ホーム ケーススタディ ESC Consulting社 ESC Consulting社
SAPとIBMで機能の強化とコストの削減を達成
詳細はこちら
雲の間に描かれた抽象的な線

ESC Consulting社は、顧客が利用するSAPのコア・アプリケーションや関連アプリケーションをクラウドに移行し、資本的支出の削減とシステム管理のワークロードの抑制を実現しました。プロセスの統合で新規アプリケーションの俊敏な開発が可能となり、機能強化とコスト削減を達成しました。

ビジネス課題:

ITサービス・プロバイダーのESC Consulting社は常にサービスの改良を目指していますが、顧客企業はコストの削減と成果の向上を望んでいます。どうすれば機能の拡張と料金の抑制を両立できるでしょうか。

概要と経緯

ESC Consulting社は、顧客が利用するSAPのコア・アプリケーションや関連アプリケーションをクラウドに移行し、資本的支出の削減とシステム管理のワークロードの抑制を実現しました。プロセスの統合で新規アプリケーションの俊敏な開発が可能となり、機能強化とコスト削減を達成しました。

結果 統合済み
プロセスの統合で意思決定を迅速化
俊敏
新しいアプリケーションの俊敏な開発でビジネス要件に対応
クラウド
クラウド・モデルで資本的支出を削減
ビジネス上の課題の詳細
顧客からの増え続ける要求への対応

コンピューター・サービス・プロバイダーは、多種多様で要求が厳しい顧客企業に向けて、各社のビジネス戦略に適合する次世代ツールの考案、開発、実装を常に迫られています。同時に、顧客企業のインフラストラクチャーの管理と保守に必要なコストと労力を最小限に抑えるという面でも、常に頭を悩ませています。

イタリアのIT企業ESC Consulting社のCEO(最高経営責任者)、Marco Ruffoni氏によると、同社が直面していたのはまさにこの2つの課題でした。「競争が激しい飽和市場で抜きんでるためには、お客様のニーズに耳を傾け、お客様のビジネス要件をシームレスに満たすソリューション、あるいは予期するソリューションを提供するのが当然です」

「ビジネス・プロセスの管理をスマートな手法で変革したいと考えるお客様からの引き合いは常にいただいています。その一方で、インフラストラクチャーの管理に伴う追加コストの発生には慎重にならなくてはなりません。当社とお客様が求める条件をすべて満たし、簡単に展開できて、しかも柔軟なカスタマイズが可能なソリューションはどこで見つかるかを考えていました」

その答えは「クラウド」でした。Marco Ruffoni氏はこう続けます。「クラウド・コンピューティングは現在最も『ホット』なITトレンドの1つです。コストと時間の節約、柔軟性、セキュリティーなど、クラウド・コンピューティングがもたらすメリットは、あらゆる企業の要望に合っています。お客様のビジネス・プロセス管理の変革を支援しつつ、従来型のアーキテクチャーの管理に伴うオーバーヘッドを抑制するために、当社はクラウド・テクノロジーに目を向ける必要がありました」

ESC Consultingは、最も古くからの顧客企業の1社である製造業の中堅企業と共同で取り組みに着手しました。この企業は当時、競争力と市場シェアを維持していけるかどうかに関わる大規模な企業変革の最中にありました。

Marco Ruffoni氏は言います。「このお客様は、新たな企業の買収でまさに異種のIT環境を引き継いでおり、ビジネス・プロセス管理の統合、統一、合理化に関して当社の支援を求めていました。このお客様の最大の懸念は、サプライチェーン管理や生産チェーン管理の最適化と迅速化に関する部分でした。例えば、生産ラインの進捗の追跡、ワークロードへの人員の割り当て、人材マッピングなどです。

「このお客様はレガシー・システムが足かせとなって、刻々と変化する市場の要求に素早く反応するのが難しくなっていました。その結果、俊敏さに勝る革新的な競合他社に後れを取る恐れがあり、ビジネスを奪われかねない状況でした」

IBM Cloud Bare Metal ServersとIBM Cloudテクノロジーによって、きわめて強力なクラウド対応と、アプリケーションの開発や統合のサービスとの理想的な組み合わせを実現できました。 Marco Ruffoni氏 CEO ESC Consulting社
トランスフォーメーション・ストーリー
顧客をクラウドに移行

ESC Consulting社がこの顧客企業にまず提案したのは、複数の独立したシステムに代えて、SAP ERPの包括的なアプリケーション・スイートを利用することでした。

Marco Ruffoni氏は言います。「IT環境を合理化するにあたり、ワークロードの一元化と標準化を実現する理想的なツールとして、当社はSAP ERPを即座に推奨しました」

「同時に、すべてのSAPコンポーネントと、マーケティング、Web、分析用のサード・パーティー・アプリケーションをクラウドにインストールすることを提案しました」

次のステップはクラウド・プラットフォームの選択でした。必要なレジリエンスとパフォーマンスを備えていることに加え、統合機能を通じてサード・パーティー・アプリケーションがSAPのコア・ソリューションと効果的に接続できるクラウド・プラットフォームが適切です。

IBM Cloud Bare Metal ServersIBM Cloudテクノロジーは、クラウドのきわめて強力なサポートに加え、アプリケーションの開発や統合のサービスを理想的な形で兼ね備えていました」とMarco Ruffoni氏は言います。「IBM Cloud Bare Metal Serversは、柔軟性と拡張性があり、サービス・レベルが非常に高く、価格もきわめて魅力的です」

「当社がIBM Cloudを選択したのは、アプリケーションの開発、デプロイ、管理を最も効率的かつスマートに行える次世代のPlatform-as-a-Service(PaaS)製品だからです」

「IBM Cloudでは、目的に合ったツールと言語を選んで使用できます。また、プラットフォームにログインしてダッシュボードに移動するだけで、新しいアプリケーションを文字通りボタン1つで作成できます」

IBM CloudはSAP ERPとの強力な統合も特徴です。事前構築済みのコネクターを使用して、アプリケーション間のデータ交換を簡素化、高速化、構造化できます。

Marco Ruffoni氏は次のように説明します。「例えば、生産計画、ワークロードの割り当て、進捗状況の追跡に関するお客様の情報は、当社がIBM Cloudで開発したモバイル・アプリを通じて、お客様のSAP ERPシステムに自動で取り込まれます。このアプリはタブレットやスマートフォンなどのモバイル・デバイスで利用できます。アプリはIBM Cloudと常に通信し、IBM CloudはSAPと通信して情報をやり取りします」

「以前は、製品のバーコードの読み取りしかできない旧式のシステムを使って、こうした処理を手動で行っていました。現在では、IBM Cloudで開発したモバイル・アプリを使って、供給と生産のプロセスのさまざまな部分について、構造化された正確な情報をリアルタイムで得られるようになり、この重要な処理が一変しました」

IBM Cloudでのアプリケーション開発はシンプルかつ明快です。SAP ERPソリューションとの間で必要な接続はすべて利用できます。

「IBM Cloudでは、新しいアプリケーションの開発や更新、スケールアップもきわめて簡単です」とMarco Ruffoni氏は言います。「新しいサービスをテストし、機能の追加や削除を行い、必要なものを実現するまで更新を続けられます」

「IBM Cloudなら、実験を行ううえでの制約がほぼありません。加えて、IBM Cloud Bare Metal Serversの採用により、ワークロードの増大に合わせてキャパシティーを的確にスケールアップし、ビジネス活動とコストを密接に連動させることが可能になりました」

IBM Cloudなら、実験を行ううえでの制約がほぼありません。加えて、IBM Cloud Bare Metal Serversの採用により、ワークロードの増大に合わせてキャパシティーを的確にスケールアップし、ビジネス活動とコストを密接に連動させることが可能になりました。 Marco Ruffoni氏 CEO ESC Consulting社
成果の詳細
比類なき統合でビジネス要件をサポート

IBM Cloudのソリューションを導入したことで、ESC Consulting社の顧客企業は、効率性が高い革新的な業務手法を取り入れ、自社の製品やサービスの宣伝と販売を的確な対象に向けてスピーディーかつスマートに実行できるようになり、競争力と生産性がアップしました。Marco Ruffoni氏は言います。「IBMのソリューションを最初に稼働したお客様からは、プロセスの迅速化と合理化によって意思決定のスピードが上がったとの話がすぐにありました。また、以前よりも非常にシンプルかつスマートな方法でリーチを拡大できるとのことです。カスタマイズしたアプリケーションを簡単かつ迅速に開発できるからです」

このプロジェクトの成功を受けてESC Consulting社は、他の同様のプロジェクトでもIBM Cloudの機能を活用することを既に計画しています。

Marco Ruffoni氏は次のように述べています。「現在当社は、お客様にとって非常に価値のある新しい分析サービスをIBM Cloudで開発しており、稼働を心待ちにしています。クラウド・コンピューティングは、当社とお客様の双方で、これまでの働き方に変革をもたらしています。時間とリソースをより有意義かつスマートに活用できるようになりました」

「当社はクラウド・ソリューションを従量課金モデルで提供しています。標準的なITインフラストラクチャーを使用する場合と比べて、コストを大幅に削減できています。また、セキュアで安定した高速なシステムをお客様に提供できます。お客様にとって完全に透過的なシステムで、当社にとっては管理の容易さやコスト効率が向上しています」

Marco Ruffoni氏はこう述べています。「私たちの仕事の進め方はこのプロジェクトで間違いなく変わりました。IBM Cloudを利用して、実験、改善、イノベーションを続けられます。当社はこのツールの創造性と変革力を活かすことによって、競争が熾烈なこの分野で代表的なサービス・プロバイダーとしての地位を確立し、大切なお客様を維持するとともに、新たなお客様を呼び込んでいます。プロジェクトの成果には非常に満足しており、今後もIBMとの革新的なパートナーシップを続けていきたいと考えています」

IBMのソリューションを最初に稼働したお客様からは、プロセスの迅速化と合理化によって意思決定のスピードが上がったとの話がすぐにありました。また、以前よりも非常にシンプルかつスマートな方法でリーチを拡大できるとのことです。カスタマイズしたアプリケーションを簡単かつ迅速に開発できるからです。 Marco Ruffoni氏 CEO ESC Consulting社
ESC Consulting社

ESC Consulting社(ibm.com外部へのリンク)は2003年設立で、本社はイタリアのベルガモ近郊にあります。ERP、データ統合、モバイル・アプリ、ビジネス・プロセス管理ソリューションなどのITサービスを提供しています。

詳細情報はこちら

IBM SAP Allianceの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、Webサイトibm.com/sapにアクセスしてください。

SAP認定IBMインフラ・ソリューションの詳細については、ibm.com/cloud/sap/certified-infrastructureをご覧ください。

お客様事例をもっと見るまたはIBM Cloudについてもっと知る

脚注

 

© 2020 IBM Corp. IBM Deutschland GmbH D-71137 Ehningen ibm.com/solutions/sap  IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloudは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corporationの商標です。その他のIBM商標の最新リストは、Web上(www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade.shtml)の「著作権および商標情報」で入手できます。他の会社名、製品名、またはサービス名は、他社の商標またはサービス・マークである場合があります。このお客様事例では、IBMのあるお客様がIBMまたはIBMビジネス・パートナーのテクノロジーやサービスをどのように使用しているかを示しています。説明されている結果と利点には多くの要因が作用しています。IBMは同等の結果を保証しません。ここに含まれているすべての情報は、ここで取り上げたお客様またはIBMビジネス・パートナーによって提供されたものです。IBMはその正確性を証明していません。引用されているすべてのお客様の例は、一部のお客様がIBM製品をどのように使用したかを示し、達成した可能性のある結果を表しています。実際の環境でのコストやパフォーマンスの特性は、お客様ごとの構成や条件によって異なります。この資料は、一般的なガイダンスのみを目的としています。写真はデザイン・モデルの場合があります。

© 2020 SAP SE. All rights reserved. SAP、R/3、SAP NetWeaver、Duet、PartnerEdge、ByDesign、SAP BusinessObjects Explorer、StreamWork、SAP HANA、および本資料に記載されているその他のSAP製品およびサービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。これらの資料は、SAP SEまたはSAPの関連会社により情報提供のみを目的として提供されるものであり、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。SAP SEまたは関連会社は、この資料に関連する誤りや省略に対して責任を負いません。本資料または関連するプレゼンテーション、およびSAP SEまたはその関連会社の戦略、将来的に実現する可能性のある開発、製品、および/またはプラットフォームの方向性および機能性は、すべて変更される可能性があります。SAP SEまたはその関連会社は、いつでも予告なしに理由を問わず変更することができます。