企業がデジタル・トランスフォーメーションを加速しながら、よりサステナブルになることは可能でしょうか?

BlueIT社は、ITアウトソーシング・サービスを通じてこの2つの目標を達成することを使命としています。BlueIT社の最高改革責任者であるFrancesco Sartini氏は、「当社はBコープですので、お客様のパフォーマンスを保証するだけでなく、お客様のサステナビリティーの目標達成もサポートしています。お客様がこうしたIT戦略で二酸化炭素排出量削減への道に進めるように支援することが、当社の取り組みになります」と説明しています。現在、BlueIT社は35社の様々なお客様から直接ITアウトソーシング業務を請け負っています。同社のサービスは特定の業界に限定されておらず、現在の顧客ベースには、製造業、テクノロジー、金融サービス、エンターテイメント、小売業、食品、飲料の各業界の企業が含まれています。

現在、BlueIT社が特に力を入れている事業は、従来のITOpsからAIOpsへの移行です。「当社とお客様にとって、AIOpsの採用は単なる技術プロジェクトではなく、企業にとってのパラダイム・シフトです」とSartini氏は指摘します。この移行では、BlueIT社のサポート力が鍵となります。アプリケーション層からその基盤のインフラストラクチャーに至るまで、お客様がIT環境全体を包括的に把握できるようにするだけでなく、お客様がプロアクティブにリソースを再割り振りして無駄を削減し、アプリケーションのパフォーマンスを改善できるように支援することが求められます。この責務を果たすため、BlueIT社はIBM Turbonomicアプリケーション・リソース管理(ARM)とIBM Instana Observabilityのソリューションを採用しています。

リソース決定を

60%

迅速に実行

あるお客様のメモリーとCPUの過剰割り振りを

10%

削減することに成功

組織全体でMTTRの

50%

短縮を実現

可観測性 + リソース最適化

Sartini氏のチームは、同社の重点3分野であるITILサービス、コグニティブ・サービス、ビジネス・サービスを担当しています。このサービスには、マルチクラウド管理、アプリケーション・パフォーマンス管理、継続的な脆弱性とコンプライアンスのモニタリング、アプリケーション・リソース管理などが含まれます。同社のお客様には100台から500台のサーバーを持ち、オンプレミス、Azure、Amazon Web Services(AWS)、ハイブリッドクラウド上の環境を整備している企業が多くあります。BlueIT社のチームはまた、50件のSAPランドスケープも管理しています。「現在、新しいお客様をオンボーディングする際には、最初にTurbonomicを使用します、そしてお客様の重要なリリース期間中はInstanaに切り替えることで、パフォーマンスを保証しています」とSartini氏は説明します。

お客様の環境はそれぞれ異なるため、Sartini氏のチームに必要なツールは、新しいお客様を効率的にオンボードすると同時に、将来に渡ってアプリケーションのパフォーマンスを継続的に最適化できるツールです。それには、デプロイメントの容易さと価値実現までの時間が鍵となります。「TurbonomicとInstanaの初期セットアップは簡単ですぐにできることがわかりました」とSartini氏は述べています。どちらのツールもその日のうちにデプロイして、サイズ変更の機会をプロアクティブに識別できます。Instanaには数分のうちにインストールできる単一のエージェントがあり、Turbonomicもわずか数時間でインストールできてしまいます。「新しいお客様をオンボードする際に、お客様の環境でTurbonomicとInstanaがどのように機能するかをほんの数クリックでお見せできるようになりました」とSartini氏は説明します。TurbonomicはAIを活用したアプリケーション・リソース管理、Instanaはインフラストラクチャーのモニタリングと可観測性が、それぞれの特徴です。「どちらのツールにも操作しやすい包括的なダッシュボードがあり、業務に活用できる洞察がすぐに得られます」とSartini氏は言います。

データセンターで作業している男性IT専門家をサーバー・ラック越しに見ている中サイズのショット

AIOpsを採用する以前のBlueIT社のチームは、各種のモニタリング・ツールと手操作による介入でお客様の環境を最適化してきました。現在ではフルスタック・ビューとAIによる自動化のおかげで、エンド・ユーザーの体験に影響が出る前にリソースの輻輳を特定できます。「TurbonomicとInstanaは潜在的な問題が存在する箇所をプロアクティブに示すだけでなく、リソースのサイジングを改善してパフォーマンスを保証するためのリソース推奨処置を提供してくれます。当社ではAIによる恩恵を、このような形で享受しています」とSartini氏は述べています。

この新しいアプローチを採用したことで手操作による介入が減り、チームはそれぞれのお客様がデジタル・トランスフォーメーションを加速し、サステナビリティーの目標を達成するための支援に時間をかけられるようになりました。「IT分野のサステナビリティーのパラダイムは、リソース割り振りとエンド・ユーザー体験のバランスを適切に取る能力が組織に備わっているかが鍵になります。個人的には、インフラストラクチャーのサイズを適切に変更しながら、パフォーマンスを犠牲にせずにカーボン・フットプリントを削減するための最善の方法は、間違いなくTurbonomicとInstanaを実装することだと思います」とSartini氏は主張しています。

パフォーマンスのスケーリングとサステナビリティー

BlueIT社ではAIOpsに移行して以来、パフォーマンスとリソース割り振りに顕著な改善が見られました。例えばTurbonomicとInstanaにより、BlueIT社チームは平均修復時間(MTTR)を50%短縮し、リソース推奨処置の実施に必要な時間を60%短縮しました。さらに、お客様の環境における無駄も削減しました。あるお客様のケースでは、TurbonomicのAIが提供したリソース推奨処置を実行したところ、BlueIT社はメモリーとCPUの過剰割り振りを10%削減できました。お客様の既存のインフラストラクチャーの使用率を向上させ、利用されていないリソースを取り除くことは、お客様の炭素排出量削減を支援するジャーニーの重要なステップです。

今後BlueITチームは、Turbonomicの提供するリソース推奨処置を自動的に適用するとともに、お客様のInstana採用率を高めていきたいと考えています。最終的には、IBM® Cloud Pak for Watson AIOpsの実装を計画しています。「IBM Cloud Pak for Watson AIOpsをイベント相関で効果的に活用できることを期待しています。社内の誰もが同じレベルの情報を共有し、重大インシデント発生時には全員が同じコラボレーション・ツールを使用できる環境を整えることが理想です。ChatOpsは、AIベースの根本原因分析の採用に非常に役立ってくれることでしょう」とSartini氏は説明しています。

BlueIT社のロゴ

BlueIT社について

BlueIT社(ibm.com外部へのリンク)は、イタリアに本社を置くITサービス・プロバイダーであるベネフィット企業で、デジタル・ソリューション、サイバーセキュリティー・サービス、コグニティブ・マネージド・サービスを通じて、お客様のデジタル・トランスフォーメーション・ジャーニーを安全に促進することを使命としています。

製品・サービス

IBM Instana Observability
IBM Turbonomic ARM

© Copyright IBM Corporation 2022. IBM Corporation, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2022年11月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Instana、およびTurbonomicは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、「著作権および商標情報」に関するWebサイト(www.ibm.com/legal/copytrade.shtml)をご覧ください。

本資料は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、第三者の権利の不侵害の保証、商品性の保証、特定目的適合性の保証および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。