの投資から、継続的な価値を引き出すことができたのです。Copel社は将来を見据え、ビジネスの成長を支えるのに最適なインフラストラクチャーを整えられたことに安心しています。

Vicente Sloboda氏は、「当社は現在、IBM POWER7ベースのサーバーを開発環境として使用しています」と言いました。「これらは依然として非常に強力なマシンであり、当社のIT部門にとって、IBMのハードウェアの寿命の長さは、既存のコア・ソフトウェアを補強するアプリケーションを将来開発する上で貴重な資産となるはずです」

Vicente Sloboda氏は、「IBMとOracle社は、450万人を超える顧客に確実に電力を供給するための堅固な基盤の構築に貢献してくれました」と締めくくりました。「これらのテクノロジーを組み合わせたおかげで、当社は地域インフラストラクチャーのバックボーンとしての地位を維持することができました。また、ソリューションの拡張性の高さにより、需要の増大に合わせてサービスを拡張し続けることができます」

Copel社のロゴ
Copel社

Companhia Paranaense de Energia社(Copel社)(ibm.com外部へのリンク)は、ブラジルのパラナ州に拠点を置く電力および通信プロバイダーです。Copel社は1954年に設立され、1994年に株式を公開し、1997年にはブラジルの電力セクター企業として初めてニューヨーク証券取引所に上場しました。8,500名以上の従業員を擁するCopel社は、395都市の450万人の顧客に直接サービスを提供しており、その中には350万戸の住宅、82,000の産業工場、382,000の商業施設、360,000の地方不動産が含まれます。

次のステップ

IBM Power Systemsの詳細については、IBMの担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、Webサイト(ibm.com/power)にアクセスしてください。

ASSET IT社は、ブラジルに拠点を置くIBMビジネス・パートナーであり、ITインフラストラクチャー・プロジェクトにおいて20年以上の経験があります。ASSET IT社の詳細については、www.assetit.com.br(IBM外部へのリンク)をご覧ください。

PDFを表示する 詳細はこちら
他の事例を見る
法務

 

© Copyright IBM Corporation 2018. 1 New Orchard Road, Armonk, New York 10504-1722 United States.

2018年8月アメリカ合衆国で制作。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、AIX、PowerおよびPower Systemsは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中各地の管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」( ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

本資料の内容(適用される税金を除いた通貨または価格の参照を含む)は最初の発行日時点における最新情報であり、IBMにより予告なしに変更される場合があります。

IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。

IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。

Oracle DatabaseはIBMのプロダクトまたはサービスではありません。Oracle Databaseは、場合によっては、製品またはサービスに付属するOracle社の利用規約に基づいてユーザーに販売またはライセンス供与されます。Oracle Databaseの可用性、あらゆる保証、サービス、サポートは、Oracle社が直接責任を負い、ユーザーに直接提供します。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。