Clearscope社
IBM Watsonサービスによる検索エンジン最適化の自動化
タブレットの内容について話し合いながら座っている男性と立っている女性

Clearscope社は、お客様のWebコンテンツの分析に伴うマニュアル作業を排除し、より少ない労力でより高い検索ランキングを達成できるようにしたいと考えていました。IBM Watson®サービスを使用して、最もパフォーマンスの高いコンテンツを分析し、お客様が関連性の高いコンテンツを短時間で作成できるように要アクションの勧告事項を提供しました。

ビジネス上の課題

お客様がより少ない労力で、パフォーマンスが高く、関連性の高いコンテンツを作成できるようにするために、Clearscope社は、これまでマニュアルで行っていたコンテンツ最適化プロセスを自動化できる製品を作成したいと考えていました。

変換

Mushi Labs社が所有するClearscope社は、IBM Watson Natural Language Understandingソフトウェアを使用して、キーワードに対するパフォーマンスの高いコンテンツの分析を自動化し、要アクションの勧告事項を提供します。

結果 52%のオーガニック・トラフィック増加
Clearscope社のお客様であるOptimizely社がソリューションを使用して更新したコンテンツ
前月比15%の収益成長
ソリューション開発後のClearscope社
前月比42%増加
Clearscope社の別のお客様のオーガニック検索トラフィック
ビジネス上の課題の詳細
ビジネス・オポチュニティーの特定

Clearscope社の親会社であるMushi Labs社は、検索エンジン最適化(SEO)コンサルティング会社としてスタートしました。Clearscope社の共同設立者であるBernard Huang氏と彼の同僚は、検索エンジン最適化の本当の仕事は、コンテンツを潜在的な読者にとって関連性の高いものにするためにお客様がすべきこと特定するだけでなく、それらのアクションを効果的に取りやすくすることであることをすぐに理解しました。オンライン検索で上位にランク付けされたコンテンツは、読者に共有したり、クリックしたり、読みたいと思わせるだけではありません。上位のコンテンツは、読者の検索に基づいてより具体的な情報を提供します。そのため、競合他社のコンテンツよりも読者の関心を引き付け、読者の関心を長期間維持します。

自分のコンテンツよりも上位にランクされている個々のコンテンツを手動で評価し、コンテンツ・エクスペリエンスを向上させる方法を特定するのは時間がかかる場合があります。Clearscope社はこの課題に取り組むことを目指しました。「私たちは、コンテンツの最適化プロセスを自動化し、ほぼリアルタイムでコンテンツ・マーケティング担当者にデータを提供して、より高品質でより関連性の高いコンテンツを作成できるようになったらどうなるだろうか、と言いました。」Huang氏は言います。Mushi Labs社は、コンテンツ最適化プロセスの自動化に役立つ製品を作成したいと考えていました。これを実現するには、事業体として堅固な自然言語処理アプリケーションが必要でした。

Watsonを使用すると、上位の記事を迅速に選別し、ほぼリアルタイムのデータをコンテンツ専門家に渡すことができます。 Bernard Huang Co-founder Clearscope
概要と経緯の詳細
コンテンツ最適化の自動化

Mushi Labs社は、IBM Watson Natural Language Understandingサービスを使用してClearscope社を設立しました。Clearscope社製品は、お客様がパフォーマンスの高いコンテンツを分析し、関連する用語や、単語数、読みやすさ、コンテンツ・タイプに関する要アクションの勧告事項を特定するのに役立ちます。Watsonサービスは、コンテンツを分析して概念や、エンティティー、キーワードなどのメタデータを抽出する一連の自然言語処理ケイパビリティーを提供します。

Clearscope社は、Watson Natural Language Understandingサービスを3つの方法で使用して、上位のコンテンツを分析し、お客様にコンテンツを改善する方法をアドバイスします。まず、特定のキーワードの上位30個のコンテンツを決定する際、Watsonサービスは文書抽出を実行し、サイドバーや、フッタ、ナビゲーション・バーなどの無関係なWebページ・コンポーネントを削除します。次に、Watsonサービスは、キーワードに関連するすべての概念を抽出します。最後に、このサービスは、顕著性、つまり検索ランキングを向上させる上でそれぞれの概念がどれだけ重要であるかについて、各概念にスコアを付けます。

成果の詳細
印象的な結果を達成する

Clearscope社のお客様は、ソリューションを使用して素晴らしい結果を達成しています。サンフランシスコに本社を置くエクスペリエンス最適化プラットフォームのプロバイダーであるOptimizely社は、ツールの勧告に従い、Clearscope社を通じて最適化したコンテンツへのオーガニック・トラフィックを52%増加させました。

Wide Open Mediaの最高経営責任者であるDenis O'Dwyer氏は、彼の会社のオーガニック・トラフィックも大幅に改善されたと報告しています。「Clearscope社は、検索用にコンテンツを最適化する方法を根本的に変えました。設立から18カ月未満の当社のサイトでは、オーガニック・トラフィックが2カ月ごとに2倍になっています。また、より確立されたサイトでは毎月15~30%のオーガニック成長が見られています」とO’Dwyer氏は言います。

このような成功した製品により、Clearscope社はビジネスを急速に成長させました。「当社は30カ国の250以上の組織にサービスを提供しており、年間50万の収益を生み出しています」とHuang氏は言います。「そして現在、当社は前月比で約15%成長しています。」

Clearscope社ロゴ
Clearscope社

Clearscope社(リンクはibm.comの外部)は2016年に設立されました。本社はカリフォルニア州サンフランシスコにあり、従業員数は約10名です。Clearscope社は、2014年にサンフランシスコで設立されたSEOコンサルティング会社であるMushi Labs LLCの子会社です。

次のステップ

この記事で取り上げたIBMソリューションの詳細については、IBM®担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、以下のWebサイトをご覧ください:

With Watson®
With Watson Programは、Watsonのエキスパートへの排他的アクセスや教育を通じて、お客様のAI構想を加速するお手伝いをするグローバルなクライアント・サクセス・イニシアチブです。Watsonを使用して、ブランドの力を高めながら製品とアプリケーションを強化する方法を学びましょう。Watson AIでプロダクティビティーを向上

PDFで表示する お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2019. IBM Corporation、IBM Watson、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2019年4月、米国で製作。

IBM、IBM ロゴ、ibm.com、およびIBM Watsonは、世界中の多くの法域で登録されているInternational Business Machines Corp.の商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報(https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade)」で入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。